サラリ君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サラリ君(サラリくん)は、西村宗による日本の漫画である。1980年から2010年まで、産経新聞で連載されていた。

概要[編集]

著者の代表作で、産経新聞朝刊に1980年3月24日付から2010年3月31日付きまでの約30年間連載されていた4コマ漫画である。当初は地方面に掲載[1]されていたが、その後社会面に移動。2008年1月10日付から産経新聞東京本社版管内の一部でカラー化された。また、2008年3月20日付からは記事中の文字の拡大化に伴い、縦4段・横1列から縦2段・横2列の配列に変更された(最長8コマまでになることもある)。2009年6月9日付で連載10000回を突破した。

長らく社会面(左側の面)に掲載されていたが、東京本社版は2009年4月から第二社会面(右側の面)に掲載位置が変更された(2009年10月1日から発行が開始された九州・山口特別版も第二社会面に掲載)。大阪本社版は2009年7月からスポーツ面に移転した(社会面には南ひろこの『ひなちゃんの日常』が生活面から移動した)。

なお、九州版(2009年9月30日まで。同10月1日から東京・大阪版と同日・同内容掲載)・中京版(三重全域と名古屋市・岐阜市の一部は除く)では締め切りの関係でそれ以外の地域とは1日ずれた掲載になっていた。

連載から30周年を迎える区切りを迎えることと、西村の高齢などのため、2010年3月31日付をもって終了した。

その後、2011年1月から泉大津商工会議所会報(会議所ニュース市民版)に人物設定をそのまま引き継いだ「サラリ君」を掲載している[2]

作風・特徴[編集]

  • 漫画家の長谷邦夫は、著書の『ニッポン漫画家名鑑』で「おっとりと暖かみのあるシンプルな線で、小市民をチクリと刺す四コマ」であると評している。
  • 新聞4コマ漫画としては他紙のそれと比べて、短気で喧嘩っ早い性格のキャラクターが多い。掲載紙の性格上、保守的な内容が多かった。
  • 四国遍路の事を「四国四十八個所めぐり」と書いたり〈正しくは四国八十八箇所めぐり)、“「ツンダラ」と言う言葉が流行っている”(「ツンデレ」の間違い?)と書いたり、きちんと調べたとは思えない表現が見受けられる。

主な登場人物[編集]

サラリのぼる
主人公。性格は新聞4コマ漫画の主人公にしてはかなり短気。
趣味はテレビ鑑賞・パチンコ阪神ファンで優勝した時は風呂に飛び込んだりもしている。
よく他人の家(特に社長宅)を窓の外から覗き込む癖がある。大阪出身らしい。
なお、一度改名している。改名前の名前はサラリ・アゲローだった。
打ち切り間際に透明人間になる術を編み出した。
咲子
妻。性格は短気で見栄っ張りでヒステリック。一見巨乳だがパット入り(たけし談)。
趣味は買い物・カラオケ。韓流ドラマにはまっており「日本海東海ていうのよ」との発言も。
やたらサラリの手紙や日記やメールを勝手に読んではキレている。鹿児島出身らしい。
なお、夫と同じく一度改名している。改名前の名前はサラリ・ペッチャン子だった。
のりこ
長女。趣味は読書。ケータイにはまっており、出会い系サイトで見つけた男を家に連れ込んだりもした。
ハムスターを飼育していたが、飼育書を読んでる最中に死なせている。やや反抗期。
たけし
長男。勉強はあまり得意ではないが、一時東大進学を目指したことがある。一時期、九官鳥をペットにしていた。
海の味が塩辛いことすら知らなかった。
すみ
同居しているサラリの母。性格は偉そうな反面、どこかいじけたところがある。
経済力は意外とあり、よく旅行(海外含む)に行ったり、高級ブランドを買ったりしている。
なお、夫は大東亜戦争で戦死したようだ。ペットのネコを溺愛している。一万回を越してからようやく名前が判明した。
シロ
サラリ家の飼い犬。以前は耳が垂れていたが耳が立つように咲子が整形させた。
タマ
姑の飼い猫。
社長(氏名不明)
サラリが勤務している会社「紅白物産」の社長。家も近所。年齢60歳位。
性格は偉そうな反面、真の実力者の嫁とは不仲で、よく夫婦喧嘩話や離婚話や別居話が出てくる。小学生になる孫がいる。
なお、経営能力には問題があり、過去に拳銃購入未遂・秘書の給料横領未遂や女優のスカートの中盗撮疑惑等やらかしている。
また、ボーナスや社員の昇給も嫁の顔色をうかがわないと出来ないようだ。
リストラには熱心だが(サラリもリスト入りしていた)、女性社員には甘い面がある。
社長の妻
「会長の娘」で「社長の会社の大株主」でもあるので、社長も頭が上がらない。「りつ子」という名前らしい。
マリ
サラリの会社に勤めるOL。ウマ年。結構もてるようで恋した回数は80回とも。性格は高慢で高飛車。
吉村
サラリの後輩社員。マリに惚れていてアタックしては悲惨な結果に終わるが、たまにデートにこぎつけたり、一緒にマンション探しをする話もあるので、望みはないわけではないようだ。なぜここまでマリに固執するのかについては不明。
人見ふみ
2006年春頃に初登場した女性社員。東大(大学院)卒。「吹けば飛ぶようなわが社(社長・談)」へ入社した志望動機は「危機感を持って仕事がしたい」。
会社始まって以来の高学歴者だけに社長には目をかけられており、一緒にオペラ鑑賞やら花見やらカラオケやらに誘われている。
「東大卒のふみちゃん」と社長に呼ばれることも。
長年に渡って登場している吉村やマリのフルネームですら不明であるにもかかわらず、準レギュラーにしては珍しく、フルネームが設定されている。
伊藤
角眼鏡をかけた女性。咲子と近所付き合いをしている。「高齢者ケアセンター」に親を入れている。
水鳥先生(白鳥先生)
売れない小説家。以前はベストセラーを出した事もあったらしい。妻がいる。水鳥と白鳥どちらが正しいのか不明。
タカハシ博士
科学者。専門は不明。モデルは作者の恩師らしい。

出典[編集]

  1. ^ 出典・「おこのみサラリ君」第2巻巻末の加藤芳郎コメント
  2. ^ http://www.izumiotsu-cci.or.jp/