飯島一暢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯島 一暢(いいじま かずのぶ、1947年1月4日 - )は日本実業家サンケイビル代表取締役社長兼社長執行役員。元フジ・メディア・ホールディングス常務取締役サテライト・サービスの初代代表取締役社長。

人物[編集]

東京都出身[1][2]1969年昭和44年)早稲田大学教育学部[1]三菱商事入社後、鉄鋼畑を歩むが、宇宙通信出向を機にメディア畑へ転向。1999年にフジテレビジョンに転職。 フジテレビジョンに対し、ライブドアによる敵対的買収事件が発生した際には企画調整局長として、ライブドアとの折衝にあたった。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “新社長 サンケイビル 飯島一暢氏”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年5月16日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/enterprises/jinji/20120516-OYT8T00338.htm 2012年9月14日閲覧。 
  2. ^ a b “【人事】サンケイビル役員”. 産経新聞. (2012年5月16日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120516/biz12051603080016-n1.htm 2012年9月14日閲覧。 
  3. ^ “役員の異動に関するお知らせ” (プレスリリース), クールジャパン機構, (2018年7月2日), https://www.cj-fund.co.jp/files/press_180702-1.pdf