近藤智弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
近藤共弘から転送)
移動先: 案内検索
No image.svg 近藤 智弘 (近藤 共弘) Golf pictogram.svg
Tomohiro Kondo
基本情報
名前 近藤 智弘 (近藤 共弘)
生年月日 (1977-06-17) 1977年6月17日(40歳)
身長 167 cm (5 ft 6 in)
体重 60 kg (132 lb)
出身地 愛知県東海市
経歴
成績
優勝回数 日本男子:6回
初優勝 日本プロ (2006年)
賞金ランク最高位 日本男子:3位 (2014年)
2014年12月16日現在
テンプレートを表示

近藤 智弘(こんどう ともひろ、1977年6月17日 ‐ )は、愛知県東海市出身のプロゴルファー身長167cm・体重60kg・血液型B型、専修大学卒業。これまでに、日本ゴルフツアー通算6勝を挙げている。

略歴[編集]

12歳からゴルフを始める。東京学館浦安高等学校に在学中、日本ジュニアゴルフ選手権競技で優勝。1998年アジア大会では個人・団体ともに金メダルを獲得する。また同年、専修大学在学中に日本学生ゴルフ選手権競技で優勝する。

2000年ツアープロに転向する。その年の4月に行われた「つるやオープンゴルフ」でツアーデビューを果たす。2006年5月11日から14日まで行われた「日本プロゴルフ選手権大会」では友利勝良とのプレーオフを制し、ツアー初優勝。国内メジャーでの達成となった。2011年の「つるやオープンゴルフ」では2位と4打差の差で優勝、2008年中日クラウンズ以来の優勝となった。

体格は小柄ながらドライバーで300ヤード近く飛ばすのが特徴、エースキャディーには森本真祐を起用している。

なお、2009年から登録名を「近藤共弘」に改名してツアーに参加している(外部リンク参照)。

優勝歴[編集]

日本ツアー (6)[編集]

勝数
メジャー (1)
ツアー (5)
No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 2006年5月14日 日本プロゴルフ選手権大会 -10 (68-70-71-69=278) プレーオフ 日本の旗 友利勝良
2 2006年9月17日 ANAオープンゴルフトーナメント -10 (69-64-72-69=274) 1打差 日本の旗 真板潔日本の旗 横尾要
3 2007年6月3日 JCBクラシック -13 (68-66-68-69=271) 1打差 韓国の旗 李丞鎬日本の旗 小山内護日本の旗 小田孔明日本の旗 矢野東
4 2008年5月4日 中日クラウンズ -9 (72-68-64-67=271) プレーオフ 日本の旗 藤田寛之
5 2011年4月24日 つるやオープンゴルフトーナメント -19 (66-63-70-66=265) 4打差 日本の旗 増田伸洋
6 2014年11月9日 HEIWA・PGMチャンピオンシップ -20 (68-66-64-66=264) 4打差 日本の旗 谷原秀人韓国の旗 H・W・リュー日本の旗 藤本佳則

プレーオフ記録 (2-4)[編集]

No. 大会 対戦相手 内容
1 2004年 JCBクラシック仙台 日本の旗 神山隆志日本の旗 中嶋常幸 プレーオフ1ホール目で、神山が2オン1パットのバーディー。近藤、中嶋はバーディーパットを外し、神山の優勝。
2 2004年 日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズカップ 韓国の旗 S・K・ホ プレーオフ2ホール目で、ホが2オン2パットのパー。近藤はパーパットを外し、S・K・ホの優勝。
3 2006年 日本プロゴルフ選手権大会 日本の旗 友利勝良 近藤がパー、友利がパーパットを外し、近藤の優勝。
4 2006年 ザ・ゴルフトーナメントin御前崎 日本の旗 谷口徹
韓国の旗 S・K・ホ
プレーオフ2ホール目に谷口、ホがパー、近藤が3オン後のパーパットを外す。3ホール目に谷口がバーディー、ホがバーディーパットを外し谷口の優勝。
5 2008年 中日クラウンズ 日本の旗 藤田寛之 プレーオフ2ホール目に藤田がパー、近藤が2オン1パットのバーディー。近藤の優勝。
6 2016年 東建ホームメイトカップ 韓国の旗 金庚泰 3ホール目、金がパーを決められ敗れる。

外部リンク[編集]