平成三強

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平成三強(へいせいさんきょう)とは、平成初頭に中央競馬で活躍した3頭のサラブレッド競走馬(オグリキャップスーパークリークイナリワン)の総称である。とくに1989年(平成元年)には、中央競馬におけるGI戦線の中心となった。

イナリワンとオグリキャップはそれぞれ1989年(平成元年)度と1990年(平成2年)度のJRA賞年度代表馬に選出され、さらにオグリキャップは日本中央競馬会(JRA)の顕彰馬に選出された。

また、武豊は3頭全てに騎乗しており、それぞれでGIに勝利している。

1993年(平成5年)、牡馬クラシック路線で三冠を分け合ったビワハヤヒデウイニングチケットナリタタイシンを指して「(新・)平成三強」と呼ぶこともあった。但しオグリキャップ、スーパークリーク、イナリワンはGIを3勝以上しており、こちらの平成三強のうちウイニングチケットとナリタタイシンはGIを1勝しかしていない。

平成三強が戦った主なレース[編集]

1988年昭和63年)
オグリキャップとスーパークリークが出走。オグリキャップが1着となり、GI初制覇を飾った。スーパークリークは進路妨害のため失格。
1989年平成元年)
オグリキャップとイナリワンが出走。両馬がハナ差の大接戦を繰り広げオグリキャップが1着、イナリワンは2着。1989年(平成元年)の中央競馬におけるベストレースの1つとされる。
3頭が揃って出走し、スーパークリークが優勝。オグリキャップは2着、イナリワンは6着。
3頭が揃って出走。オグリキャップはホーリックスとの接戦の末に2着。スーパークリークは4着、イナリワンは11着。
3頭が揃って出走。イナリワンとスーパークリークによるハナ差の接戦の結果イナリワンが1着となり、1989年(平成元年)度のJRA賞年度代表馬選出を決定付けた。スーパークリークは2着、オグリキャップは5着。
1990年(平成2年)
  • 天皇賞(春)
スーパークリークとイナリワンが出走し、スーパークリークが優勝。イナリワンは2着。
オグリキャップとイナリワンが出走しオグリキャップは2着、イナリワンは4着。スーパークリークはレース直前に体調不安を理由に出走を回避した。ちなみに1着はオサイチジョージであった。

平成三強の引退後[編集]

1991年(平成3年)から揃って種牡馬となり、特にオグリキャップは初年度産駒の第1子(後のオグリワン)の誕生時の映像がニュースに流れるなど、産駒の動向も注目を集めた。しかし、三強のいずれも中央競馬での重賞勝ち馬を出しておらず、重賞での連対馬や地方競馬の重賞勝ち馬を数頭出すにとどまった。そして2010年(平成22年)にオグリキャップとスーパークリークは共にこの世を去った。同じ年に種牡馬デビューしたサンデーサイレンスの血脈の隆盛とは対照的な結果となっている。

関連項目[編集]