ダイアナソロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダイアナソロン
欧字表記 Diana Tholon
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1981年3月18日
死没 1994年9月20日(13歳没・旧14歳)
パーソロン
ベゴニヤ
母の父 ヒカルタカイ
生国 日本の旗 日本北海道苫小牧市
生産 ランチョトマコマイ
馬主 大島秀元
調教師 中村好夫栗東
競走成績
生涯成績 13戦5勝
獲得賞金 1億5976万6700円
テンプレートを表示

ダイアナソロンは、日本で生産・調教された競走馬繁殖牝馬である。第44回桜花賞の優勝馬。そのほかのおもな勝鞍にサファイヤステークスなどがある。1984年JRA賞最優秀4歳牝馬

1951年桜花賞2着馬でテンポイント一族の祖として有名なクモワカ(繁殖名:丘高)を曾祖母に持つ。

なお、馬齢は旧表記(数え年)で統一する。

戦績[編集]

3歳時[編集]

前年度の関西リーディングジョッキーである田原成貴を背にデビュー。デビュー戦は阪神の芝1200メートルで後続に2馬身差をつけ快勝し、デビュー戦を飾った。 続く500万条件戦も勝ち連勝したが、田原が有馬記念騎乗のため乗り替わった年末の条件戦は8着と謎の大敗を喫し、3歳シーズンを3戦2勝で終えた。

4歳時[編集]

4歳初戦に選択したエルフィンステークスでは、初の重馬場にもかかわらず鋭く伸びて3勝目。重賞初挑戦となった阪神4歳牝馬特別。2番人気に支持されたものの15頭立てという多頭数で道中は窮屈な競馬となってしまい、僅差とはいえまさかの6着。本番に向けて不安の残る結果となってしまった。

そして迎えた、グレード制導入後最初のGI桜花賞。30分前の中山大障害では、大本命であった近親のキングスポイントが飛越に失敗し、兄テンポイントと同じ運命を迎えるという不運な出来事があったが、本命不在の大混戦な中でダイアナソロンは僅差の3番人気に推された。 レースでは、序盤からハイペースの中でじっくりと中団に待機し、直線ではインから鋭く抜け出し最後まで脚色が衰えることなく最後は2着に5馬身差をつけて圧勝。日本で最初のGI馬となった。

桜花賞の圧勝により大本命で迎えた優駿牝馬。やや出遅れた影響もあったか後方からの競馬となり、直線で一度は先頭に立ったものの桜花賞ほどの伸びは見られずトウカイローマンに交わされ2着に終わった。

休養をはさんで迎えた秋初戦のサファイヤステークス。春のクラシックホース2頭が出走するという事もあり7頭立てという小頭数でのレースになった。春の実績から、賞金に負担斤量差はありながらも1番人気に推され着差以上の強い競馬を見せ快勝。続くローズステークスも1番人気に推されたものの、春に破った馬たちに先着を許し、まさかの3着に終わった。

そして、エリザベス女王杯。前走で敗れたものの、実績と安定感から堂々の1番人気に推された。レースでは後方からよく伸びたものの、それ以上に鋭く伸びたキョウワサンダーやキクノペガサスに屈し3着。次走に選んだジャパンカップは、ミスターシービーシンボリルドルフという2頭の三冠馬が出走し、宝塚記念を制したカツラギエースとあわせ日本馬は4頭ながら少数精鋭であった。結果はカツラギエースがあっと驚く逃げ切りで勝利するなかで約3秒差のシンガリ負けに終わった。

なお、クラシック戦線で1,2,3着と1年通して安定した実績をあげたこともあり、最優秀4歳牝馬に選ばれた。

古馬時[編集]

マイル戦線に活路を見出し、年明け初戦のマイラーズカップではニホンピロウイナーの3着。続くコーラルステークスでは1番人気に推されるもののシャダイソフィアの3着に終わる。その後、脚部不安を発症し、現役を引退した。

引退後[編集]

引退後は大塚牧場で繁殖入り。代表産駒としては、岡部幸雄ビワハヤヒデを断り選択したクエストフォベスト(父トウショウボーイ)などがいる。1994年9月に死亡した。

産駒[編集]

  • 1987年:ユーワゴッド(牡 鹿毛 父ハードツービート 5戦2勝)
  • 1988年:ミヤコハクホウ(牡 鹿毛 父パドスール 9戦0勝)
  • 1989年:デーエスソロン(牝 鹿毛 父ノーザンテースト 11戦3勝 繁殖牝馬
  • 1990年:クエストフォベスト(牡 鹿毛 父トウショウボーイ 4戦2勝 種牡馬
  • 1991年:チェリーテースト(牝 鹿毛 父ノーザンテースト 7戦3勝 繁殖牝馬)
  • 1992年:タヤスオーツカ(牡 鹿毛 父ベリファ 23戦3勝 公営 (川崎) 5戦0勝)
  • 1993年:ダイアナチェリー(牝 鹿毛 父マルゼンスキー 10戦1勝 繁殖牝馬)
  • 1994年:ワールドルーキー(牡 鹿毛 父マルゼンスキー 4戦0勝)

血統表[編集]

ダイアナソロン血統パーソロン系 / Avena・プリメロ4×5=9.38%、Tourbillon5×5=6.25% (父内) ) (血統表の出典)

*パーソロン
Partholon
1960 鹿毛
父の父
Milesian
1953 鹿毛
My Babu Djebel
Perfume
Oatflake Coup de Lyon
Avena
父の母
Paleo
1953 鹿毛
Pharis Pharos
Carissima
Calonice Abjer
Coronis

ベゴニヤ
1972 鹿毛
ヒカルタカイ
1964 鹿毛
*リンボー
Limbo
War Admiral
Boojie
ホマレタカイ ハクリヨウ
シマノオー
母の母
オカクモ
1965 鹿毛
*ライジングフレーム
Rising Flame
The Phoenix
Admirable
丘高 *セフト
月丘 F-No.3

母の父ヒカルタカイは南関東公営の初代三冠馬にして、中央移籍後も天皇賞宝塚記念を制した名馬だが、種牡馬としては全くの失敗に終わり、現在は本馬の母ベゴニヤの子孫のみがその血を伝えている。祖母オカクモは1966年の桜花賞馬ワカクモの半妹。

外部リンク[編集]