小平智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小平 智(こだいら さとし、1989年9月11日 - )は、日本の男子プロゴルファーである。Admiral所属。

No image.svg 小平 智 Golf pictogram.svg
Satoshi Kodaira
基本情報
名前 小平 智
生年月日 (1989-09-11) 1989年9月11日(29歳)
身長 172㎝
体重 70 kg (154 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗 日本
東京都三鷹市
配偶者 古閑美保(2017~)
経歴
大学 日本大学中途退学
プロ転向 2010年
プロ勝利数 8
優勝数
PGAツアー 1
2018年4月6日現在
テンプレートを表示

経歴[編集]

東京都三鷹市出身[1]。父親がゴルフのレッスンプロだったことから10歳で自身もゴルフを始める[2]三鷹市立第六中学校[3]を経て駒場学園高等学校に入学。

高校ではゴルフ部で活動し、関東高等学校ゴルフ選手権東京大会で3年連続優勝を達成したり[1]日刊ジュニアオープンに優勝したりして、頭角を現す。

2008年に日本大学へ進学。2009年にはアマチュアゴルフ日本代表選手に選ばれ、4カ国チーム選手権(日本、豪州カナダニュージーランド対抗戦、於・モントリオールカナダの旗 カナダ】)に出場して3位となった[4]

2010年にはアイゼンハワートロフィー 世界アマチュアゴルフチーム選手権(アルゼンチン)に日本代表として出場[5]。その年の秋には2010年アジア競技大会中華人民共和国広州市)日本代表に選出された[3]。このアジア競技大会日本代表メンバーには男子の松山英樹、女子の比嘉真美子堀奈津佳がいた[3]。また、2010年にはJGTOチャレンジトーナメントにアマチュアとして出場し、8月の鳩山カントリークラブ・GMAチャレンジトーナメントではツアープロを抑えて優勝[6]。チャレンジツアーでのアマチュア優勝は前身のグローイングツアーを含めても片山晋呉以来2人目の壮挙でもあった[7]。このような好成績を収めても、日本大学に進学した後は監督と馬が合わず、レギュラーになれなかったため、2010年限り中途退学する。2011年度の日本ゴルフツアー機構公式競技会の出場資格を得るべくクォリファイングトーナメントに出場し、42位に入ってプロへ転向した[8]

プロ入り後の2年間(2011年、2012年)はツアー未勝利に終わったが、2013年の日本ゴルフツアー選手権許錫鎬(S.K.ホ、大韓民国)、キラデク・アフィバーンラト英語版タイ王国)との接戦を制してプロ入り初優勝を飾る[2][9]

初優勝以後、毎年1勝づつしており、特に2015年の日本オープンでは池田勇太と最終日最終組で廻り、大接戦の末に栄冠を手にした[10]

2017年3月、同じプロゴルファーの古閑美保と結婚[11]

2018年、マスターズに初出場、予選突破(28位タイ)。翌週のRBCヘリテージではキム・シウーとのプレイオフを制し、日本人として5人目のPGAツアー大会優勝者となった[12]。出場15試合目での優勝は、松山英樹が達成した26試合目を抜く日本人最速記録である。

プロ優勝 (8)[編集]

PGAツアー優勝 (1)[編集]

No. Date Tournament 優勝スコア アンダーパー 2位との差 2位
1 15 Apr 2018 RBCヘリテージ 73-63-70-66=272 −12 Playoff 大韓民国の旗 キム・シウー

PGAツアープレーオフ記録 (1–0)

No. Year Tournament 相手 結果
1 2018 RBCヘリテージ 大韓民国の旗 キム・シウー 3ホール目、バーディーで勝利

日本ツアー優勝 (6)[編集]

No. Date Tournament スコア 2位との差 2位(タイ)
1 23 Jun 2013 日本ゴルフツアー選手権 –14 (70-64-70-70=274) 1 stroke タイ王国の旗 Kiradech Aphibarnrat, 大韓民国の旗 許錫鎬
2 3 Aug 2014 ダンロップ・スリクソン福島オープン –16 (72-68-64-68=272) 2 strokes 日本の旗 稲森佑貴, 日本の旗 岩田寛,
日本の旗 木下稜介, 日本の旗 永野竜太郎,
日本の旗 山下和宏
3 18 Oct 2015 日本オープンゴルフ選手権 –13 (71-62-70-72=275) 1 stroke 日本の旗 池田勇太
4 23 Oct 2016 ブリヂストンオープン –14 (75-66-62-67=270) 1 stroke 大韓民国の旗 Lee Kyoung-hoon
5 1 Oct 2017 トップ杯東海クラシック –14 (67-68-70-69=274) 1 stroke 日本の旗 時松隆光
6 12 Nov 2017 三井住友VISA太平洋マスターズ –18 (63-72-70-65=270) 3 strokes 日本の旗 宮里優作

AbemaTVツアー優勝 (1)[編集]

  • 2012 PGA JGTO challenge Cup II in Boso

大会成績[編集]

メジャー選手権[編集]

大会 2013 2014 2015 2016 2017 2018
マスターズ T28
全米オープン T46
オープン選手権 CUT CUT
PGA選手権 T48


  出場せず

CUT = ハーフウェイ・カット
"T" = 順位タイ

世界ゴルフ選手権[編集]

大会 2013 2014 2015 2016 2017 2018
メキシコ選手権 54
マッチプレー選手権 T59
ブリヂストン招待選手権 T65 T47
HSBCチャンピオンズ 71
  出場せず

人物[編集]

実は、知る人ぞ知る“プロゴルファー界きっての阪神ファン”である。[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]