浪久圭司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浪久 圭司(なみひさ けいじ、1941年 - )は、日本アナウンサー朗読者実業家東京都出身。

略歴[編集]

生家は海苔[1]早稲田高等学院を経て[2]1964年早稲田大学政治経済学部を卒業後、フジテレビアナウンサーとして入社[3]。その後、制作部門[4]、管理部門[4]、フジテレビジョン常務取締役[1][3]BSフジ社長[3]、BSフジ代表取締役会長(2009年まで)[1][3]を歴任。2010年、フジテレビの同僚に誘われて朗読への道へ[4]2010年公益財団法人多摩市文化振興財団パルテノン多摩)代表理事[3][2][5]2018年11月、公益財団法人多摩市文化振興財団(パルテノン多摩)代表理事を退任[3][2]

過去の担当番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 結城思聞 (2009年7月21日). “我が師・浪久圭司さん”. 思聞のひとりごと. BIGLOBE. 2014年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月7日閲覧。
  2. ^ a b c 「鰻づくしと美酒を堪能」”. 多摩稲⾨会【早稲⽥⼤学校友会】. ニュース. 多摩稲門会 (2018年9月30日). 2019年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 第63回⽂化フォーラム・「賀詞交歓会」のご案内”. 多摩稲⾨会【早稲⽥⼤学校友会】. ニュース. 多摩稲門会 (2017年1月1日). 2019年4月7日閲覧。
  4. ^ a b c 朗読へのお誘い XI 青山の昼下がり (PDF)”. NPO日本朗読文化協会. NPO日本朗読文化協会 (2018年7月5日). 2019年4月7日閲覧。
  5. ^ 評議員・役員名簿 (PDF)”. 公益財団法人多摩市文化振興財団. 公益財団法人多摩市文化振興財団. 2019年4月7日閲覧。