広田さくら (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旧姓・広田 さくら
旧姓・広田 さくらの画像
プロフィール
リングネーム 旧姓・広田 さくら
広田 さくら
本名 広田 紗久良(旧姓)
ニックネーム 世界最強の人妻
身長 158cm
体重 58kg
誕生日 (1978-04-12) 1978年4月12日(40歳)
出身地 愛知県尾張旭市
所属 フリー
スポーツ歴 ソフトボール
水泳
トレーナー 長与千種
デビュー 1996年8月12日
アジャ・コング&田村欣子組戦
パートナーは長与千種
テンプレートを表示

広田 さくら(ひろた さくら、1978年4月12日 - )は、日本の女子プロレスラータレント女優リングネーム旧姓・広田 さくら(きゅうせい・ひろた さくら)。旧本名:広田 紗久良(ひろた さくら)。現姓は非公開。

来歴[編集]

プロレスを志す前は、NHK名古屋放送局の道徳番組で長期間に渡り放送された「中学生日記」の準主演クラスの生徒役としてテレビ出演し活躍していたが、1995年に女子プロレス団体であるGAEA JAPAN長与千種主宰)の門を叩き正式に入団。プロレスラーとしての活動を始める。

プロレスのデビュー戦は、1996年8月12日日本武道館における全日本女子プロレスの興行で行われた「ディスカバー・ニューヒロイン・タッグトーナメント」で、長与と組み、アジャ・コング&田村欣子と対戦するという破格の扱いで、当時話題となる。

このように、当初は長与千種の後を継ぐ正統派レスラーの卵として期待されていたが、自分の思うような試合が出来ずに苦悩し、成果を挙げられない時期が続く様になってしまう。思い悩んでいた時、長与千種から「お前はとにかく人を驚かす事だけを考えろ」とのアドバイスを受けた。これを機に突然、観客へのパフォーマンスに重点を置くようになり、思わぬ形で才能が開花し始める。

毎試合ごとに特徴のあるコスプレをしてリングに上がったり(実際の選手から実使用のコスチュームを借りてリングに上がった事もあったという)、自らデザインして作ったオリジナルのチャンピオンベルトを巻いて堂々とリングに上がるなど奇抜で突拍子もない行動で、プロレスの世界にエンターテインメントやバラエティーの要素を絡ませた「バラエティープロレスラー」として注目され、人気を得るようになる。また、女子プロレス界では前例のない股間打ちレスラーとしても有名で、試合中トップロープから落下してロープに股間を打ったり、ローブローを食らったりと、実にさまざまな方法で股間を打っている。一方でヒールキャラ「広田悪良」に変身してリングに上がった。

長与とのコンビで「チームエキセントリック」を結成し、非常に高い勝率を残している。KAORU&尾崎魔弓と敗者髪切りマッチでは流血戦となり苦戦したが見事に勝利を収めている。この試合は「チームエキセントリック」が負けてしまった場合、選手だけでなく観客自ら志願した10人の髪も一緒に切るという過酷なルールであった。この髪切りを志願した観客の中には作家の中村うさぎも加わっており、中村本人がリングに登場した事がある。

エキセントリックは最終的に5人まで増えた。

2005年にGAEA JAPANが解散するとプロレスから引退し、女優・タレントとして活動。舞台にも出演する。

2007年、舞台の仕事で知り合った窪田あつことお笑いコンビ「あつこさくら」を結成。

2009年、舞台などを中心に活動する傍ら、紙芝居師としても活躍する。プロレス復帰に向けてDDTプロレスリングで練習を始める。

2009年12月16日ユニオンプロレス新木場1stRINGで4年ぶりにプロレスラーとして復帰。GAEAデビュー当時のリングコスチューム(arenaロゴが入ったピンクのワンピース水着、以降もコスプレでない場合はこれを着用)でチェリーとの試合に臨んだ。

2010年1月4日、復帰第2戦としてプロレスリングWAVE初参戦。チェリーとのタッグでGAMI&コマンド・ボリショイ闘牛・空&下田美馬とのコミカルタッグ3WAY。チェリーのアシストでGAMIからフォールを奪うが、闘牛・空とのダブルフォールだったため試合後にマイク合戦となり、WAVEでは闘牛・空とのコミカル闘争を展開していくことになる。

1月17日NEO女子プロレス初参戦。大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナにおいて、GAEAの先輩植松寿絵とタッグを組んでタニー・マウス&宮崎有妃組(NEOマシンガンズ)と対戦。植松にローアングル植松等を指示するが、最後は恥ずかし固めでギブアップ負け。

