勝愛実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勝 愛実
勝 愛実の画像
プロフィール
リングネーム 勝 愛実
本名 同じ
ニックネーム ダイナマイトプリティガール
まなぽょ
身長 160cm
体重 67kg
誕生日 1994年10月23日(21歳)
出身地 東京都台東区
所属 JWP女子プロレス
トレーナー 日向あずみ
Leon
デビュー 2011年4月3日
DASH・チサコ
テンプレートを表示

勝 愛実(かつ まなみ、1994年10月23日 - )は、日本の女子プロレスラー。身長160cm、体重67kg。東京都台東区出身。JWP女子プロレス所属。

JWPスポーツ教室出身であり、同団体初の現役高校生レスラー。

来歴・戦歴[ソースを編集]

2011年
2012年
  • 1月9日、下野佐和子の持つJWPジュニア二冠王座に挑むが、敗戦。
  • 3月3日、アイスリボン10代主催興行「Teens」に参戦。
  • 3月10日、アイスリボン本興行初参戦。藤本つかさと対戦も敗れる。
  • 12月24日、後楽園大会でラビット美兎が持つJWPジュニア二冠王座に挑戦し、引退したばかりの元ジュニア王者輝優優から継承されたレッグラリアットからのブロックバスターで王座奪取に成功[1]
2014年
  • 4月26日引退を表明[2]
  • 7月13日板橋グリーンホール大会でラビット美兎相手に引退試合を行い、ダイビング・ボディー・プレスで敗れる[3]
2016年
  • 3月1日、JWPに再入団。4月3日の後楽園ホール大会での復帰を発表。当時の引退理由は母の看病と両立しながらプロレスをやってきたが介護にかかる時間が増え引退。復帰理由は昨年の夏に亡くなった母の遺品を整理していたときにグッズやパンフレット、勝の試合について書かれた日記が見つかり、自分の中にあったプロレスへの想いというものがよみがえったことから復帰を決意した。
  • 4月3日、JWP後楽園ホール大会で復帰。同期のラビット美兎とのシングルマッチで復帰するも敗北。

所属[ソースを編集]

  • JWP(2011年 - 2014年、2016年 - )

人物[ソースを編集]

  • 憧れの選手としてJWPの大先輩である日向あずみの名を上げている[4]。その日向の引退直前に「週刊プロレス」の企画でインタビューが実現し、その際にJWPスポーツ教室を勧められ本格的にプロレスラーを目指す。そしてデビュー戦では日向が特別レフェリーを務めた。
  • 両親から高校卒業を入団の条件として提示されている為、高校に通いながら活動する。学校行事を優先させる関係上、重なった場合はその大会を欠場する場合がある。
  • ニックネームは「まなぽょ」。命名者は同い年のみなみ飛香である。
  • 「アイドルウォッチャー」を自認しており、中でもプロレスとの関わりが深いキラポジョは何度もライブに足を運びファンクラブ会報にも紹介されたほどである[5]

得意技[ソースを編集]

  • レッグラリアット
  • ブロックバスター
上の二つは輝優優から伝承された。

獲得タイトル[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]