ジェベル (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェベル
Djebel (FR).jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1937年
死没 1958年(21歳没)
Tourbillon
Loika
母の父 Gay Crusader
生国 フランスの旗 フランス
生産 Marcel Boussac
馬主 Marcel Boussac
調教師 Albert Swann(フランス
Charles Henri Semblat(フランス)
競走成績
生涯成績 22戦15勝
獲得賞金 3,253,760フラン
6,115ポンド
テンプレートを表示

ジェベルDjebel1937年 - 1958年)はフランス競走馬種牡馬である。名馬産家マルセル・ブサックの代表的な生産馬で1940年2000ギニー1942年凱旋門賞を制した。

戦績[編集]

初戦を2着したあとのモルニ賞でも2着。イギリスに遠征しミドルパークステークスに出走、イギリスで初勝利を挙げる。その後はフランスに戻りシャトゥ賞を勝利、オマール賞を2着としてフランス最優秀2歳馬に選ばれた。

3歳になったジェベルはラグランジュ賞で勝利したあと、イギリスのクラシック・2000ギニーに挑戦する。21頭もの出走馬がいたが、後続に2馬身差で勝利した。ブサックにとっては初のイギリスクラシック制覇となった。のちフランスに戻り、プール・デッセ1着(プール・デッセ・デ・プーリッシュと10月に合同開催)、シャンティイ賞(代行ジョッケクルブ賞)3着として3歳シーズンを終えた。

4歳ではボイヤール賞、アルクール賞、エドヴィユ賞と3連勝するがサンクルー大賞では2着、シャンティイ賞でも2着として凱旋門賞では3着となる。5歳になった1942年サブロン賞を1着したあとは前年と同じローテーションで進み、ボイヤール賞、アルクール賞、エドヴィユ賞では2年連続勝利とともに4連勝とした。サンクルー大賞ではレコードタイムで勝利、シャンティイ賞でも勝利して6連勝で臨んだ凱旋門賞では後続に2馬身差をつけて勝利、7連勝を達成しフランス最優秀古牡馬に選ばれた。

競走成績[編集]

引退後[編集]

引退後はトウルビヨンゴヤファリスとともにブサックの主要な種牡馬として活躍した。初年度産駒からジェラル、アルバーなどを送り出し1947年から1949年まで3年連続でフランスリーディングサイアーを獲得した。1950年はサイアーランキング2位となるが1956年にふたたびフランスリーディングサイアーに輝いた。コロナティオン凱旋門賞を制し、ガルカドールは71年ぶりとなるヘロド系ダービー馬となった。

ジェベルは1958年に死亡した。メゾンラフィット競馬場ではジェベルの名を冠したジェベル賞 (G3) が行われている。

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

ジェベル (Djebel)血統トウルビヨン系 / Omnium 4×5=9.38% (父内) 、Bay Ronald 4×5=9.38% (母内) 、Hampton 5×5=6.25% (母内) 、Galopin 5×5=6.25% (母内) ) (血統表の出典)
父系

Tourbillon
1928 鹿毛
父の父
Ksar
1918 栗毛
Bruleur Chouberski
Basse Terre
Kizil Kourgan Omnium
Kasbah
父の母
Durban
1918 鹿毛
Durbar Rabelais
Armenia
Banshee Irish Lad
Frizette

Loika
1926 栗毛
Gay Crusader
1914 鹿毛
Bayardo Bay Ronald
Galicia
Gay Laura Beppo
Galeottia
母の母
Coeur a Coeur
1921 栗毛
Teddy Ajax
Rondeau
Ballantrae Ayrshire
Abeyance F-No.5-j
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

参考文献[編集]

外部リンク[編集]