加藤タキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 タキ(かとう たき、1945年3月30日[1] - )は、日本のコーディネーター。難民を助ける会副理事長[2]文化放送番組審議会の副委員長[3]

本名は、黒川多喜子[4]。(株)タキ・オフィス代表取締役[1]。父は元国会議員加藤勘十[4]、母は社会運動家で元国会議員の加藤シヅエ[4]、夫は建築家の黒川雅之[4]

経歴・人物[編集]

1945年に、東京都で生まれる[5]

アメリカオレゴン州にあるマルトノマ大学ジュニアカレッジを卒業[5]

帰国後、雑誌ニューズウィーク」や「タイム・ライフ」の東京支局に勤めた後、1975年コーディネーターとして独立[5]

1990年代以降はテレビコメンテーターや講演活動などをしている[5]また、日本新党では広報委員長を務めた[要出典]。2002年、「21世紀を対話と和解の世紀にするために~一人ひとりが変化をもたらすイニシエーターとなろう~」というテーマで東京で開かれた日本道徳再武装のシンポジウムをコーディネートした[6]

1972年テレビCMのコーディネート以来、オードリー・ヘプバーンとの交流があった[7]

また、文化放送番組審議会の委員を務めている[8]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

作品[編集]

著作[編集]

  • 「タキの納得人生」(1981年文化出版局
  • 「愛・仕事・子育て すべてが生活」加藤シヅエと共著(1989年大和書房
  • 「働く女性のハイセンス・マナー」(1989年、大和書房)
  • 「もっと素敵な自分になる本」(1994年、大和書房)
  • 「33歳」(1995年ゲイン出版
  • 「10歳の輝き、100歳の青春」福原義春と共著(1996年求龍堂
  • 「おとなの女になるための55章」(1996年、大和書房)
  • 「四十歳からをどう愉しんで生きるか」(1997年海竜社
  • 「加藤タキ タキの納得人生」(2000年、日本図書センター)
  • 「加藤シヅエ104歳の人生」加藤シヅエと共著(2002年、大和書房)
  • 「加藤シヅエ凛として生きる」加藤シヅエと共著(2002年、大和書房)
  • 「素敵な女性になる!」(2005年、大和書房)
  • 「50歳からの自分磨き―美しく年齢を重ねる40のレッスン」(2010年、大和書房)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 熱中世代 大人のランキング 2013年10月14日放送 BS朝日
  2. ^ 組織概要
  3. ^ 第409回 文化放送番組審議会 平成26年 7月18日
  4. ^ a b c d 知事対談 新たな男女のパートナーシップに向けて 島根県
  5. ^ a b c d 愛と勇気と感動と ロータリー文庫通信 257号 2008年
  6. ^ 国際IC日本協会 ICの歴史(詳細)
  7. ^ オードリー・ヘプバーンさんの素顔 〜私が彼女から学んだこと〜』 2012年10月01日
  8. ^ 文化放送 番組審議会 第394回文化放送番組審議会 2013年1月22日