3月20日、WAVE大阪大会でWWWA世界シングル王座の「赤いベルト」を模した段ボールでできたベルトを持ち込み、「スリーWA初代王者決定戦」と称して赤いベルトを巻いた経験のある堀田祐美子と対戦。ピラミッドドライバーからエビ固めに持ち込まれ敗戦。

6月20日のWAVE新木場大会でコスプレを解禁した。JWP女子プロレスの新人黒木千里相手であることに因み、黒木の先輩に当たるコマンド・ボリショイに扮したが、変形股裂きを決められギブアップ負け。

2010年のキングオブコントに、チャンバラJr.の駿河幸太郎らと組んだ3人組「太刀組」で出場。

2010年10月、GAEAの先輩里村明衣子が主宰するセンダイガールズプロレスリングの入団を希望し、トライアウトに出場している。

2010年12月5日、道場大会でJWP初参戦。この時期から通常コスチュームをリニューアルさせている。

2011年、黒木と組んで「JWPタッグリーグ・ザ・ベスト2011」にエントリー。

2012年7月16日、WAVE後楽園大会にて結婚を発表し、併せてリングネームを「旧姓・広田さくら」に改名した[1]。以来、WAVEを主戦場として様々な団体に参戦している。

2013年4月29日、新宿FACEにてプロレス界初で異例と思われる「結婚披露宴興行」(ZABUN協力)を開催。

2014年、WAVE主催「Catch the WAVE 2014」初出場。「コミカル封印」で挑む。賞金の使い道を社長である夫とのマイホーム購入に充てると宣言。惜しくも決勝トーナメントは逃したが、技能賞・敢闘賞・ベストバウト賞のトリプル受賞を果たした。さらにリーグ終了後には飯田美花とのタッグでWAVE認定タッグ王座も奪取。

9月23日、OZアカデミー新宿大会でOZAKURA♡PRINCESSのタッグでOZアカデミー認定タッグ王座の第20代王者となる。

11月22日、新木場1stringで「いい夫婦の日」に因んだ自主興行を開催。

12月をもって不妊治療による産休のため活動休止。12月12日の産休興行で高橋奈七永戦を行いOZアカデミー、仙女、WAVEでもラストマッチを行う。

2016年4月2日、WAVE新木場大会『8時だヨ! 全員集合!〜SAKURASAKU3.7〜』にて旧姓・広田さくらプレゼンツ〜俺たち○○○〜を開催。下野佐和子&チェリーvs飯田美花&志田光による試合をプロデュースし4人全員をひょうきん族のコスプレにした。

10月10日、WAVE後楽園ホール大会で妊娠したことを発表。

2017年3月22日 双子(男女)が誕生。

6月4日、WAVE後楽園大会に来場し、8月12日大田区総合体育館大会で復帰すると発表。

8月12日 WAVE大田区総合体育館大会で約3年ぶりにプロレスラーとして再復帰する。

10月27日、新木場にて出産記念興行を開催し、成功を収めた。

得意技[編集]

へなーラサンセット
相手の右腕を右腕で、左腕を左腕で掴み右腕を相手の頭の後ろの方へ、左腕を相手の腹部の方へとそれぞれ折り曲げ(いわゆるイヤミの「シェー!」の形)後方に反り投げそのままブリッジで相手をフォールする。
尾崎魔弓テキーラ・サンライズを仕掛けようとして、手首の取り方を間違えたまま強引に投げきったのがきっかけ。
ラ・へなストラル
変形ラ・マヒストラル
へなストレッチ
変形羽根折り脇固め
へな拳
へなハリケーン
コーナーからダイビング式のへな拳。
ときめきメモリアル
キス攻撃。相手に精神的ダメージを与える。
高田純次
高田純次のように手を前後に動かし、その場でクルクル回ってからのヘッドバット
沖縄固め
変形エビ固め
ボ・ラギノール
カンチョー攻撃。
ふらふらどーん(FFD)
攻撃を受けたダメージでフラフラ状態のまま相手に体をぶつけ、全体重を預けて倒しフォールする。

主なタイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

出演作品[編集]

舞台[編集]

  • 『オキュパイ 〜サンモールスタジオを占拠せよ〜』(SOYUZ PRESENTS/サンモールスタジオ提携公演、2006年3月7日-12日、於・サンモールスタジオ)
  • 『生全部広田。(仮)』(2006年6月2日-4日、於・新宿・シアター・ブラッツ)
  • 汝知り初めし逢魔が刻に…』(2010年3月3日-3月7日、笹塚ファクトリー)
  • G&Gアクターズファクトリープロデュース公演 vol.4「雨に咲く花2012〜忘れ去られる物たち〜」(2012年9月1日 - 9日、荻窪かいホール)
  • コルバタ「向かう先は青コーナー」(2015年4月2日 - 5日、東京・戸野廣浩司記念劇場[2]

