サンテミリオン (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンテミリオン
Saint-Emillion(horse)20101017.jpg
欧字表記 Saint Emilion
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2007年1月30日(10歳)
登録日 2009年12月10日
抹消日 2013年1月22日
ゼンノロブロイ
モテック
母の父 ラストタイクーン
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 吉田照哉
調教師 古賀慎明美浦
調教助手 大西貴久
厩務員 大西貴久
競走成績
生涯成績 18戦4勝
獲得賞金 1億7674万1000円
勝ち鞍 GI優駿牝馬(2010年)
GIIフローラステークス(2010年)
テンプレートを表示

サンテミリオンSaint-Emilion)とは日本競走馬である。おもな勝ち鞍は2010年優駿牝馬。馬名はフランス有数のワインの産地、世界遺産であるサン=テミリオン地域に由来する。

戦績[編集]

2010年1月5日中山競馬場新馬戦芝2000mでデビュー。1番人気に応えて初戦を勝利した。2戦目は1月24日の500万下の若竹賞でここでも3番人気だったが、直線抜け出して2勝目をあげた。3戦目で初の重賞挑戦となったフラワーカップは、後ろからの競走となってしまい3着となった。陣営は桜花賞への出走を選ばず、優駿牝馬(オークス)を目標にしたローテーションを組んだ。そして4月25日フローラステークスでは1番人気に応えて重賞初制覇となった。

5月23日、雨の中で施行された優駿牝馬では、8枠18番という外枠での発走から中団後方を追走し、最終直線残り1ハロンあたりからアパパネとの叩き合いになり、そのまま並んで2頭がゴール板を駆け抜けた。15分近い写真判定の結果、アパパネと1着同着となった(JRA主催GIでは史上初)。この結果、鞍上の横山典弘に初の優駿牝馬優勝を、調教師の古賀慎明には初のGI制覇をもたらした。そしてゼンノロブロイ産駒にとっても初のGI優勝となった。詳細は第71回優駿牝馬を参照のこと。

秋はトライアルレースを使わずに秋華賞に直行することとなった。それまで主戦を務めていた横山典弘が落馬負傷したため藤岡佑介に乗り替わりとなったが、迎えた本番ではゲート内で扉に顔をぶつけスタートで出遅れるというアクシデントに見舞われ、また頭をぶつけた際に口を切り出血していた為ハミを取ることが出来ず、終始最後方のまま6馬身の大差しんがり18着に大敗した。エリザベス女王杯では主戦の横山が武蔵野ステークスでユノゾフィーに騎乗するため、ミルコ・デムーロを鞍上に迎えたが、中団追走も直線で伸びを欠いて9着に敗れた。

2011年クイーンステークスで始動、中団追走も直線で全く伸びず最下位14着。府中牝馬ステークスでは中団後方を追走するも11着に敗れた。エリザベス女王杯では終始後方のまましんがり18着に大敗した。

