鷹巣南雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg 鷹巣 南雄 Golf pictogram.svg
Namio Takasu
基本情報
名前 鷹巣 南雄
生年月日 (1943-01-24) 1943年1月24日(77歳)
身長 173 cm (5 ft 8 in)
体重 79 kg (174 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県我孫子市
経歴
成績
優勝回数 日本ツアー:3回
日本シニアツアー:1回
初優勝 産報クラシック(1973年
賞金ランク最高位 日本男子:8位(1980年)
1980年 国内男子ゴルフ賞金ランキング-大会優勝者【PRiVATE LiFE】データベース
2009年2月25日現在
テンプレートを表示

鷹巣 南雄(たかす なみお、1943年1月24日 - )は、千葉県我孫子市出身のプロゴルファーである。レギュラー/シニア両ツアー選手会長を務めたほか、ゴルファーの傍らで東京タワーディベロップメント副社長を務めた。

略歴[編集]

青木功とは我孫子中学校の同級生で、金井清一新井規矩雄とは旧知の間柄である。互いに青木(あおき)・南(なみ)と呼び合う仲であり、金井・海老原清治らと共に青木ファミリーの一員である。青木の『フック病』大手術(フックボールからストレート系に変えさせる荒療治)の貢献者。鹿野山CCで行った40日間の合宿内容は凄まじく両手首を縛って鷹巣が、おにぎりを食べさせながら打ち込みを続けた[1][2][3]

中学2年次の1956年の夏、陸上部の長距離ランナーとして活躍していた頃、部の先輩に誘われて我孫子ゴルフ倶楽部キャディアルバイトを始める。アルバイトを介してゴルフと出会い、後に深く付き合うことになる青木との出会いも、このときのアルバイトが縁になっている。林由郎に師事し、1958年4月1日に我孫子ゴルフ倶楽部へ入社、研修生となり、1962年にプロテストで合格すると所属プロとなる。1966年に鹿野山カントリークラブへ移籍[4]

キャリアの割りに通算5勝は少なすぎるが、「パットがもう少し、うまかったら倍以上勝っているよ」と自らいうほどで、ショット・コントロールには定評があった。1977年に一度だけシード落ちの経験はあるが、それ以外は安定した結果を残してきた。シード落ち時期にレギュラーツアー選手会長を務めた[5]

シニアツアー初代選手会長も歴任し、2002年キャッスルヒルオープンを59歳4カ月で優勝し、国内シニアツアー最年長優勝記録を樹立。2007年に、くまもと中央カントリークラブで開催された「日本シニアオープン」で、青木が65歳2カ月で大会を制した。青木はこれを6歳近くも塗り替えたことになる。さらに、最終日は「65」を叩き出し、国内シニアツアーの公式戦でエージシュートを達成した。2008年4月1日付で、杉並学院ゴルフ部監督に就任[6]

主な優勝[編集]

レギュラー
シニア
その他
  • 1979年 - ハワイパールオープン
  • 1984年 - ハワイパールオープン

人物像[編集]

  • 生一本(生真面目)の性格で、口癖は『馬鹿』(ゴルフ指導時)。
  • ゴルフ界以外にも広い人脈を持ち、特に王貞治とは、長年に亘り親交が深く鷹巣が我孫子GC所属プロ時代からの付き合いになる。当時の読売ジャイアンツは毎年の納会を我孫子GCで行っていた。そこで王と知り合い、当時の巨人軍選手たちとの親交が始まる。後に鷹巣の紹介で王と青木との深い親交も生まれる事となる[7]

関連項目[編集]

(我孫子一門)
(師弟関係)
(杉並学院ゴルフ部監督)
  • 吉岡徹治
(マザー牧場)
  • 前田福三郎
  • 前田伸

脚注[編集]

  1. ^ 「石川遼の学校」で監督に 杉並学院・鷹巣南雄(上)2 : 日本経済新聞 2010/11/16付
  2. ^ 青木功 - 変わらぬ原点「ベタ足打法」 : 東洋経済 2010/2/2付
  3. ^ 「スクェアグリップは、人それぞれ違う」青木功が取り組んだ世紀のグリップ改造 : みんなのゴルフダイジェスト 2016/8/29付
  4. ^ 後に総支配人も務めた。
  5. ^ 後に横田真一もシード落ち時期に選手会長を務める事になる。
  6. ^ 「石川遼の学校」で監督に 杉並学院・鷹巣南雄(上)1 : 日本経済新聞 2010/11/16付
  7. ^ 「世界の王さんあっての私」: 東洋経済 2009/8/4付

外部リンク[編集]