スリーカウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スリーカウント
監督 窪田将治
脚本 窪田将治
製作 斉藤三保
製作総指揮 佐藤肇
興梠敏郎
出演者 志田光
音楽 與語一平
撮影 宮永昭典
編集 窪田将治
配給 FAITHentertainment
公開 日本の旗 2009年6月20日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

スリーカウント』は、2009年日本映画プロレスを題材とした映画であり、本物の女子プロレスラーが多数出演している。

概要[編集]

2008年4月よりテレビ埼玉の深夜25:00 - に放送されていたバラエティ番組筋肉美女-Muscle Venus-』の連動企画として映画『スリーカウント』の企画が立ち上がる。

NEO女子プロレスアイスリボンの全面協力のもと制作される事に。

『プロレスラーが演じる演技ではなく、プロレスラーじゃない役者が演じる迫真のプロレスシーンを求めて』をコンセプトに出演者オーディションを開始。合格の条件は「クランクインまでにプロレスラーとしてデビューする事」オーディション合否はすべて参加者自身が決める。「自分が諦めない限り、不合格はない」(その模様は『マッスルビーナス』にて放送された。)

100名以上いた応募者は次々脱落し同年8月23日の最終リミットであるアイスリボン新木場1stRING大会でプロデビューできたのは8名(志田光朝見朱伽ひろせ友紀森久ともよ植田ゆう希古賀祥子松本都藤本つかさ)だった。

現在は志田光[1]・藤本つかさ・松本都[2]の3名がプロレスラーとして活躍している。

あらすじ[編集]

埼玉ガールズプロレスリングは経営難により解散を余儀なくされていた。新人レスラーの千葉まひる(志田光)は、父親を探す手がかりである埼玉ガールズを再興しようとする。やがて、その熱意に心を撃たれた先輩レスラーたちも集まり、公園を道場代わりにして練習を始める。

キャスト[編集]

レスラーキャスト
アクターキャスト

スタッフ[編集]

公開劇場[編集]

映画祭[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 志田は2014年よりフリーランス
  2. ^ 松本は同団体のブランド「崖のふちプロレス」所属

外部リンク[編集]