ミッキークイーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミッキークイーン
Mikki-Queen IMG 3070 R 20150412.JPG
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2012年2月8日
死没 (存命)
抹消日 2018年1月31日[1]
ディープインパクト
ミュージカルウェイ
母の父 Gold Away
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 野田みづき
調教師 池江泰寿栗東
競走成績
生涯成績 17戦5勝
獲得賞金 5億1131万0000円
勝ち鞍 GI優駿牝馬2015年
GI秋華賞(2015年)
GII阪神牝馬ステークス2017年
テンプレートを表示

ミッキークイーンは日本の競走馬。2015年の優駿牝馬秋華賞に優勝した。

経歴[編集]

2014年[編集]

デビュー戦は12月7日阪神競馬場芝1400m戦で1番人気に推されるも出遅れてしまい、2着だった。2戦目は阪神の未勝利戦に出走。2着に2馬身差をつけて初勝利。

2015年[編集]

クイーンカップでは最後方から追い込んだが、キャットコインをクビ差とらえきれず2着[2]桜花賞では3分の2の抽選を外し除外された[3]忘れな草賞に優勝して賞金を加算し、優駿牝馬へ出走。中団から末脚を伸ばし、前を行くルージュバックを差し切って優勝、GI初優勝となった[4]

秋はローズステークス2着から秋華賞へ出走。好スタートから中団につけ最後の直線で馬群を抜け出し、後方から追い込んできたクイーンズリングをクビ差おさえてレースレコードで優勝、二冠を達成した[5]。次走にはレース間隔が開くことと、53kgの斤量で出走できることを理由にジャパンカップを選択[6]。3番人気に支持されたが、不利が響いて8着に敗れた[7]。GI2勝が評価され、この年のJRA賞最優秀3歳牝馬を受賞した[8]

2016年[編集]

4月の阪神牝馬ステークスから始動。主戦騎手の浜中俊落馬負傷により休養中のためクリストフ・ルメールに乗り替わり[9]、逃げたスマートレイアーをクビ差とらえきれず2着に敗れた[10]。浜中が復帰したヴィクトリアマイルでは勝ったストレイトガールから2馬身半差の2着[11]。その後左前脚靱帯炎を発症し[12]、出走予定だった宝塚記念を回避、休養に入った[13]。復帰予定の京都大賞典を捻挫により回避[14]。6か月ぶりの出走となったエリザベス女王杯は3着、有馬記念は5着に敗れた。

2017年[編集]

初戦の阪神牝馬ステークスで秋華賞以来となる重賞3勝目を挙げたが[15]、ヴィクトリアマイルでは残り300mの地点でもう余力をなくしており、7着に敗れた[12]。紅一点となった宝塚記念では復調し3着。夏に靱帯炎が再発し[16]、2年連続の長期休養明けとなったエリザベス女王杯では出走メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒7の末脚を見せたものの、かわしきれずタイム差なしの3着に敗れた[17]。続く有馬記念11着を最後に、2018年1月31日付で競走馬登録を抹消、ノーザンファーム繁殖牝馬となった[1]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2014.12.07 阪神 2歳新馬 芝1400m(良) 17 1 2 001.40(1人) 02着 01:23.3(33.7) -0.1 浜中俊 54kg ジルダ
0000.12.21 阪神 2歳未勝利 芝1600m(重) 18 6 12 002.10(1人) 01着 01:37.1(36.1) -0.3 浜中俊 54kg (グランディフローラ)
2015.02.14 東京 クイーンC GIII 芝1600m(良) 16 7 14 008.50(3人) 02着 01:34.0(33.8) -0.0 浜中俊 54kg キャットコイン
0000.04.12 阪神 忘れな草賞 OP 芝2000m(良) 12 6 7 002.10(1人) 01着 02:03.5(34.0) -0.1 浜中俊 54kg (ロカ)
0000.05.24 東京 優駿牝馬 GI 芝2400m(良) 17 5 10 006.80(3人) 01着 02:25.0(34.0) -0.1 浜中俊 55kg ルージュバック
0000.09.20 阪神 ローズS GII 芝1800m(良) 17 4 8 002.60(1人) 02着 01:45.4(33.8) -0.2 浜中俊 55kg タッチングスピーチ
0000.10.18 京都 秋華賞 GI 芝2000m(良) 18 8 18 003.00(1人) 01着 01:56.9(34.6) -0.0 浜中俊 55kg クイーンズリング
0000.11.29 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 18 6 11 005.00(3人) 08着 02:25.0(34.2) -0.3 浜中俊 53kg ショウナンパンドラ
2016.04.09 阪神 阪神牝馬S GII 芝1600m(良) 13 5 6 002.40(1人) 02着 01:33.1(34.2) -0.0 C.ルメール 56kg スマートレイアー
0000.05.15 東京 ヴィクトリアマイル GI 芝1600m(良) 18 5 10 003.40(1人) 02着 01:31.9(33.6) -0.4 浜中俊 55kg ストレイトガール
0000.11.13 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 15 1 1 003.60(2人) 03着 02:13.1(33.6) -0.2 浜中俊 56kg クイーンズリング
0000.12.25 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 4 8 021.90(7人) 05着 02:33.0(35.8) -0.4 浜中俊 55kg サトノダイヤモンド
2017.04.08 阪神 阪神牝馬S GII 芝1600m(重) 16 3 6 002.20(1人) 01着 01:34.3(34.0) -0.3 浜中俊 55kg アドマイヤリード
0000.05.14 東京 ヴィクトリアマイル GI 芝1600m(稍) 17 6 11 001.90(1人) 07着 01:34.4(33.8) -0.5 浜中俊 55kg アドマイヤリード
0000.06.25 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 11 7 8 010.40(4人) 03着 02:11.7(35.5) -0.3 浜中俊 56kg サトノクラウン
0000.11.12 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 18 5 10 007.20(3人) 03着 02:14.3(33.7) -0.0 浜中俊 56kg モズカッチャン
0000.12.24 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 7 13 019.60(5人) 11着 02:34.5(35.1) -0.9 浜中俊 55kg キタサンブラック

