田村欣子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田村 欣子
Yoshiko Tamura
田村 欣子Yoshiko Tamuraの画像
プロフィール
リングネーム 田村 欣子
本名 同じ
ニックネーム タムラ様
身長 165cm
体重 70kg
誕生日 (1976-02-06) 1976年2月6日(41歳)
出身地 東京都江戸川区篠崎町
所属 NEO女子プロレス
デビュー 1994年9月15日
引退 2010年12月31日
テンプレートを表示

田村 欣子(たむら よしこ、1976年2月6日 - )は、日本の元女子プロレスラー東京都江戸川区篠崎町[1]出身。NEO女子プロレス所属。

NEO女子プロレスのエース。WWEザ・ロックをモチーフにした『タムラ様』の愛称と、「ケッテー」の一言だけで重要事項を決定してしまうパフォーマンスで有名である。

所属[編集]

経歴・戦歴[編集]

1994年
  • 9月15日、東京・後楽園ホールにおいて対金山薫戦で、全日本女子プロレスからプロレスデビュー。全日本女子プロレス時代には、同期の中で最初にタイトルマッチが組まれるなど、将来のエース候補として期待されていた。
1997年
  • 全女の経営難から離脱。
  • ネオ・レディース(後のNEO女子プロレス)に移籍。
2000年
  • 8月24日(現地時間)、アメリカ・アトランティックシティでニコル・バスを下し、NWA女子パシフィック&NEO認定シングルの二冠王座の初代王者となる。
  • 10月13日の板橋産文ホール大会にて、40分6秒の激闘の末元気美佐恵を下し、2度目の二冠王座防衛に成功。
2004年
  • 8月14日の後楽園ホール大会にて、「田村欣子31プレイ・チャレンジ・マッチ」と題して、豊田真奈美の30人掛けマッチ(1995年)を超える31人掛けマッチを行う。
  • 12月19日の後楽園ホール大会にて、TWA女子王者の田村と二冠王者の元気による三冠統一戦が行われるが、60分時間切れ引き分けに終わる。
2005年
  • 5月5日の後楽園ホール大会で、我闘姑娘の中学生レスラー・高橋李佳との対戦が実現。高橋にプロの洗礼を浴びせ、泣かせてしまう。
2006年
2007年
  • 7月16日、東京・後楽園ホールにおいて、さくらえみと組み、元気美佐恵、松尾永遠組の保持するNEO認定タッグに挑戦。さくらえみがラ・マヒストラルで元気美佐恵から勝利。田村欣子、さくらえみ組が、第5代NEO認定タッグ王者になる。
2008年
2009年
  • 5月5日の後楽園ホール大会で、さくらえみを破りNEO統一二冠王者に返り咲く。
  • 9月20日のNEO後楽園ホール大会で、NEO統一二冠王座初防衛戦。高橋奈苗を27分35秒、マウントクックからのエビ固めで破り、初防衛成功。
  • 12月31日、NEO後楽園ホール大会において、栗原あゆみとのタッグ「☆タムクリ☆」で、高橋奈苗・華名組の保持するNEO認定タッグ王座に挑戦。21分32秒、栗原あゆみが華名へのダブルニーアタックからの押さえ込みで勝利。第12代NEO認定タッグ王者となる。なお、「☆タムクリ☆」は、NEO認定タッグへの4度目の挑戦で載冠を果たした。
2010年
  • 2月14日、NEOラゾーナ川崎大会において、「☆タムクリ☆」でNEO認定タッグ王座の初防衛戦に挑む。挑戦者は、木村響子中川ともか組。22分21秒、栗原がダブルニーアタックからのエビ固めで木村響子からスリーカウントを奪取。第12代王者としてNEO認定タッグ王座の初防衛に成功。
  • 5月5日の後楽園ホール大会で「☆タムクリ☆」は松本浩代大畠美咲組相手にNEO認定タッグ王座の2度目の防衛に成功。しかしメイン終了後に大晦日の後楽園大会での団体解散、ならびにタニー・マウス宮崎有妃と共に現役引退することを発表[2]
  • 12月31日、NEO最終興行となる後楽園大会で引退試合を兼ねて栗原とNEOシングル王座13度目の防衛戦。リストクラッチ式裏投げで敗れ王座のまま引退はならなかった。
2011年
  • 3月21日、DVD発売を記念してアイスリボン後楽園大会でタニー・宮崎とともにサイン会を行う。
  • 4月23日、アロマトリートメントサロンを開店。

得意技[編集]

リバース・フルネルソン(ダブルアーム・スープレックスの体勢)からジャンプしてのDDT
  • トモレクラッチ
  • マウントクック
こうもり吊りの体勢から相手の体を前方に回し、リバース・パイルドライバーで突き刺す
  • ハンガリー(リストクラッチ式ノーザンライトボム)
  • GUSTロック(高角度GUST)

タイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

  • 「You be so Wrong」 - 全女時代
  • 「ギャラクシー・エキスプレス」(国吉良一
※ただしNEO統一二冠王座戴冠時に限る

脚注[編集]

  1. ^ 2010年12月27日の地元凱旋興行のポスターより
  2. ^ NEOが記念興行で解散を発表 日刊スポーツ 2010年5月5日

外部リンク[編集]