シーザリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シーザリオ
Requestpicture.JPG
品種 サラブレッド
性別
毛色 青毛
生誕 2002年3月31日(15歳)
スペシャルウィーク
キロフプリミエール
母の父 Sadler's Wells
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 (有)キャロットファーム
調教師 角居勝彦栗東
競走成績
生涯成績 6戦5勝
(内訳)
5戦4勝(中央競馬
1戦1勝(アメリカ)
獲得賞金 2億2829万6000
+45万ドル
勝ち鞍 GI優駿牝馬(2005年)
アメリカンオークスステークス(2005年)
GIIIフラワーカップ(2005年)
テンプレートを表示

シーザリオ英語: Cesario香港表記西沙里奧)は、日本生まれの父内国産馬の元競走馬で、現在は繁殖牝馬である。現役時代には2005年優駿牝馬(オークス)アメリカンオークスに優勝した。馬名の由来はシェークスピアの代表作である「十二夜」でヒロインのヴァイオラが男装する際に用いた名前であり、より現地語に倣った正確な表音をすると「シザーリオ」となる。

戦績[編集]

2004年12月25日阪神競馬第6競走でデビュー。1600mを1分36秒7で走り先頭でゴール。この時上がり3ハロンで34秒6をマークしたものの目立った勝ちっぷりではなかった。翌2005年1月9日に行われた寒竹賞(中山競馬9競走・500万円以下)は4番人気の評価だったが2分1秒6のタイムで快勝。この時2着アドマイヤフジ(後に皐月賞5着、日本ダービー4着、中山金杯優勝)、4着ダンスインザモア(後にスプリングステークス福島記念優勝)と高レベルの争いを制し、一躍名前を広げた。

3戦目は重賞フラワーカップ3月19日中山競馬11競走)。単勝1.4倍と圧倒的な支持を得て2着スルーレートに2馬身半差の快勝。次走の桜花賞では、3戦目まで手綱を取っていた福永祐一騎手ラインクラフトに騎乗するために公営名古屋競馬所属の吉田稔に乗り替りとなった。迎えた第65回桜花賞4月10日阪神競馬場)では単勝1番人気に支持され最後の直線コースでは鋭く伸びたがラインクラフトにアタマ差及ばず2着と惜敗した。

ラインクラフトがNHKマイルカップに向かったため、続く優駿牝馬(5月22日東京競馬場)は福永祐一に手綱が戻った。ラインクラフトがNHKマイルカップで優勝したこともあり、オークスのシーザリオの単勝オッズは1.5倍と断然の1番人気となった。レースは隣枠にいた武豊騎乗のエアメサイア(後、同年の秋華賞を優勝)らの厳しいマークもあって4コーナーを曲がった時点での位置取りは12番手。逃げた(脚質の項を参照)エイシンテンダーのペースがスローだったため前方にいる馬たちに余力があることを考えると、府中(東京競馬場)の直線が長いことを考慮しても絶望的とも思える位置であったが、そこから上がり3ハロン33.3秒と驚異的な末脚を披露し、エアメサイアをクビ差で差し切り優勝した。

さらに、7月3日に開催されたアメリカンオークスアメリカハリウッドパーク競馬場)では単勝2番人気に推され、3コーナーで先頭に出ると最後の直線コースでは他馬を寄せつけず、単勝1番人気のMelhor Ainda(メリョールアインダ)に4馬身差をつけ、1分59秒03のレースレコードタイムで圧勝した。これは父内国産の日本調教馬としては初の海外国際G1制覇、日本のクラシックホースとしても初の海外G1制覇、日本調教馬として初のアメリカG1制覇となった。当地の実況アナウンサーが興奮して“Japanese superstar Cesario!”と絶叫した様子は日本のニュース等でも広く伝えられた。

しかし、競走中に繋靭帯炎を発症し、長期休養を余儀なくされた。同年JRA賞では、ライバルのラインクラフトを抑えて最優秀3歳牝馬最優秀父内国産馬を受賞した。

その後、復帰へ向けた調教が行われていたが、調教中に繋靭帯炎を再発し、2006年4月5日に引退を発表し、4月19日に競走馬登録を抹消された。

なお、シーザリオについて主戦騎手を務めていた福永祐一はサラブレ2009年3月号にて「僕が乗った中での最強牝馬。それも群を抜いていた」と語っている。

引退後[編集]

