ミミ萩原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミミ萩原
ミミ萩原の画像
2012年撮影
プロフィール
リングネーム ミミ萩原
本名 萩原 妙美(出生名)
身長 165cm
体重 48kg 
誕生日 (1956-02-06) 1956年2月6日(61歳)
出身地 東京都
スポーツ歴 女子プロレスラー
デビュー 1978年
引退 1984年
テンプレートを表示

ミミ萩原(ミミはぎわら、1956年2月6日[1]- )は、日本の元歌手女優タレント女子プロレスラーヒーラー。歌手・アイドル時代の旧芸名はミミミミーで出演している例もある)[1]、結婚前の本名は萩原 妙美[1]。仮面ライダーのチョコ役で知られるが当時はミミーとクレジットされていた。

東京都出身。身長165cm・体重48kg。(女子プロデビュー時[2]) 血液型・B型 水瓶座。

経歴[編集]

  • 祖父はフランス系スイス人[2][注釈 1]。芸名の「ミミ」または「ミミー」は幼少期の愛称であった[1]
  • 15歳までスイスに居住し、帰国後は調布アメリカンスクール卒業、英語とフランス語が堪能[2][1]。幼い頃は獣医を志していた。
  • 1972年毎日放送)『仮面ライダー』のライダーガールズのひとりチョコ役(70-92話、93-98話)でデビュー(クレジットはミミー)。
  • 1973年日本コロムビアよりミミの名で歌手デビュー。デビュー曲は「おしゃれな土曜日」[1]。他「恋人たちの森」「恋愛志願」「水色の予感」の3枚のシングルと1枚のアルバム『かわいいシャトン』を出し、『8時だョ!全員集合』にも何度か登場した。
  • その後、『プレイガールQ』、『あんちゃん』などのテレビ・ドラマに出演。
  • ビューティ・ペアの人気が爆発した1978年、アイドル歌手から女子プロレスラーに転身、全日本女子プロレスに入団し、大きな話題を呼んだ。転向理由は「芸能界は足の引っ張り合いが激しくて、それがイヤになってやめた」と説明した[2]格闘技は子供のころから好きだったという[2]
  • リングネームはミミ萩原。1978年2月6日、のちの人気レスラー(そして現在最古参レスラー)となる横田利美(ジャガー横田)戦でプロデビュー[3]。「タレント上がりはダメ」という陰口どおり、デビュー戦を皮切りに前座試合で連戦連敗を続け、87連敗という連敗記録をうち立てる[2][4]1981年まではまったく芽が出ず。
  • 1980年にアメリカに渡り、ロバート・アルドリッチ監督、ピーター・フォーク主演の『カリフォルニア・ドールズ』に出演。この映画はロードムービーの名作として有名である。
  • 1980年暮れから、元ボクサーのコーチが付き体力を増強、体重も60kgオーバーさせる[2]
  • 1981年2月、横浜文化体育館で悪の実力者、池下ユミの保持するオールパシフィック王座に挑戦。強引なスモールパッケージホールドで王座を奪取する。前年の試合中にアクシデントで欠けた尾骶骨の一部が体内にあり、腰のヘルニアも悪化していたため引退を勧告されていたが、全日本女子プロレスの主要スタッフ松永国松によるハードなボクシング式トレーニングで見事再起。体重を10kg近く増加させて臨んだ最後のチャンスをモノにした。同じ日にジャガー横田がビューティ・ペアのジャッキー佐藤を破り、WWWA世界シングルチャンピオンとなった。この日を境に女子プロレス界の世代交代が行われ、敗れたジャッキー、池下は同年中に引退。悪役スターとしては同時期にデビル雅美が台頭し、池下のポジションを受け継ぐ。これによりジャガー、ミミ、デビルのトロイカ体制が誕生。数年後の、クラッシュギャルズによる女子プロレスブームに至る礎を築き上げる。
  • 1981年より数年間、看板選手として会社側からの売り出しがかけられるようになる。露出度が高く、サポーターさえ着用できないハイレグ水着で試合を断行するセクシー路線を確立。賛否両論を呼んだ。相手に痛めつけられる苦悶の表情は世代を超え、いまなおカルト的な人気を誇っている。この時代の女子プロレスはヒールが八割方責めてベビーフェイスが一発逆転で勝利を収めるというパターンが多く見られたが、これはミミの持ち味を最大限に活かすために、選手全体で練り上げられた、ひとつの様式といえる。
  • 1981年9月、オレンジハウスから「ミミ萩原」名義でシングルレコード「スタンド・アップ」発売[2]。試合前に歌と踊りをリングで披露するというビューティ・ペア路線を踏襲。
  • 1981年11月23日、「東大なんでもNo1」コンテスト"女子プロスポーツの部No1"に選ばれるなど、若者の注目を浴びる[2]
  • 1982年、女子プロレスラーとしては史上初のヌード写真集『燃える青春』が愛宕書房より発売される。また講談社よりエッセイ『美しき夢色の日々』も発売される。
  • 1984年4月1日、タランチェラ戦を最後に引退。元祖ビジュアル系女子プロレスラーとして大きな役割を果たした。
  • ミミ萩原時代にもレコードを出しており、「セクシーパンサー」、「セクシー IN THE NIGHT」、「愛(アイリーン)鈴」、「スタンド・アップ」がある。
  • その後、タレント・女優業に復帰しドラマ、舞台出演や、ヌードグラビアのモデルなどをする。この頃に結婚をしたが「夫が長男で跡継ぎをもうけなければいけない。私は女子プロレスで内臓を痛めているので出産が出来ない」と涙の会見を行い、スピード離婚している。
  • 1993年にスピリチュアルな声を聞き広島市に転居。リトル・ペブルの「聖シャーベル修道会」の活動や、新興宗教「マリアン・オーソドックス・カトリック・チャーチ」の設立などに関わる。
  • 1995年3月、会社員と結婚。
  • 2005年、盟友ジャガー横田[3]の呼びかけで、12月4日新宿FACE大会で、約20年ぶりにリング復帰(歌とライブパフォーマンス)した。
  • アーティストとして「アティーナ」「萩原ミミ」の名前で、ライブ活動を行い、歌にダンスに幅広く活動をしている。ミミ自身は自らのダンスをアクロバティックダンスと称し男性ダンサーが女性ダンサーをリフトし回したり、ミミ自身、男性ダンサーの肩に立ち上がったり、命綱無しでのパフォーマンスを行っている。

