木村恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 恭子(森 恭子)(きむら きょうこ(もり きょうこ)、1951年もしくは1952年 - 2013年3月3日)は、日本の歌手作曲家京都府福知山市出身。

来歴[編集]

福知山のお茶屋に生まれる。水野隆司と組んだバンド「亜雲土」で活動中にヤマハの作曲コンテストに『夏の光の中で』[1]を応募。また同コンテストには「譜面の部」が設けられ、楽譜のみ応募されたものもあり、各地区予選で演奏を担当するため、主催者が複数のバンドから集めたメンバーのひとりとして水野とともに練習に参加する[注釈 1]1973年にその中から第5回ヤマハポピュラーソングコンテスト(以下ポプコン)[注釈 2]本選大会で『夏の光の中で』をステージにかける「風コーラス団」が改めて結成され、木村はボーカルとして出場、「キャニオン賞」を受ける[2]

翌年、会場をつま恋に移転して初の開催となった第7回ポプコンにて『まいだち』で入賞。1975年にアルバム『愛色の季節』をリリース[2][3]、風コーラス団としてはポプコンで他のバンドのバックを務めるなどしたのち、1976年に解散している。

ソロとなった木村は1977年の第13回ポプコンで『スター』が優秀曲賞を受賞、同年の第8回世界歌謡祭に出場して歌唱賞を受けた[4]。またボーカル講師を務め、宝塚歌劇団で歌唱指導も行っている[4][5][6]。浦田博信とは関西音楽シーンを率いてCD「流れ着きし者の詩/Jaran-Jaran」[2]を共作した(1992年)。

数多くのコマーシャルソングの作曲や歌、ナレーションを手がけており、手かげたコマーシャルソングは3000曲以上と言われている。同じくおびただしい数のコマーシャルソングを手がけるキダ・タローニックネームである「なにわのモーツァルト」にかけて、「なにわのベートーベン」とも呼ばれる。

2013年3月3日8時21分、静岡県伊東市内の病院で死去、61歳没[4]

主なコマーシャル[編集]

アニメ[編集]

ディスコグラフィー[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 地区予選で演奏した時期の演奏メンバー選びは東祥高(もと赤い風船)がまとめ、水野隆司と木村、庄野真代や宇野博信、田中照起、浦田博信ほかに決まった[2]
  2. ^ この時の会場は合歓の郷である。
  3. ^ ボーカルとコーラスは風コーラス団、演奏は「ティン・パン・アレー」が担当 (細野晴臣b、鈴木茂g林立夫ds松任谷正隆key、村岡建saxほか)。「愛色の季節」は松本隆が作詞、作曲は萩田光雄、後年八神純子がカバーした。
  4. ^ 1975年発売LPのリマスター版。「まいだち」の音源は第7回ポプコン本選会ライブバージョンを使用。制作ヤマハ。
  5. ^ 1975年発売LPのデジタルリマスター版。旧版の「まいだち」のライブ音源と、第5回つま恋本選大会の録音を使用して「夏の光の中で」を追加している。

出典[編集]

外部リンク[編集]