赤城マリ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤城 マリ子
プロフィール
リングネーム 赤城 マリ子
赤木 まり子(2代目)
誕生日 (1954-01-06) 1954年1月6日(63歳)
出身地 岩手県盛岡市
トレーナー 松永俊国
デビュー 1970年
引退 1979年
テンプレートを表示

赤城 マリ子(あかぎ まりこ、1954年1月6日 - )は、岩手県盛岡市出身の元女子プロレスラー。本名・加瀬谷 東子。

来歴[編集]

中学卒業後に上京。会社員として勤務後、全日本女子プロレスに入門。当時の女子プロレスラーには珍しい、数々の技を使いこなす随一のテクニシャンだった。全女を経営する松永家とは親戚に当たる(これは初代・赤木マリ子の情報)2代目は縁故関係はない。

リングネームは赤木まり子より2代目を襲名(初代はマスクをかぶりマスクド・マリに変身)。後に表記は「赤城マリ子」に変わった。

1970年3月19日デビュー。

1972年10月11日、ジャンボ宮本と組み、WWWA世界タッグを獲得。ペギー黒田佐々木順子柳みゆきマッハ文朱とのタッグでも王座に君臨した。

シングルでも1976年3月15日にジャンボ宮本よりWWWA世界王座を奪取。

選手晩年は覆面ヒールに転向し、シルバー・サタンとのシルバー・ペアを組んだ。

1979年7月引退。フジテレビ全日本女子プロレス中継」解説者となる。

退社後は品川区で「マリ子の店」を経営していたが、2009年末、閉店。

店を経営してからはほとんどマスコミに現さなかったが、2010年に短編映画「ミステルロココ」に協力するとともに女優として出演も果たした。

なお、引退後に全女入りした立野記代が3代目赤城マリ子を襲名する話も出ていた[1]

タイトル[編集]

得意技[編集]

  • フライング・ボディ・アタック、卍固め、足4の字固め、ヤシの実割り

テレビ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レディース・ゴング 全女35周年記念増刊号」より
[ヘルプ]

外部リンク[編集]