サンディ・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンディ・パーカー
プロフィール
リングネーム サンディ・パーカー
プリンセス・モホーク
ニックネーム 黒い稲妻
身長 156cm
体重 63kg
誕生日 (1952-03-02) 1952年3月2日(67歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ブリティッシュコロンビア州バンクーバー[1]
トレーナー ルー・クライン[2]
Mary Jane Mull[2]
Lucille Dupree[2]
ファビュラス・ムーラ[2]
デビュー 1969年
引退 1986年[2]
テンプレートを表示

サンディ・パーカーSandy Parker1952年3月2日 - )は、カナダの元女子プロレスラーブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身。

来歴[編集]

ルー・クラインの下でトレーニングを積み[2]1969年デトロイトでデビュー。その後、南カリフォルニアに移り、ファビュラス・ムーラの指導を受ける[2]

1971年11月、スー・グリーンとのタッグでトニー・ローズ&ドナ・クリスタネーロが持つNWA世界女子タッグ王座に挑戦し獲得。しかし、この王座は現在まで公認されていない[3]。翌年のスーパーボウル・オブ・レスリングではデビー・ジョンソンを新パートナーに起用し、ローズ&クリスタネーロから王座を奪回しようとしたが失敗。

1973年全日本女子プロレスに初来日し日本に定着。星野美代子が持つWWWA世界シングル王座に挑戦し、奪取に成功。しかし、7月に星野に奪回されてしまう。一方で、マスクド・リージーン・アントンベティ・ニコライとパートナーを変えつつWWWA世界タッグ王座にも戴冠した。

1974年には旗揚げシリーズのみであるが国際プロレスにも参戦しており、ポーラ・ケイとのタッグで小畑千代&佐倉輝美組と対戦している。

1975年に帰国し、アントン相手にオレゴン州初の女子プロレス戦を行っている[4]

1977年を最後に全女マットからは遠ざかるが、1981年に「プリンセス・モホーク」を名乗り九州シリーズでの異種格闘技戦要員として再度参戦。九州出身のデビル雅美長与千種と対戦した。

1986年に引退し[2]2004年にはカリフラワー・アレイ・クラブ(CAC)に表彰された[5]

タイトル[編集]

  • WWWA世界シングル王座
  • WWWA世界タッグ王座

得意技[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Oliver, Greg (2004年4月18日). “Heenan given CAC's top honor”. SLAM! Wrestling. 2009年6月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Kreiser, Jamie Melissa (2008年4月7日). “Sandy Parker: Addicted to wrestling”. SLAM! Wrestling. 2009年6月30日閲覧。
  3. ^ Duncan, Royal and Gary Will (4th Edition 2006). Wrestling Title Histories. Archeus Communications. ISBN 0-9698161-5-4. 
  4. ^ Kucera, Kathy (1975年9月21日). “The villain wears lipstick”. Eugene Register-Guard. 2009年6月30日閲覧。
  5. ^ Past Honorees”. カリフラワー・アレイ・クラブ. 2009年6月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]