引退時期が日本では種付けシーズンでもあったため、早い段階でキングカメハメハ交配し、2007年5月2日黒鹿毛牡馬(トゥエルフスナイト)を出産した他、2008年4月22日にも青鹿毛牝馬(ヴァイオラ)を出産したが、ヴァイオラは2011年5月に蹄葉炎の悪化により死亡、トゥエルフスナイトも体質の弱さなどが原因で1戦1勝しただけで同年7月23日付で競走馬登録抹消された。しかし、以後は3番仔エピファネイア2013年菊花賞2014年ジャパンカップで優勝、また6番仔のリオンディーズ2015年朝日杯フューチュリティステークスで優勝するなど活躍馬を出している。

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
初仔 トゥエルフスナイト 2007年 黒鹿毛 キングカメハメハ 栗東・角居勝彦 (有)キャロットファーム 1戦1勝(引退)
2番仔 ヴァイオラ 2008年 青鹿毛 栗東・角居勝彦 (有)キャロットファーム (死亡)
3番仔 エピファネイア 2010年 鹿毛 シンボリクリスエス 栗東・角居勝彦 (有)キャロットファーム 14戦6勝(引退・種牡馬)

[1]

4番仔 ロザリンド 2011年 黒鹿毛 栗東・角居勝彦 (有)キャロットファーム 6戦0勝(引退・繁殖)
5番仔 クローディオ 2012年 鹿毛 ハービンジャー 栗東・石坂正 (有)キャロットファーム 18戦1勝
6番仔 リオンディーズ 2013年 黒鹿毛 キングカメハメハ 栗東・角居勝彦 (有)キャロットファーム 5戦2勝(引退・種牡馬)
7番仔 グローブシアター 2014年 黒鹿毛 栗東・角居勝彦 (有)キャロットファーム
8番仔 2015年 青鹿毛
9番仔 2016年 黒鹿毛 ロードカナロア

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


倍率
(人気)
着順 距離 タイム
上り3F
騎手 勝ち馬 / (2着馬)
2004. 12. 25 阪神 2歳新馬 18 2 4 4.2(2人) 1着 芝1600m(良) 1:36.7 (34.6) 福永祐一 (ダンツクインビー)
2005. 1. 9 中山 寒竹賞 18 4 7 10.3(4人) 1着 芝2000m(良) 2:01.6 (35.3) 福永祐一 アドマイヤフジ
3. 19 中山 フラワーC GIII 14 2 2 1.4(1人) 1着 芝1800m(良) 1:49.0 (34.4) 福永祐一 (スルーレート)
4. 10 阪神 桜花賞 GI 18 4 7 3.9(1人) 2着 芝1600m(良) 1:33.5 (34.4) 吉田稔 ラインクラフト
5. 22 東京 優駿牝馬 GI 18 2 4 1.5(1人) 1着 芝2400m(良) 2:28.8 (33.3) 福永祐一 エアメサイア
7. 3 米国 アメリカンオークス GI 13 13 5.4(2人) 1着 芝2000m(良) 1:59.03 福永祐一 (Melhor Ainda)

受賞[編集]

  • JRA賞最優秀3歳牝馬(2005年)
  • JRA賞最優秀父内国産馬(2005年) 
  • アメリカンオークス制覇の偉業が称えられ、2006年12月9日にアメリカ・ハリウッドパーク競馬場の第3競走にて、「シーザリオステークス」が開催された。
    • シーザリオステークス(3歳牝馬限定戦、1600m、賞金5万5000米ドル=約632万5000円)

血統表[編集]

シーザリオ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系

スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
父の父
* サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
キャンペンガール
1987 鹿毛
マルゼンスキー Nijinsky II
* シル
レディーシラオキ * セントクレスピン
ミスアシヤガワ

* キロフプリミエール
Kirov Premiere
1990 鹿毛
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
母の母
Querida
1975 黒鹿毛
Habitat Sir Gaylord
Little Hut
Principia Le Fabuleux
Pia
母系(F-No.) (FN:16-a) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×3、Hail to Reason 4×5、Turn-to 5×5、Almahmoud 5×5 [§ 3]
出典
  1. ^ [2]
  2. ^ [2]
  3. ^ [2]
  • 祖母の産駒に函館スプリントステークス2着のマザーメリーやオープン馬だったイブキウッドマンがいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エピファネイア号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2015年7月30日閲覧
  2. ^ a b c 血統情報: 5代血統表|シーザリオ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年4月7日閲覧。