加藤タキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 タキ(かとう たき、1945年3月30日[1] - )は、日本のコーディネーター。難民を助ける会副理事長[2]文化放送番組審議会の副委員長[3]

本名は、黒川多喜子[4]。(株)タキ・オフィス代表取締役[1]。父は元国会議員加藤勘十[4]、母は社会運動家で元国会議員の加藤シヅエ[4]、夫は建築家の黒川雅之[4]

経歴・人物[編集]

1945年に、東京都で生まれる[5]。父53歳、母48歳のときの子供で、両親ともに社会活動家で、再婚同士だった[6]

小中高は森村学園で過ごす[7]。中学1年、3年次に母の会議についていく形で渡米し、ホームステイも経験。森村学園高等部を卒業後、一度は日本の大学に入学したが、英語を完全にマスターしようと決意し、アメリカオレゴン州にあるポートランド大学へ留学し、卒業[5][6]

帰国後、雑誌ニューズウィーク」や「タイム・ライフ」の東京支局に2年間勤務し退職。モンキーズが初来日したときに通訳をつとめ、コーディネーターとして活躍するきっかけをつかみ、青山音楽事務所役員を経て1975年コーディネーターとして独立[5]

1990年代以降はテレビコメンテーターや講演活動などをしている[5]また、日本新党では広報委員長を務めた[要出典][8]。2002年、「21世紀を対話と和解の世紀にするために~一人ひとりが変化をもたらすイニシエーターとなろう~」というテーマで東京で開かれた日本道徳再武装のシンポジウムをコーディネートした[9]

1971年テレビCMのコーディネート以来、オードリー・ヘプバーンとの交流があった[10][6]。また、文化放送番組審議会の委員を務めている[11]

20代で音楽事務所の社長と結婚するも離婚。37歳のときに再婚し42歳で長男を出産[12][6]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

作品[編集]

著作[編集]

  • 「タキの納得人生」(1981年文化出版局
  • 「愛・仕事・子育て すべてが生活」加藤シヅエと共著(1989年大和書房
  • 「働く女性のハイセンス・マナー」(1989年、大和書房)
  • 「もっと素敵な自分になる本」(1994年、大和書房)
  • 「33歳」(1995年ゲイン出版
  • 「10歳の輝き、100歳の青春」福原義春と共著(1996年求龍堂
  • 「おとなの女になるための55章」(1996年、大和書房)
  • 「四十歳からをどう愉しんで生きるか」(1997年海竜社
  • 「加藤タキ タキの納得人生」(2000年、日本図書センター)
  • 「加藤シヅエ104歳の人生」加藤シヅエと共著(2002年、大和書房)
  • 「加藤シヅエ凛として生きる」加藤シヅエと共著(2002年、大和書房)
  • 「素敵な女性になる!」(2005年、大和書房)
  • 「50歳からの自分磨き―美しく年齢を重ねる40のレッスン」(2010年、大和書房)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 熱中世代 大人のランキング 2013年10月14日放送 BS朝日
  2. ^ 組織概要
  3. ^ 第409回 文化放送番組審議会 平成26年 7月18日
  4. ^ a b c d 知事対談 新たな男女のパートナーシップに向けて 島根県
  5. ^ a b c d 愛と勇気と感動と ロータリー文庫通信 257号 2008年
  6. ^ a b c d Ms Wendy|分譲マンションと生活に関する情報 Wendy-Net 311号 注目の人 コーディネーター/加藤 タキさん”. www.wendy-net.com. 2020年12月18日閲覧。
  7. ^ 人間の記録125 加藤タキ | 日本図書センター”. www.nihontosho.co.jp. 2020年12月18日閲覧。
  8. ^ Company, The Asahi Shimbun. “「女が政治?とんでもない」から転換めざし25年 - 円より子|論座 - 朝日新聞社の言論サイト” (日本語). 論座(RONZA). 2020年12月18日閲覧。
  9. ^ 国際IC日本協会 ICの歴史(詳細)
  10. ^ 1972年とされることもあるが、実際の撮影は1971年5月で、1971年発行の雑誌「スクリーン」各号、「週刊文春」1971年7月12日号、「non・no」1971年7月20日号などで既に紹介されている。TVCM自体は1971年〜1972年にかけて放送された。
  11. ^ 文化放送 番組審議会 第394回文化放送番組審議会 2013年1月22日
  12. ^ 加藤 タキからのメッセージ NPO法人 ひまわりの会”. www.npohimawari.or.jp. 2020年12月18日閲覧。