柳みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳 みゆき(やなぎ みゆき、1938年 - 2002年10月25日)は、元女子プロレスラー

人物[編集]

1955年、当時の全日本女子プロ・レスリング協会に入門。同期に吉葉礼子・山口洋子姉妹と巴ゆき子

その後は日本女子プロレスを経て、1968年に全日本女子プロレス旗揚げに参加。岡田京子とのタッグチームで同年9月1日にAGWAインターナショナルタッグ王座を獲得。同王座には京愛子とのタッグでも君臨している。

AGWA王座の後継たるWWWA世界タッグ王座にも1974年赤城マリ子とのタッグで獲得した。覆面レスラー「マスクド・キラー」としても活躍。

1977年に現役引退した後はレフェリーに転向。タイトルマッチを含む多くの試合を裁き、全女の名レフェリーとして活躍。1998年には女子プロレス殿堂に表彰された。

2002年死去。

獲得タイトル[編集]

  • AGWAインターナショナルタッグ王座
  • WWWA世界タッグ王座