関東オープンゴルフ選手権競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Golf pictogram.svg関東オープンゴルフ選手権競技
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1950年
ツアー 日本ゴルフツアー
競技方法 ストロークプレー
最終年 1991年
廃止 1999年
Nuvola apps kolf.svg 最終優勝者
日本の旗 佐々木久行
テンプレートを表示

関東オープンゴルフ選手権競技(かんとうオープンゴルフせんしゅけんきょうぎ)は、関東ゴルフ連盟主催、日本プロゴルフ協会公認で1950年から1999年まで開催されていたゴルフトーナメントである。ただし、1992年からは後援競技に格下げとなった。

概要[編集]

1950年に第1回大会が行われ、伝統ある大会として開催されてきたが、1992年に関西オープンと共に、後援競技に格下げとなった[1]。その後も開催されていたが、バブル崩壊の影響なども受け、1999年に廃止となった[1]。なお、一方の関西オープンは現在まで続いており、2009年からツアー競技に復活した。

2010年から競技を復活させるような動きが出たが[1]、2011年現在で関東オープンは復活していない。

歴代優勝者[編集]

開催回 開催年 優勝者名 開催地 開催コース
第1回 1950年 日本の旗 中村寅吉
第2回 1951年
第3回 1952年
第4回 1953年
第5回 1954年
第6回 1955年 日本の旗 林由郎 千葉県 鷹之台カンツリー倶楽部
第7回 1956年 日本の旗 中村寅吉
第8回 1957年
第9回 1958年 神奈川県 相模原ゴルフクラブ
第10回 1959年
第11回 1960年 日本の旗 林由郎
第12回 1961年
第13回 1962年 中華民国の旗 陳清波 千葉県 我孫子ゴルフ倶楽部
第14回 1963年 石井朝夫
第15回 1964年 森泉
第16回 1965年 石井朝夫
第17回 1966年 原孝男
第18回 1967年 日本の旗 河野高明 茨城県 龍ヶ崎カントリー倶楽部
第19回 1968年 中華民国の旗 謝敏男
第20回 1969年 日本の旗 安田春雄
第21回 1970年 謝永郁
第22回 1971年 謝永郁
第23回 1972年 日本の旗 尾崎将司
第24回 1973年 日本の旗 栗原孝 埼玉県 武蔵カントリークラブ 豊岡コース
第25回 1974年 日本の旗 青木功 茨城県 茨城ゴルフ倶楽部 東コース
第26回 1975年 千葉県 姉ヶ崎カントリー倶楽部
第27回 1976年 日本の旗 尾崎将司 埼玉県 嵐山ゴルフ倶楽部
第28回 1977年 静岡県 朝霧ジャンボリーゴルフクラブ
第29回 1978年 日本の旗 金井清一 新潟県 フォレストゴルフクラブ
第30回 1979年 日本の旗 天野勝 群馬県 伊香保カントリークラブ
第31回 1980年 日本の旗 青木功 埼玉県 岡部チサンカントリークラブ 美里コース
第32回 1981年 日本の旗 湯原信光 栃木県 烏山カントリークラブ
第33回 1982年 日本の旗 尾崎将司 静岡県 富士小山カントリークラブ
第34回 1983年 日本の旗 藤木三郎 長野県 穂高カントリークラブ
第35回 1984年 日本の旗 中嶋常幸 茨城県 宍戸国際カントリークラブ
第36回 1985年 日本の旗 金井清一 埼玉県 飯能ゴルフクラブ
第37回 1986年 日本の旗 青木功 茨城県 セントラルゴルフクラブ
第38回 1987年 日本の旗 横島由一 千葉県 総武カントリークラブ 総武コース
第39回 1988年 日本の旗 横山明仁 茨城県 江戸崎カントリー倶楽部
第40回 1989年 日本の旗 水巻善典 埼玉県 日高カントリークラブ
第41回 1990年 日本の旗 川岸良兼 栃木県 東ノ宮カントリー倶楽部
第42回 1991年 日本の旗 金子柱憲 神奈川県 横浜カントリークラブ 西コース
第43回 1992年 日本の旗 白石達哉
第44回 1993年 日本の旗 福沢孝秋
第45回 1994年 日本の旗 佐々木久行
第46回 1995年 日本の旗 羽川豊 千葉県 鷹之台カンツリー倶楽部
第47回 1996年 日本の旗 深堀圭一郎 新潟県 フォレストカントリー倶楽部
第48回 1997年 日本の旗 横山明仁
第49回 1998年
第50回 1999年 日本の旗 佐々木久行 長野県 長野カントリークラブ

出典[編集]

  1. ^ a b c 遼くん人気で関東オープン復活へ”. スポーツニッポン. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2008年4月8日). 2011年9月3日閲覧。