2012年アメリカジョッキークラブカップで始動、好位から脚を伸ばして4着となった。ダイヤモンドステークスでは中団追走も直線で全く伸びず12着に大敗。日経賞は先団追走も直線で伸びを欠いて6着、目黒記念は最下位18着に敗れた。夏は休養し、この年はあと3走したがいずれも着外に終わった。2013年1月のアメリカジョッキークラブカップ11着を最後に現役を引退、社台ファーム繁殖牝馬となる[1]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2010.01.05 中山 3歳新馬 芝2000m(良) 14 4 5 003.6(01人) 01着 2:06.1(35.2) -0.2 内田博幸 54kg クォークスター
0000.01.24 中山 若竹賞 芝1800m(良) 9 7 7 004.5(03人) 01着 1:51.2(34.6) -0.4 横山典弘 54kg (バシレウス)
0000.03.20 中山 フラワーC GIII 芝1800m(良) 16 5 9 001.6(01人) 03着 1:50.7(34.8) -0.4 横山典弘 54kg オウケンサクラ
0000.04.25 東京 フローラS GII 芝2000m(良) 15 8 15 001.9(01人) 01着 2:00.2(34.6) -0.2 横山典弘 54kg (アグネスワルツ)
0000.05.23 東京 優駿牝馬 GI 芝2400m(稍) 18 8 18 008.5(05人) 01着 2:29.9(35.3) 同着 横山典弘 55kg アパパネ
0000.10.17 京都 秋華賞 GI 芝2000m(良) 18 3 5 007.9(03人) 18着 2:00.7(35.6) -2.3 藤岡佑介 55kg アパパネ
0000.11.14 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 17 4 7 012.7(05人) 09着 2:14.0(35.4) -1.5 M.デムーロ 54kg スノーフェアリー
2011.08.14 札幌 クイーンS GIII 芝1800m(良) 14 7 12 024.9(07人) 14着 1:48.4(37.1) -1.8 藤岡佑介 55kg アヴェンチュラ
0000.10.16 東京 府中牝馬S GII 芝1800m(稍) 16 6 11 040.4(09人) 11着 1:47.5(34.6) -0.7 三浦皇成 56kg イタリアンレッド
0000.11.13 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 18 3 6 085.7(12人) 18着 2:14.0(35.6) -2.4 M.デムーロ 56kg スノーフェアリー
2012.01.22 中山 AJCC GII 芝2200m(不) 11 8 11 114.5(09人) 04着 2:18.5(37.4) -1.2 北村宏司 54kg ルーラーシップ
0000.02.18 東京 ダイヤモンドS GIII 芝3400m(良) 16 7 13 033.9(11人) 12着 3:38.0(35.8) -1.2 北村宏司 54kg ケイアイドウソジン
0000.03.24 中山 日経賞 GII 芝2500m(重) 14 1 1 094.1(10人) 06着 2:38.7(37.1) -1.3 北村宏司 54kg ネコパンチ
0000.05.27 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 18 6 11 042.8(09人) 18着 2:33.7(37.4) -3.1 北村宏司 54kg スマートロビン
0000.09.23 中山 オールカマー GII 芝2200m(重) 16 5 10 101.8(13人) 07着 2:16.3(36.3) -0.8 三浦皇成 54kg ナカヤマナイト
0000.11.18 福島 福島記念 GIII 芝2000m(稍) 16 2 3 022.5(12人) 08着 2:00.4(35.5) -0.9 藤岡佑介 54kg ダイワファルコン
0000.12.15 中京 愛知杯 GIII 芝2000m(稍) 18 1 1 046.4(15人) 18着 2:05.3(36.0) -1.7 丸山元気 54kg エーシンメンフィス
2013.01.20 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 12 8 12 116.8(10人) 11着 2:15.7(38.3) -2.6 北村宏司 54kg ダノンバラード

血統表[編集]

サンテミリオン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系サンデーサイレンス系
[§ 2]

ゼンノロブロイ
2000 黒鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ローミンレイチェル
Roamin Rachel
1990 鹿毛
*マイニング Mr. Prospector
I Pass
One Smart Lady Clever Trick
Pia's Lady

*モテック
Moteck
1995 黒鹿毛
*ラストタイクーン
Last Tycoon
1983 鹿毛
*トライマイベスト Northern Dancer
Sex Appeal
Mill Princess Mill Reef
Irish Lass
母の母
Sudaka
1986 黒鹿毛
Garde Royale Mill Reef
Royal Way
Didia Clara Sea Break
Patria F-No.16-g
母系(F-No.) 16号族(FN:16-g) [§ 3]
5代内の近親交配 Mill Reef 12.50% 4x4、Buckpasser 6.25% 5x5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ サンテミリオン 5代血統表2017年8月31日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com サンテミリオン 5代血統表2017年8月31日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ サンテミリオン 5代血統表2017年8月31日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com サンテミリオン 5代血統表2017年8月31日閲覧。

母はフランスの重賞フロール賞勝ち馬。祖母も重賞クレオパトル賞勝ち馬である。

スポーツ紙等での略称[編集]

前述の通り、馬名の由来はサン=テミリオンなのだが、スポーツ紙等で略称で表示する際に「サンテ」あるいは「ミリオン」と、由来の言葉とは違うところで区切った略し方で表示されることが多い。

脚注[編集]

  1. ^ サンテミリオン号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2013年1月25日). 2013年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]