木屋響子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木屋響子(きや きょうこ、本名:木村 恭子(きむら きょうこ)、1971年1月20日 - )はシンガーソングライターマリンバ奏者。実母はマリンバ奏者の安倍圭子東京都世田谷区出身。

1993年より、ソロプロジェクトKYOKO Sound Laboratoryとしてフォルテミュージックエンタテインメントからシングル12枚、アルバム4枚をリリース、その後は現アーチスト名(表記はたびたび変更、後述)でインディーズ活動を開始。マリンバの弾き語りという演奏が特徴である。

経歴[編集]

  • 1988年 マリンバ演奏にてNHK洋楽オーディション合格 FMリサイタル出演。
  • 1991年 本名の木村恭子でシンガーソングライター活動を開始。「遠い星をみつめて」で日本コロムビアよりデビューシングルを発売。テレビ東京深夜番組『水晶の青い影』のテーマソング。
  • 1992年 テレビ映画『パステルLove』のテーマソング音楽(人魚の夢、真っ白い贈り物、My Home Town, Purple Tonight,他など)を手がける。このころから前作では実現できなかった、エンヤの影響を受けた一人声の多重録音を実験的に試みる。
  • 1993年2月11日 シングル「See You Again」(FM埼玉・NACK5の番組である『JAPANESE DREAM』のファン投票第3位に選ばれる)でフォルテミュージックエンタテインメント(FME)からKYOKO Sound Laboratory (筆名KYOKO) としてデビュー。NHK邦楽オーディション合格
  • 1994年 シングル「KYRIE キリエ」が『JAPANESE DREAM』の11月度のグランプリに選ばれる。木屋の音楽を映像化したテレビ朝日「プチCOM」がスタートする。
  • 1995年 木屋の父親でFME社長であった木村英俊と共同出資会社の日本コロムビア社長との間に意見の相違が生じて、木村英俊はFME社長を自ら退任する。FMEは「コロムビア・エデュテインメント」と改名してアニメ音楽専門となり、木村はKSL(KYOKO Sound Laboratoryの略)の原盤権を買い取って有限会社ジーベック音楽出版を設立、FMEとの契約を解消する。
  • 1996年 KYOKO Sound Laboratoryでの活動の傍ら、父親で社長の木村英俊からkiya kyoko(きや きょうこ)と名乗ることを命令され木屋響子(木谷恭子<当時筆名>)としてCDをリリースすることとなる。ファーストシングルは「ジャスミンの眠る黄河の泡」。
  • 1999年 ZABADAKライブに参加。
  • 2002年 - 2004年 フランスイギリスアメリカに滞在。滞米期間に制作したアルバム『火の鳥〜エデナ創世紀』、マキシシングル『KSL MU』、『Prayer』、『Prayer II』、『3/8Forests』は、ミキシング、マスタリングも自ら行っている。『KSL MU』、『Prayer』、『Prayer II』はアメリカでもリリースされている。同時期に、日本では「私はピーコ」のアニメ化が開始となり、音楽はアメリカで制作された。
  • 1998年から作詞、作曲、歌のほかに本格的に編曲シンセプログラミング&シーケンス演奏を自身で制作する。
  • 2003年手塚治虫火の鳥 EDENA創世紀」』リリース。
  • 2003年 アメリカ滞在中にレコーディング&ミキシング&マスタリングまで独学で学びCD制作をする。
  • 2013年 実母の旧姓を名乗った安倍恭子として浅草公会堂名流祭でマリンバを演奏。

改名歴[編集]

フォルテミュージックエンタテインメント(FME)所属時代はKYOKO Sound Laboratory(筆名はKYOKO)で活動しており、その後インディーズ活動を始めるに当たって本名の木村恭子に戻す意向だったが、同姓同名のアーティストが1997年に活動しはじめたことや、FME社長である父親からの命令で木谷恭子<きや きょうこ>に改名。しかしその後も、面白みに欠けるとの理由から木谷響羽子に、さらに姓名判断により改名を薦められたことから木屋響子と、度々表記が変更されている。

もともと本名で活動したかったという気持ちもあり、日本コロムビアデビュー当初は木村恭子として演奏活動を行っていたため、改名後も木屋響子(本名:木村恭子)と表記していた。2007年より実名である木村恭子又は木村恭子KYOKO Sound Laboratory木村恭子KYOKOの表記でも活動を行っている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