プロレスラーとしての活動[編集]

タイトル歴[編集]

得意技[編集]

ミミ・スペシャル
ロープワークで相手を反転させ、体の背面でなく正面がロープに当たるようコントロールした後、反動で戻った相手を一気に肩口まで担ぎ上げて後方に叩きつける、高角度バックドロップ。後年井上貴子がオーロラ・スペシャルの名で引き継ぐ。
フライング・ヘッドシザース
回転エビ固め
腕力のないミミが相手の肩口に飛び乗るなどさまざまなパターンで多用した、スタンダードな逆転技。テレビ中継の際ミミがこの技を繰り出すと、アナウンサーの志生野温夫が「ミミの十八番!!」と叫びながら実況した。
ビーナス固め
腕力のないミミが大型の選手を担ぎ上げずに仕留めるため考案し、1983年頃から多用し始めたオリジナル・ホールド。サソリ固めと同じ要領で相手の足を取るが、ステップオーバーはせず、相手の足に絡めている足を、相手の首とマットの間に差し入れる。相手は首を動かせない状態で足首を極められる。当初はギブアップ技だったが、かけられた方が身動きをとりにくいこともあり、レフェリーもカウントを採用するようになった。プロレス的な説得力には欠けるが、実は結構な拷問技。

主な芸能活動[編集]

テレビ番組[編集]

『風雲 たけし城』 すもうでポンに出演

映画[編集]

カリフォルニア・ドールズMGM制作・配給のアメリカ映画。ロバート・アルドリッチ監督、ピーター・フォーク主演のプロレス映画、ロードムービーの名作。毒舌で知られる井筒和幸が著書などで絶賛している名画である[5][6]

ミュージカル[編集]

  • 「ノートルダムの愛」(2002年)
  • 「愛〜永遠に」inロシア:モスクワ(2003年10月)
  • 「聖母の四銃士」(2003年12月)
  • 「竹取物語」(2004年2月)
  • 「鶴の恩返し」(2004年5月)
  • 「命燃やして...ロミオとジュリエット」(2004年8月)
  • 創作ミュージカルinロシア: モスクワ(2004年10月)
  • 「時を超えた愛」(2004年12月)
  • TeaTimeConcert「白鳥の湖」(2012年)
  • 「時を超えた愛PartII」(2013年)
  • 「エスメラルダ〜神々のDNA〜」(2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『KODANSHA OFFICIAL FILE MAGAZINE 仮面ライダー』ではフランス人と記述している[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g OFM仮面ライダー4 2004, p. 23, 「特集 ライダーガールズグラフィティー 美しきヒロインたちの肖像」
  2. ^ a b c d e f g h i サンデー毎日1981年12月13日号, p. 144-145
  3. ^ a b ジャガー横田オフィシャルブログ「ジャガジャガジャーン!おもちゃ箱」Powered by Ameba 20091103
  4. ^ “「時代」を彩った男と女・あの人は今 元女子プロレスラー・ミミ萩原さん”. リアルライブ. (2010年2月4日). http://npn.co.jp/article/detail/54174109/ 2014年1月28日閲覧。 
  5. ^ アメリカの活動写真が先生だった 小学館, 1998.12
  6. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.20 "全うする"www.business-plus.net/business/columnist/cat.../497119.shtml

著書[編集]

  • 闘う預言者ミミ萩原 天からの警告(2014年2月24日、コスモトゥワン)

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.4 ライダーマン』 講談社2004年9月24日ISBN 4-06-367091-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]