今野康晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
No image.svg 今野 康晴 Golf pictogram.svg
Yasuharu Imano
基本情報
名前 今野 康晴
生年月日 (1973-05-28) 1973年5月28日(45歳)
出身地 岐阜県恵那市
経歴
成績
優勝回数 日本男子:7回
アジアンツアー:1回
賞金ランク最高位 日本男子:2位(2005年)
2012年10月18日現在
テンプレートを表示

今野 康晴(いまの やすはる、1973年5月28日 - )は、岐阜県恵那市出身のプロゴルファーである。日本大学卒業。日本ゴルフツアー通算7勝。

略歴[編集]

12歳からゴルフを始める。東京学館浦安高等学校卒業。日本大学在学中の1995年に、日本オープン選手権でベスト・アマチュアに入った。1996年にプロゴルファーテストに合格したが、最初はアジアンツアーを転戦していた。その期間中、1997年に「マニラ・オープン」でプロ初優勝を挙げている。

1998年から日本ゴルフツアーのシード権を獲得。1999年の「中日クラウンズ」で日本ツアー初優勝を挙げ、2000年には「ミズノオープン」で優勝した。2002年に「NST新潟オープンゴルフトーナメント」と「アイフルカップ」で2週連続優勝を記録する。

2005年は「サントリーオープンゴルフトーナメント」で3年ぶりの日本ツアー優勝を果たす。これで賞金ランキングを一気に上げ、世界ゴルフ選手権シリーズの「アメリカン・エクスプレス選手権」に出場資格を得る。(25位タイ、イーブンパー、280ストローク)「アルガーブ・ワールドカップ・イン・ポルトガル」で初の日本代表選手に選ばれ、谷口拓也とコンビを組んで出場したが、15位に終わる。12月4日、年間最終戦の「ゴルフ日本シリーズ」(出場資格は当年度の賞金ランキング25位以内のみ)で初優勝。初めてのビッグタイトル獲得で、自己最高の賞金ランキング2位でシーズンを終えた。

アメリカPGAツアー大会では、「ソニーオープン・イン・ハワイ」に出場経験もある。

優勝歴[編集]

日本ツアー (7)[編集]

勝数
メジャー (1)
ツアー (6)
No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 1999年5月2日 中日クラウンズ -9 (73-68-65-65=271) 1打差 日本の旗 尾崎直道
2 2000年6月25日 全英への道 ミズノオープン -14 (66-71-72-65=274) 1打差 日本の旗 伊沢利光日本の旗 宮本勝昌
3 2002年7月28日 サトウ食品NST新潟オープンゴルフ選手権競技 -18 (70-64-70-66=270) 4打差 日本の旗 宮本勝昌
4 2002年7月25日 アイフルカップ -20 (64-66-66-72=268) 1打差 日本の旗 伊沢利光
5 2005年9月11日 サントリーオープン -13 (65-64-70-68=267) 1打差 日本の旗 小山内護
6 2005年12月4日 ゴルフ日本シリーズJTカップ -11 (72-67-63-67=269) 1打差 日本の旗 横田真一
7 2009年11月15日 三井住友VISA太平洋マスターズ -13 (69-65-68-73=275) 2打差 アメリカ合衆国の旗 ハン・リー日本の旗 久保谷健一

プレーオフ記録 (0-6)[編集]

※太字はメジャー大会

No. 大会 対戦相手 内容
1 2005年 日本ゴルフツアー選手権宍戸ヒルズカップ 日本の旗 細川和彦ニュージーランドの旗 デビッド・スメイル プレーオフ2ホール目、今野が4オンでボギー以上が確定、スメイルはパーパットを外す。パーパットを沈めた細川の優勝。
2 2005年 ANAオープンゴルフトーナメント 日本の旗 深堀圭一郎 プレーオフ1ホール目、両者とも2オン。今野が2パットのパー、深堀が1パットのバーディー。深堀の優勝。
3 2007年 ANAオープンゴルフトーナメント 日本の旗 篠崎紀夫タイ王国の旗 チャワリット・プラポール 2ホール目、今野がダブルボキーで脱落。5ホール目にプラホールがダブルボキー、篠崎はボギー。篠崎の優勝。
4 2008年 三井住友VISA太平洋マスターズ 日本の旗 片山晋呉 プレーオフ1ホール目、今野がパー。片山がバーディパットを決め、片山の優勝。
5 2009年 VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント 日本の旗 池田勇太 1ホール目、両者パー。2ホール目、今野が4オン。池田が3オン1パットのバーディー。池田の優勝。
6 2009年 日本オープンゴルフ選手権競技 日本の旗 石川遼日本の旗 小田龍一 1ホール目、3者パー。2ホール目、石川3オン、今野2オンでバーディーパット外す、小田が2オン1パットのバーディー。小田の優勝。

外部リンク[編集]