フォルテミュージックエンタテインメント
  • 『See You Again』 (1993年2月11日)
  • 『私はピーコ』 (1993年12月1日)
  • 『ひと粒の砂』 (1994年2月21日)
  • 『INSIDE OUT』 (1994年6月21日)
  • 『私はピーコ 〜私はピーコ〜』※CD文庫 (1994年8月21日)
  • 『Kyrie』 (1994年11月21日)
  • 『ASKA』 (1995年3月21日)
  • 『私はピーコ 〜モグラの幸せ〜』※CD文庫 (1995年3月21日)
  • 『想い出を花束にかえて』 (1995年4月1日) - 映画『人造人間ハカイダー』イメージソング
  • 『ガイアの詩』 (1995年4月21日)
  • 『火の鳥 -黎明編-』※秋田CD文庫 (1995年6月20日)
  • 『火の鳥 -未来編-』※秋田CD文庫 (1995年7月20日)
    ※CD文庫はFMEの企画CDシリーズで、シングルCDと冊子がセットになっていた。「私はピーコ」シリーズの冊子の内容は作者自身の描いた絵本。
    ※秋田CD文庫はFMEと秋田書店のコラボレーション企画で、手塚治虫の漫画作品を収録した冊子とイメージソングを収録したCDのセット。
バンダイミュージックエンタテインメント
  • 『あっちむいて どっちむいて たまごっち』 (1997年5月1日)たまごっち公式イメージソング(作詞:木屋(木谷<当時筆名> 作曲:小林亜星)「KYOKO Sound Laboratoryと小林亜星」のデュエット
ジーベック音楽出版
  • 『ジャスミンの眠る黄河の泡』 (1997年12月25日)
  • 『Water Blue』 (1998年9月10日) 木屋響子(木谷響羽子<当時筆名>)としてのファーストプロデュースCD。1曲が7分33秒。ジャケットは、海洋写真家水口博也の協力による。
  • 『Midnight Calling』(2000年4月)
  • 『前略Dear』 (2001年)
  • 『Be Alive』 (2002年)
  • 『KSL MU』 (2003年)
  • 『Prayer』(2003年)
  • 『3/8Forests』 (2004年)
  • 『がらくたの歌』 (2004年10月) 『手塚治虫「がらくたの歌」からがらくたの詩』(作詞/手塚治虫 作曲/木屋響子)を含むマキシシングル
  • 『雨にうたれてもLove&Peace』 (2004年11月)
  • 『アラベスク模様の運命』 (2005年)
  • 『ブラック・ジャックへのオマージュ』(2006年3月25日) 木屋響子(木村恭子)&水木一郎名義

アルバム[編集]

フォルテミュージックエンタテインメント
  • 後にジーベック音楽出版より再リリース。
  • 『グリーンな風の中で』 (1993年5月21日)
  • 『月の石がみている夢』 (1994年4月21日)
  • 『Maria』 (1994年10月21日)
  • 『See You Again』 (『グリーンな風の中で』のリメイク) (1995年3月21日)
ジーベック音楽出版
  • 『ガイアの詩』 (1998年11月20日) - 「ジャスミンの眠る黄河の泡」など過去にリリースした曲と新曲「真っ白い贈り物」や「ジェネレーション」等
  • 『All My Song Is All My Life』 (2001年)
  • 『あっちむいて どっちむいて ピヨッち』 (2003年)
  • 『All My Song Is All My Life 05』(2005年12月20日)
  • 『Wind For Driving 祈風』(2006年12月10日)
  • 『Lonely』(2007年11月28日)全18曲 木村恭子 KYOKO Sound Laboratory名義
  • 『風の詩』(2009年6月25日)全17曲 木村恭子 KYOKO Sound Laboratory名義
  • 『木村恭子KYOKO Sound Laboratory マリンバ&ピアノ弾き語り』(2012年7月1日)
  • 『True Love Monju Love(文殊様Love)KudaraKannon Love(百済観音様Love)Vol1 /木村恭子Kyoko Sound Laboratory』(2018年7月25日)

楽曲提供[編集]

企画段階では本曲がオープニング主題歌、『See You Again』がエンディング主題歌として使用される予定だったが変更となった。通信カラオケでは2曲とも『オーレンジャー』の楽曲として登録されていた。

出演[編集]

TV[編集]

  • 1994年 千葉テレビ『歌のランチボックス』レギュラー

ラジオ[編集]

  • 1993年 - 1995年 和歌山放送(月)~(金)深夜10分番組のレギュラーパーソナリティー
  • 1995年4月2日 - 10月1日 毎週日曜日AM5:00-7:00 Nack5 『KYOKO Sound Laboratory』のディスクジョッキー
  • 2004年10月1日からFM三重のディスクジョッキーを務める。
  • 2009年4月 - 2010年9月末 ラジオ日本ウハウハ大放送 内にて、『木村恭子KYOKO Sound Laboratory Time』5分コーナーとしてオリジナル自作曲をオンエア。

外部リンク[編集]