テレビドラマ[編集]

中学生日記NHK名古屋放送局

旧姓・広田さくら 結婚披露宴興行[編集]

旧姓・広田さくら 結婚披露宴興行
イベント詳細
シリーズ
主催 隙間産業プロモート
開催年月日 2013年4月29日
開催地 東京都新宿区
会場 新宿FACE
開始時刻 13時00分
試合数 全5試合

概要[編集]

2012年に入籍はしたものの披露宴はおこなっていなかった。今回、ファンへの恩返しとしての自主興行を行った。

試合結果[編集]

第一試合 ★「先輩、お先に行かせていただきました5WAY」
  永島千佳世 vs カルロス天野 vs 加藤園子 vs 里村明衣子 vs 旧姓・広田さくら
〇カルロス天野 10分26秒
カルロスゴーンからの4人による体固め
旧姓・広田さくら●
  特別リングアナウンサー:中島幸一郎
第二試合 ★「結婚適齢期をぶっとばせ!輝く独身アラフォータッグマッチ」
神取忍
GAMI
0分11秒
ケンカキックからの体固め
尾崎魔弓
救世忍者乱丸
神取忍
●GAMI
(乱丸の要望でやり直し)
10分11秒
仲間割れからの体固め
尾崎魔弓〇
救世忍者乱丸
第三試合 ★「人妻からのプレゼント・ディズニーランドペアチケット争奪
          〜結婚したい女たちバトルロイヤル〜」
■参加女子レスラー
  桜花由美大畠美咲渋谷シュウ紫雷美央栗原あゆみ阿部幸江朱里チェリー華名、スペシャルゲスト
■生贄の男子レスラー
  怨霊佐野直つぼ原人
※特別ルール 男子・女子一人ずつ残ったところで試合終了
14分49秒
男子勝ち残り 怨霊  
女子勝ち残り 阿部幸江
第四試合 ★「既婚者に習え!」
超大物既婚者男子レスラーX

水波綾DASH・チサコ仙台幸子下野佐和子 with 超大物未婚者女子レスラーX
※特別ルール  大会日にちなみ、4分29秒後に超大物未婚者女子レスラーXが登場
〇超大物既婚者男子レスラーX 7分15秒
ダウンした広田のフォールに誰が乗るんだ?、
私乗ります、私乗ります
じゃあ俺が乗ります、どうぞどうぞ。からの
足での体固め
ニュートラルコーナーポスト●
第五試合 ★「人妻危機一髪!」
浜田文子
春山香代子
15分05秒
APクロスからのふらふらどーん
星ハム子
旧姓・広田さくら○

エピソード[編集]

  • 試合開始は13時の予定だったが、11111円や7777円等のきめ細かい料金設定のため、15分遅れての開始となってしまった。
  • 開宴の挨拶は、広田の師匠の長与千種が行った(録音)。
  • 広田は、全5試合に「何らかの形」で出場。
  • 第一試合は、GAEA JAPAN出身レスラーが出場、レフェリーは伊東幸子、リングアナウンサーは中島幸一郎とこちらもGAEA JAPAN出身で行われた。広田は、「GAEAデビュー当時の広田」のコスプレ(arenaロゴが入ったピンクのワンピース水着)で登場。
  • 第二試合、広田はダンプ松本のコスプレを行い、サソリを伴って出場したが、すぐに退場した。
  • 第二試合終了後、お祝いのスピーチを欠場中のKAORUが行った。KAORUがリング上から挨拶したのは2年ぶりとのこと。
  • 第三試合は、スペシャルゲストとして豊田真奈美に扮した広田が参加。
  • 第三試合終了後ゲーム大会が行われ、優勝者には広田が出演した「中学生日記」とGAEA JAPAN解散後に発売になった「全部広田。」のDVDが贈られた。なお、このゲーム大会進行は春日萌花が行った。
  • ゲーム大会後、歌のプレゼントとして宮崎有妃が2曲歌った。
  • 第四試合は、広田はニュートラルコーナーに扮した。
  • 第五試合の前には、生い立ちVTRが流された。
  • 広田がこの興行を4月29日にした理由は、4月29日が広田の母親の誕生日でもあり、母親への感謝の気持ちと恩返しの意味が込められている。当日はスターダム両国国技館大会、ディアナ川崎市体育館大会の女子プロレスビッグマッチ二つ(さらに後楽園ホールでは全日本プロレスチャンピオン・カーニバル決勝戦)と重なったが、新宿FACEを超満員にした。出場した選手の中にはスターダムとのダブルヘッダーだった者も数名いた。
  • 興行終了後に、関係者による結婚披露宴が行われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]