マンガノゲンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マンガノゲンバ』は、NHK衛星第2テレビジョン(BS2)で2006年4月4日から2010年3月22日まで毎週放送されていた、漫画を主題としたテレビ番組である。「いまこのマンガが面白い」、「このマンガ家に注目せよ!」をコンセプトに、注目の漫画作品や漫画家を取り上げ、その魅力を紹介していた。

放送時間[編集]

パイロット[編集]

レギュラー[編集]

  • 2006年4月 - 12月:火曜 23:30 - 24:00(BS2)、金曜(BShi)
  • 2007年1月 - 2009年3月:火曜 24:00 - 24:39(BS2)、水曜 18:00 - 18:39(BShi)
  • 2009年4月 - :日曜 24:20 - 24:59(BS2)、金曜 24:50 - 25:29(BShi)

番組構成[編集]

読み手ノゲンバ
各界で活躍している「練達のマンガ読み」がレビュアー(紹介者)として登場し、レビュアーの「個人的イチ押し」の作品を紹介していた。
M's Cafe
豊岡メインのコーナー。豊岡がゲストの好きなマンガを紹介し、天野とゲストと共にトークを展開。
作者ノゲンバ
注目を集めている「旬のマンガ家」に密着取材し、インタビューなどを行っていた。
My M's Cafe
視聴者が思い入れのあるマンガ作品を1分間で紹介していた。

出演者[編集]

司会[編集]

アシスタント[編集]

「読み手ノゲンバ」の主なレビュアー[編集]

ナレーション[編集]

ナレーションの担当声優が漫画の登場人物のセリフを言うこともあった。

ほか

過去の出演者[編集]

司会
アシスタント

作者のゲンバ出演者[編集]

やらせ取材事件[編集]

特撮番組の舞台裏を描くギャグマンガヌイグルメン!』を連載中の漫画家・唐沢なをきが番組取材を受けたが、「唐沢なをきは特撮番組の舞台裏を描きたくて漫画家になった」という筋書きの誘導尋問的なインタビューが番組ディレクターの指示の下で行われた(唐沢は20年以上のキャリアがある漫画家で、『ヌイグルメン!』は多数の作品の1つでしかない)。

また、番組の演出を優先した作品内容への干渉[注 1]が撮影の当日になって何の相談もなしに要請されるなど、唐沢夫妻が番組の取材態度を不快に感じる言動が相次ぎ、結果放送中止になる事件が起きた。

その顛末は、唐沢の妻であるエッセイスト唐沢よしこによって「からまんブログ」に掲載された[1]。なお、唐沢夫妻側は番組を成立させるための「やらせ演出)」自体は否定していないが、それを出演者と相談もせずに一方的に強要することを問題としている。

この時の取材体験をネタにした「とても現実に近いフィクション[注 2]」が、唐沢の連作短編ギャグ漫画『まんが極道』の1話として「コミックビーム」2009年10月号に掲載され、「『絶対に放送されたくない!』と思わせる決定的な誘導尋問[注 3]」がオチとして使用されている。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 「撮影中にネタを考えて、番組で思いついたネタでマンガを描いて欲しい」、「これから撮影する特撮出演者へのインタビューがきっかけで主人公が成長する展開にして欲しい」。
  2. ^ ブログでの表現。
  3. ^ そんなに特撮の舞台裏が好きなのになぜ特撮の仕事につくことを目指さず、マンガ家になったのか?」という質問。唐沢の答えは「マンガのほうが好きだから」というものだったが、ディレクターは納得しなかったという[2]
出典

外部リンク[編集]