日清シスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日清シスコ株式会社
Nissin Cisco Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
590-0823
大阪府堺市堺区石津北町80
設立 1948年8月23日
(創業は1924年1月10日
業種 食料品
事業内容 シリアル食品
菓子など
代表者 代表取締役社長 豊留昭浩
資本金 26億円
従業員数 365名
主要株主 日清食品ホールディングス株式会社
関係する人物 播磨伊之助(創業者)
外部リンク http://www.nissin.com/
テンプレートを表示

日清シスコ株式会社(にっしんシスコ)は、大阪府堺市堺区に本社を置く日本菓子メーカーである。 東証一部上場でインスタントラーメン日本国内最大手である[1]日清食品ホールディングス連結子会社となっている[2]

特色[編集]

特にシリアル食品はコーンフレークのシスコーンブランドで有名[3]。東京工場(埼玉県熊谷市)では菓子類の他、グループ会社である日清食品カップ麺の委託製造も行っている(製造所固有記号は「S」)。

  • 以前にはキャラクター商品も出しており、メンコチョコ(円盤状のミルクチョコとメンコが入っていた)などがあったものの、現在はなくなっている。
  • 1991年(平成3年)1月21日に日清食品が株式の60%を取得して資本参加[5]。日清食品グループとなり、シスコから日清シスコに社名変更した。日清食品グループ入り当初は、グループ共通のリップマークを使った「NISSINCISCO」ロゴが用いられていた。その後2002年(平成14年)4月に「Cisco's」ロゴを新たに制定。さらに2013年(平成25年)にシスコーン発売50周年を迎えたことを機に、同年4月からリップマークを使った「NISSIN 日清シスコ」ロゴに再変更された。
  • 「ココナッツサブレ」をサブレの基幹ブランドとしている[6]日清製菓が類似した「バターココナツ」という製品を出しているが、同社とは無関係である。また、ココナッツサブレのほうが早く発売された(ココナッツサブレが1965年(昭和40年)発売、バターココナツは翌年の1966年(昭和41年)発売)。現在ではバター、セサミ、ココア、黒糖、紅茶味の商品をだしている。

沿革[編集]

  • 1924年(大正13年) - 堺市大町東4丁7番地に播磨屋製菓所として創業
  • 1934年(昭和9年) - 堺市安井町27番地に工場増設、チョコレートの製造開始
  • 1948年(昭和23年) - 大阪市阿倍野区阪南町西6丁目において工場新設、ビスケット生産開始 播磨屋製菓株式会社設立
  • 1955年(昭和30年) - 現本社工場所在地、堺市堺区石津北町80において美鷹製菓株式会社設立、ビスケット・チョコレート生産 シスコ製菓株式会社に社名変更
  • 1963年(昭和38年) - 埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市)に東京工場建設
  • 1964年(昭和39年) - シスコ株式会社に社名変更。埼玉県大里郡妻沼町において東京工場稼働
  • 1991年(平成3年)
    • 1月21日 - 日清食品が株式の60%を取得、日清食品グループ入り[5]
    • 日清シスコ株式会社に社名変更
  • 2008年(平成20年)10月1日 - 日清食品グループの持株会社制へ移行し[7]、株主の[5]「日清食品株式会社」が「日清食品ホールディングス株式会社」に社名変更[7]
  • 2014年(平成26年)
    • 10月27日 - 東京本社を東京都台東区に移転[8]
    • 11月4日 - 大阪支店を大阪市淀川区(日清食品ホールディングス大阪本社内)に移転[8]

事業所[編集]

大阪本社(登記上本店)・大阪工場
  • 大阪府堺市堺区石津北町80番地
大阪支店
東京本社・東京支店
東京工場・開発研究所
北海道支店
東北支店
横浜営業所
中部支店
中四国支店
高松営業所
九州支店

主な商品[編集]

シリアル[編集]

ビスケット[編集]

