沖縄プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沖縄プロレス株式会社
Okinawa Pro-Wrestling Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
594-0013
大阪府和泉市鶴山台3-4-7-203
設立 2008年5月
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
代表者 代表取締役 スペル・デルフィン
関係する人物 スペル・デルフィン(創業者)
特記事項:旧事務所は沖縄県那覇市松尾1丁目3-1 エスプリコートビル5階
テンプレートを表示

沖縄プロレス(おきなわプロレス)は、沖縄県を中心に活動していたプロレス興行会社

歴史[編集]

2007年5月、沖縄県出身で妻の早坂好恵を持つスペル・デルフィンが応募した沖縄県が支援する「ベンチャービジネスサポート事業」の一環として採択される。沖縄県産業振興公社のバックアップもあって観光名所でもある国際通りにあるエスプリコートビル5階を常設会場兼事務所に改装して大阪プロレスの傘下団体として沖縄プロレスを設立。

2008年7月5日デルフィンアリーナ国際通りで旗揚げ戦を開催。ロゴマークはデルフィンと親交のある漫画家松本零士の手によるもの。

基本的に観光客の「夜のエンターテイメント・ビジネス」として観光スポットの1つになることを目指す。もちろん地域に密着したプロスポーツエンターテイメントとして根付くよう努力するというコンセプトの下で試合前には沖縄プロレス所属選手よる音楽ユニット「親父倶楽部」が三線演奏と唄で盛り上げる他、入場料金についても沖縄県民を対象とした「地元割引」を設定している。

設立当初は興行面ではデルフィンが大阪プロレス時代に確立した「団体独自の常設会場においてほぼ毎日試合を行う」という手法を踏襲して国際通りの常設会場「デルフィンアリーナ国際通り」で週1日定休日(水曜日)以外、週6日毎晩3試合を開催。また沖縄県の各地への出張興行も開催している。試合の模様についてもタイトルマッチ等の大試合はスカイAにて中継が行われる。それ以外に興行を行っていない時間帯の会場貸し出しや様々な方面での収入確保に努めている。

2012年8月、事業契約が満了となり社長であるデルフィンが故郷である大阪府和泉市議会議員に出馬するため8月25日の興行を最後にデルフィンアリーナ国際通りを閉鎖して事務所も大阪府和泉市に移転[1][2]

沖縄プロレスはプロレス団体として活動停止して現在はプロレス興行会社として活動している。デルフィンを除く所属選手はフリーとなりデルフィンも会社に籍は残すものの実質フリーとして大阪を中心に活動している。

2013年2月11日ネーブルカデナ3階カデナアリーナで開催された「KADENAバトルフェスタ」で元所属選手のグルクンマスク(元グルクンダイバー)が琉球ドラゴンプロレスリングの設立を発表。

8月17日、約1年ぶりの興行をテクスポート今治と18日、和泉シティプラザ弥生の風ホールで開催。

2014年7月5日、旗揚げ6周年記念大会を新木場1stRINGと6日、京セラドーム大阪スカイホールで開催。

2015年7月20日、デルフィンが大阪で海鮮プロレスを設立。沖縄プロレスは事実上の活動休止。

主な興行[編集]

スペシャルフライデー

毎週金曜は通常試合以外に早食い競争やトークショー等、プロレス以外のユーモアな企画が入る。しかし次週持ち越しになる場合も有る。

ドロロンフライデー

年に1回から2回ある13日の金曜日ゾンビ化した一部の選手がメインイベントに登場し対決。お笑い満載の内容となる。

ハロウィンスペシャル

10月31日ハロウィンに合わせて全選手がマスクを交換して自分とは違うマスクの選手になりきって試合をする。この日は観客も仮装観戦して楽しむ。

タイトル[編集]

所属選手[編集]

過去の所属選手[編集]

過去のスタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

試合中継[編集]

2011年4月16日から11月13日までRBCで毎週土曜日24:30から24:58。試合以外にも所属選手が出演する企画ものも放送されていた。

親父倶楽部[編集]

プロレスラーによる演奏ユニット。沖縄プロレスの試合前に必ず2曲演奏する。レパートリーは「島唄」、「童神」、「島人の宝」、「おじー自慢のオリオンビール」、「三線の花」、「涙そうそう」。

脚注[編集]