国会法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国会法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和22年4月30日法律第79号
効力 現行法
種類 憲法附属法
主な内容 国会の組織・運営
関連法令 日本国憲法公職選挙法、裁判官弾劾法など
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

国会法(こっかいほう、昭和22年4月30日法律第79号)は、日本国会弾劾裁判所国立国会図書館議院法制局の組織・権能・運営等について規定した日本の法律である。

大日本帝国憲法での議院法に代わるものとして、日本国憲法とともに施行された。

沿革[編集]

  • 1946年(昭和21年)
    • 12月18日 - 衆議院議員大野伴睦ほか19名が「国会法案」を第91回帝国議会(衆議院)に提出
    • 12月20日 - 衆議院国会法案委員会で可決(全会一致
    • 12月21日 - 衆議院本会議で可決(全会一致)、貴族院へ送付
    • 12月26日 - 貴族院国会法案特別委員会で審査未了、廃案
  • 1947年(昭和22年)
    • 2月3日 - 衆議院議員大野伴睦ほか19名が「国会法案」を第92回帝国議会(衆議院)に提出
    • 2月21日 - 衆議院本会議で委員会付託を省略して可決(全会一致)、貴族院へ送付
    • 3月18日 - 貴族院国会法案特別委員会及び同本会議で修正議決(ともに全会一致)、衆議院へ回付
    • 3月19日 - 衆議院本会議で貴族院回付案に同意(全会一致)、奏上
    • 4月30日 - 公布
    • 5月3日 - 施行

構成[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]