HEIWA・PGMチャンピオンシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Golf pictogram.svgHEIWA×PGM CHAMPIONSHIP
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 2013年
開催地 沖縄県2017年 - )
開催コース PGMゴルフリゾート沖縄(2017年 - )
基準打数 Par72(2018年)[1][2]
ヤーデージ 7270ヤード(2018年)[1][2]
主催 株式会社平和
PGMホールディングス株式会社
ツアー 日本ゴルフツアー機構
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 2億円(2018年)[2]
開催月 11月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 264 日本の旗 近藤共弘2014年
通算スコア -20 日本の旗 近藤共弘(2014年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
南アフリカ共和国の旗 ショーン・ノリス(2018年)[2]
テンプレートを表示

HEIWA・PGMチャンピオンシップ(ヘイワ・ピージーエムチャンピオンシップ)は2013年から開始された日本ゴルフツアー機構(JGTO)の公認、平和PGMホールディングスの共催による男子プロゴルフトーナメントの一つである。2018年現在、賞金総額2億円、優勝賞金4000万円[2]

大会会場について[編集]

2013年と2014年は茨城県稲敷郡美浦村の美浦ゴルフ倶楽部、2015年と2016年は千葉県印西市の総武カントリークラブ総武コース[3]、そして2017年からは沖縄県国頭郡恩納村にあるPGMゴルフリゾート沖縄で開催されている。

歴代優勝者[編集]

開催回 開催年 優勝者名 スコア 開催地 開催コース 備考
第1回 2013年 中華人民共和国の旗 呉阿順 -11 茨城県 美浦ゴルフ倶楽部
第2回 2014年 日本の旗 近藤共弘 -20
第3回 2015年 日本の旗 谷原秀人[4][5] -11 千葉県 総武カントリークラブ総武コース
第4回 2016年 -12PO [注釈 1]
第5回 2017年 アメリカ合衆国の旗 チャン・キム英語版[6] -6 沖縄県 PGMゴルフリゾート沖縄 [注釈 2]
第6回 2018年 南アフリカ共和国の旗 ショーン・ノリス英語版[2] -14 [注釈 3]
第7回 2019年 地球の旗

テレビ放送[編集]

  • 大会4日間すべて、BSデジタル放送BS朝日が生中継する。第1回~第4回大会まで地上波での中継は行われなかったが、第5回大会からは沖縄県での開催のため地元の琉球朝日放送で同時ネットされている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2016年は日本の旗 池田勇太とのプレーオフを制す。
  2. ^ 旧・沖縄国際ゴルフ倶楽部。
  3. ^ 大会3日目が悪天候によるコースコンディション不良のため中止。3日間54ホールズ競技に短縮の上賞金ランキング加算額も75%に減額[7]。さらに最終日も雷雨の影響で開始を1時間遅らせた[8]

出典[編集]

  1. ^ a b コース案内
  2. ^ a b c d e f S・ノリス劇的イーグルでV 片岡大育1打及ばず - 日刊スポーツ、2018年11月4日配信、同日閲覧
  3. ^ 『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』第3回大会の開催が決定”. 株式会社平和、PGMホールディングス株式会社 (2014年12月15日). 2015年2月24日閲覧。
  4. ^ 谷原秀人が逃げ切りで2年ぶり優勝 通算11勝目 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2015年11月8日閲覧
  5. ^ 谷原秀人V2で再び賞金1位 池田とプレーオフ制す - 日刊スポーツ、2016年11月6日閲覧
  6. ^ C・キムがV 今季3勝目 賞金ランクでもトップ浮上 - 日刊スポーツ、2017年11月5日
  7. ^ 「平和PGM選手権」第3ラウンドは荒天の影響で競技中止/国内男子 - サンケイスポーツ、2018年11月3日配信、同日閲覧
  8. ^ 雷雨で1時間遅れも第1組がスタート 男子ゴルフ - 日刊スポーツ、2018年11月4日配信、2018年11月5日閲覧

外部リンク[編集]