アルシオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アルシオンは、日本女子プロレス団体

歴史[編集]

全日本女子プロレスの企画広報部長であった小川宏(現:ロッシー小川)が全女の経営難による方針の不満から退社した後に設立。所属選手として小川と同じ理由で全女を退団したアジャ・コング吉田万里子玉田りえ(現:玉田凛映)、府川由美(現:府川唯未)、レジー・ベネットが入団。さらにLLPW(現:LLPW-X)から二上美紀子(現:GAMI)、大向美智子を引き抜き、引退していた元JWP女子プロレスキャンディー奥津をスカウト(アジャに関しては所属選手ではなくファイティングプロデューサーの肩書きで専属フリー契約)。また広報担当として元全女の長谷川咲恵が参加している。

当時の女子プロレスにおいては団体同士で選手の引き抜きを行うことは無かったため二上と大向をLLPWから引き抜いたことでLLPWとの間に大きな遺恨を残すことになる(後に一応和解は成立している)。

1998年2月18日、後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。同興行はファッションブランド「バッド・ボーイ」とのタイアップで華々しく開催して札止めの観衆で溢れかえった。所属選手には野球の背番号ばりにライセンスナンバーが用いられていて所属選手は自らの番号をイメージ・ナンバーとした。外国人選手が所属しているのがアルシオンの海外戦略の1つでアメリカからベネット、ジェシー・ベネット(バイオニックJ)、メリッサテイラー・マティーニメキシコからマリー・アパッチェファビー・アパッチェのアパッチェ姉妹、レディー・メタルリンダ・スタープリンセサ・スヘイレディ・ペンタゴンレディ・アパッチェらが次々に来日。またディレクTVと独占放映契約を結んだ。

総合格闘技を意識したサブミッションの習得でパンクラス格闘探偵団バトラーツの出稽古でスキルアップする一方その反面に早くから闘龍門MEXICOと業務提携を結んでルチャリブレを取り入れるなど女子プロレスにおける技術革命を掲げていた。この姿勢は「ハイパー・ビジュアル・ファイティング」と称されて団体の売り物となった。新人選手としてAKINO藤田愛グラン浜田の娘である浜田文子が入団するなど団体として注目される。特に文子はデビュー前から専門誌「レディース・ゴング」の表紙に起用されて週刊プロレスはビデオ撮影だけのためにメキシコやハワイに連れて行ったほどで、その逸材の売り出しに一役買っていた。

また旗揚げした年より年間2大トーナメントを実施。1998年はトーナメントARS(アルス)優勝のキャンディー奥津とトーナメントZION(シオン)優勝の吉田で初代クイーン・オブ・アルシオン王座を争い、吉田が王者に輝いた。翌年には大向美智子が2大トーナメントを制覇してトーナメント女の称号をものにした。タッグ王座をツインスター・オブ・アルシオン、空中殺法の王座スカイハイ・オブ・アルシオンと命名。他団体との差別化を図っていたがグラウンドを中心とした試合内容は次第に観客が伸び悩み、そのコンセプトとは正反対のラスカチョを導入してAKINO&文子がアルシオン史上初の流血戦を行った。旗揚げ以来1年10か月間は流血戦がなかったため生え抜き選手の流血戦はそれだけで話題になった。

1999年、リングで所属選手の門恵美子の死亡事故という不幸もあり同年にはディレクTVの中継打ち切り2001年2月にはファイティングプロデューサーであったアジャも個人的な問題で一方的に団体を離れるといったトラブルが続いた。2002年に選手との確執で文子が退団して2003年には大向も退団。そのたびにライオネス飛鳥が助っ人として出場したり東京ベイNKホール有明コロシアムのビッグマッチで難関を逃れてきたが2002年5月の有明コロシアム大会でスポンサーが数百万の未払いをしてから経営的に資金繰りが悪化。同じ頃から観客動員数も伸び悩み下降の一途を辿ることになった。

その後、全女を退団した堀田祐美子が数名を引き連れてアルシオンに殴り込んで乗っ取りを果たした2003年6月22日の後楽園ホールの興行を最後に活動を終了して所属選手達は経営権を譲られた堀田と共にメジャー女子プロレスAtoZとして再出発することになる。

タイトル[編集]

アルシオンでは所属選手のGAMIが本名である二上美紀子名義で「チャンピオンシップ実行委員長」に就任し、以下のタイトルの管理・認定を行っていた。

2002年に全日本女子プロレスから管理権が移動。
元々はユニバーサル・プロレスリング管理の下、全日本女子プロレスで王座戦が行われていたが、ラス・カチョーラス・オリエンタレスが王座を持ち込んで王座戦が行われた。
2000年にみちのくプロレス格闘探偵団バトラーツの合同で創設された男女混合タッグ王座。P★MIX GRAND PRIXで優勝したグラン浜田浜田文子の親子タッグが初代王座に就いたが、文子のアルシオン離脱やバトラーツの停滞もあり、ほどなく管理権を失うも、ベルトはグランの個人事務所が管理しており、稀に防衛戦を行うこともある。

所属選手、フリー、他団体参戦選手、来日外国人選手[編集]

アルシオンのリングに上がるにはライセンスナンバーが必要となる。

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

広報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]