産経学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社産経学園
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 152-0035
東京都目黒区自由が丘1-30-3
自由が丘東急ビル5階
設立 1965年5月13日
事業内容 カルチャーセンターの運営事業
イベントの企画運営受託業務
代表者 高橋誉則(代表取締役社長)
資本金 1000万円
主要株主 株式会社TSUTAYA 100%[1]
外部リンク https://www.sankeigakuen.co.jp/
特記事項:創業は1955年3月12日
テンプレートを表示

産経学園 (さんけいがくえん) は、1955年3月12日に東京・大手町産経会館内に産経新聞社の協力で発足した日本最初のカルチャーセンター。設立当初の名称は「東京婦人会館」(同名の前身組織は1938年に開設)[1]カルチュア・コンビニエンス・クラブの連結子会社[2]

沿革[編集]

戦前の「東京婦人会館」は、東京・有楽町日劇ビル内に発足した日本最初の「婦人のための教養クラブ」である[1]。「婦人が婦人のために知識と教養を高める機関」として作られたもので、阪急東宝グループ創業者で商工大臣など歴任した小林一三らが創立者となり、村岡花子市川房枝吉屋信子吉岡弥生ら政治家、小説家、学校経営者が役員として名を連ねた[1]

戦後、産経新聞社の協力を得て、再スタートした「東京婦人会館」は、伊東深水の日本画、星野立子の俳句、生方たつゑの短歌、花柳寿輔日本舞踊などが売り物であった。活動の中で最も大きかったのは「技芸教授教室」だった[1]

その後、夜間部を設定。開設1年で各教室がほぼ満員となったため、教室部門を正式に「産経学園」として独立させ、男性にも門戸を開放した[1]

学園一覧[編集]

関東
関西
閉園校

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 会社概要”. 株式会社産経学園. 2018年1月19日閲覧。
  2. ^ 連結グループ会社・持分法適用会社一覧”. カルチュア・コンビニエンス・クラブ. 2018年1月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]