日清ランチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日清ランチ(にっしんランチ)は、1967年(昭和42年)に日清食品から発売された加工米飯。同社のヒット商品であるチキンラーメンの技術を応用し、蒸したで揚げた半調理品である[1][2]

概要[編集]

フライパンで水を沸騰させ、その中で本商品を3分間炒めることでチャーハンチキンライスドライカレーといった米料理ができあがるという、当時としては画期的な商品であった[3]1960年(昭和35年)頃より豊作が続いた一方、日本人の食生活の洋風化が進んだことで余剰米が増え、米の消費喚起の協力を要請されたことが開発の契機の一つであった[1]。発売直前に開催された発表会では報道陣が試食に殺到し、翌日には多くのメディアで報道された。発売時は問屋筋からオーダーが殺到したことで、消費者からの前評判は充分なものであった[1]

しかし前評判に反して、発売後の評判は芳しいものではなかった。調理後の油の切れが悪いために「油っぽい」といわれ、食感も不評であった[2][3]。調理法も難解であり、フライパンを焦げつかせたり材料の分量を誤る消費者も多かった[3]。百貨店やスーパーマーケットでの実演販売では、水加減の難しさ、焦げつかないフライパンの使用を条件としたこと、値段の割に少ない量などの欠点が消費者から指摘されていた[1]。マスメディアでの説明不足から、この商品をチャーハンやチキンライスの素といった添加物と勘違いしている消費者も見受けられた[1]。また、当時の即席食品に対する人々の意識がまだ米にまで進んでおらず、さらには日本には長年にわたって米が食文化として根付いているため、こうした新しい加工品に拒絶反応を示す者も多かったと見られている[3]

日清では「日清ランチ10万人プレゼント」などの販促キャンペーンも行なったが、依然として販売量は伸びなかった。販売量を妨げたのは上記の欠点に加え、米を原料としたことによる割高感であった。日清ランチの価格は60円だが、当時は食パンが40円、インスタントラーメンに至っては特売品が20円で買えた。さらに飯は当然のように一般家庭にあり、チャーハンやチキンライスは残った飯の始末法としてすでに馴染みの料理だったため、同じ値段ならラーメンを買ったほうが得、と判断する消費者が多かったのである[1]

結果として日清食品は時期尚早との結論を下し、本商品は販売中止が決定された[1]。工場が建設予定であった用地は1971年(昭和46年)発売のカップヌードルの専門工場の用地にとって代わられた[3]。また本商品を前身としたカップライスもまた、1975年(昭和50年)の発売から間もなく販売中止になるが、これらの反省点が日清GoFanを経て、2010年平成22年)発売のカップヌードルごはんの成功に結実することとなった[3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『食足世平 日清食品社史』日清食品株式会社社史編纂室編、日清食品、1992年5月、102-104頁。NCID BN0900668X
  2. ^ a b 織井優佳 (2000年9月6日). “1975 カップライス 割高感も”. 朝日新聞 大阪夕刊 (朝日新聞社): p. 3 
  3. ^ a b c d e f 日清食品 1992, p. 198
  4. ^ 井上淳子. “メガブランドのパワーを活かした「カップヌードルごはん」開発秘話”. 立正大学 経営学部. 2015年9月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月22日閲覧。