  • ココナッツサブレ[6] - 1965年(昭和40年)から発売開始。
  • バターサブレ[6]
  • セサミサブレ[6]
  • ソルトサブレ - 2013年(平成25年)6月3日から塩辛さをマイルドに変更した新製品を販売開始[10]
  • エースコイン - 1955年(昭和30年)から発売開始。日本最古と言われる硬貨の富本から十銭アルミニウム青銅貨までの主な硬貨や小判と言った古銭の形をしたビスケット。ミルク味。
  • エース家紋~戦国時代編~
    • エースコインの姉妹品。2011年(平成23年)1月から発売開始。戦国時代から代々伝わる家紋の形をしたビスケット。当初はしるこ味だったが2013年(平成25年)4月のリニューアルよりココア味に変更となった。
  • ロンガーシリーズ[4]
  • 香ばしく焼き上げたシリーズ
  • パティシエのこだわり[4]
  • しっとりケーキシリーズ[4]
  • 贅沢素材 北海道バタークッキー
  • トミカビスケット - トミカのイラストがプリントされた男児向けビスケット。

チョコレート菓子[編集]

キャラクター[編集]

シリアル「シスコーン」のマスコットキャラクター。

  • シスコン坊や」(初代。「シスコーン坊や」と表記されることも[11]
    • 1963年(昭和38年)登場。インディアン姿の少年。藤子不二雄原作の漫画「シスコン王子」は、このキャラクターを主人公にした作品である。
  • シスコーン坊や
  • シスコーン坊や
    • 2011年(平成23年)3月登場。新キャラクターとして「ミックスフルーツ君」が追加された[13]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “胃心伝真=戦略の要は海外に”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年11月25日)
  2. ^ “日清食品ホールディングス、ぼんちと資本業務提携 菓子事業展開を加速”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2014年2月7日)
  3. ^ a b c d e “シリアル食品特集:メーカー動向=日清シスコ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年3月11日)
  4. ^ a b c d “ビスケット特集:主要メーカー動向=日清シスコ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年11月20日)
  5. ^ a b c “本紙創刊70周年記念特集:食品業界年表 「日本食糧新聞」食品業界と共に歩んだ70年(4)”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2012年6月30日)
  6. ^ a b c d “ビスケット特集:主要メーカー動向=日清シスコ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2014年11月17日)
  7. ^ a b “日清食品、本社機能を東京に移転 持株会社への移行に伴い商号変更”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2008年3月7日)
  8. ^ a b c d “日清シスコ、東京本社・大阪支店を移転”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2014年10月27日)
  9. ^ a b “シリアル食品特集:メーカー動向=日清シスコ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2012年3月14日)
  10. ^ “「 ソルト サブレ」発売(日清シスコ)”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年6月17日)
  11. ^ 2007 お菓子メーカー名鑑 (PDF) 、首都圏お菓子ホールセラーズ、2007年、5頁。
  12. ^ 日清シスコ、シスコーン坊や復活タオルポンチョプレゼントキャンペーン日本食糧新聞、1996年7月12日、8面。
  13. ^ 期間限定「シスコーンBIG ミックスフルーツ味」2011年3月7日(月) 全国発売、日清シスコ、2011年2月21日。
  14. ^ ココナッツサブレ「ココ夏三郎炎のプロレス挑戦日記」|日清シスコ株式会社
  15. ^ 「ココ夏三郎」が全日本プロレスに入団決定!! 全日本プロレス公式サイト
  16. ^ なお、フジテレビ系で放送されていたシスコ一社提供の子供向けテレビ映画『進めシスコン』で元々、日米合作作品『ピノキオの冒険』を30分放送していたが、『シスコン王子』の開始と同時に『ピノキオ』を15分に縮小し、『ピノキオ』と『王子』の2本立て放送に変更した(コンプレックス枠)。
  17. ^ それまでの『シスコン王子』を引き継ぐかたちで開始。渋谷天外藤山寛美松竹新喜劇が主催していた(渋谷は「舘直志」名義で脚本と演出も担当)。なお途中から『ついてこい! 藤吉』と改題したが、シスコは提供したかは不明。

外部リンク[編集]