血統表[編集]

ミッキークイーン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo
1969
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
1975
Understanding
Mountain Flower
父の母
ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao
1980
Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere
1977
Busted
Highclere

ミュージカルウェイ
Musical Way
2002 栗毛
Gold Away
1995 栗毛
Goldneyev
1986
Nureyev
Gold River
Blushing Away
1987
Blushing Groom
スイートリベンジ
母の母
Mulika
1987
Procida
1981
Mr. Prospector
With Distinction
Gazelle
1981
Icecapade
Dols Jaminque
母系(F-No.) 2号族(FN:2-s) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ミッキークイーン 5代血統表2017年9月13日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ミッキークイーン 5代血統表2017年9月13日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ミッキークイーン 5代血統表2017年9月13日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ ミッキークイーン 5代血統表2017年9月13日閲覧。


脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b ミッキークイーン号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2018年2月1日閲覧
  2. ^ キャットコインが無傷の3連勝で重賞初V!/クイーンC”. netkeiba.com (2015年2月14日). 2018年3月27日閲覧。
  3. ^ 【桜花賞】アースライズ&ローデッド抽選突破、ミッキーが除外”. スポーツニッポン (2015年4月10日). 2018年3月27日閲覧。
  4. ^ 【オークス】ミッキー、正真正銘クイーン!桜花賞除外の無念晴らした”. スポーツニッポン (2015年5月25日). 2018年3月27日閲覧。
  5. ^ 【秋華賞】ミッキークイーン牝馬2冠に浜中「感謝の気持ちでいっぱい」”. スポーツニッポン (2015年10月18日). 2018年3月27日閲覧。
  6. ^ ミッキークイーン、JC参戦!池江師「53キロで走れる」”. スポーツニッポン (2015年11月1日). 2018年3月27日閲覧。
  7. ^ 【ジャパンC】3番人気ミッキークイーン 不利響き8着…”. スポーツニッポン (2015年11月30日). 2018年3月27日閲覧。
  8. ^ 「2015年度JRA賞」が決定。年度代表馬はモーリス!”. ラジオNIKKEI (2016年1月6日). 2018年3月27日閲覧。
  9. ^ ミッキークイーン、始動戦阪神牝馬Sはルメールと新コンビ”. スポーツニッポン (2016年3月11日). 2018年3月27日閲覧。
  10. ^ スマートレイアーが押し切り重賞連勝!/阪神牝馬S”. netkeiba.com (2016年4月9日). 2018年3月27日閲覧。
  11. ^ 【ヴィクトリアM】クイーン2着 レース運び完璧も勝ち馬に脱帽”. スポーツニッポン (2016年5月16日). 2018年3月27日閲覧。
  12. ^ a b 【ヴィクトリアM】ミッキークイーン魔さか7着 残り300メートルで余力なし”. デイリースポーツ (2017年5月15日). 2018年3月27日閲覧。
  13. ^ 【宝塚記念】ミッキークイーンが回避”. デイリースポーツ (2016年6月8日). 2018年3月27日閲覧。
  14. ^ 【エ女王杯】池江師4週連続重賞Vへ!ミッキークイーン充実一途”. スポーツニッポン (2016年11月8日). 2018年3月27日閲覧。
  15. ^ 【阪神牝馬S】女王完全復活!ミッキークイーンが重賞3勝目”. スポーツニッポン (2017年4月9日). 2018年3月27日閲覧。
  16. ^ ミッキークイーンが脚部不安再発、秋のローテは白紙に”. netkeiba.com (2017年8月3日). 2018年3月27日閲覧。
  17. ^ 【エ女王杯】ミッキークイーン2年連続3着 最速の上がり繰り出すも及ばず”. デイリースポーツ (2017年11月13日). 2018年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]