テイタニヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テイタニヤ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1973年4月24日
死没 1998年3月27日
アローエクスプレス
ダイニトモコ
母の父 シプリアニ
生国 日本北海道静内町
生産 池田正義
馬主 原八衛
調教師 稲葉幸夫東京
競走成績
生涯成績 25戦7勝
獲得賞金 1億3812万3300円
テンプレートを表示

テイタニヤ日本競走馬TTGで有名な1976年(昭和51年)世代の中央競馬クラシック二冠牝馬で、アローエクスプレスの代表産駒である。

  • 馬齢については原則旧表記(数え)とする。

出生秘話[編集]

1973年4月24日、テイタニヤは元々は乳牛の牧場だった池田牧場で誕生した。ところが、母・ダイニトモコが子育てを放棄してしまい、代理母候補が居ない事もあり止む無く人の手により育てられる事となった(競馬ゲーム『ウイニングポスト』シリーズの「テイタニヤイベント」はこのエピソードが元ネタである)。この様な事態(育児放棄)は稀な例だが、タカエノカオリサクラスターオースペシャルウィーク等の八大競走優勝馬が、母親を早く失い代理母の世話になっている(出産は母体にかなりの負担が掛かるため、この様なアクシデントは珍しい事で無い)。因みに、メジロドーベルの様に血液型の都合からと言う、テイタニヤに勝るとも劣らない稀な例で代理母に育てられた例もある。

この様なハンデ(母乳を飲まないと免疫が付かない)があったにも関わらず、静内の品評会では総合3位・アローエクスプレス産駒としてはトップに選ばれた。

戦績[編集]

引退後池田牧場に戻す事を条件に馬主に引き取られたテイタニヤは、「夏の夜の夢」に登場する妖精の女王の名前から「テイタニヤ」と名付けられ、牝馬で好成績を挙げている事で有名な稲葉幸夫厩舎に入厩した。稲葉厩舎所属の稀代の牝馬使いとして有名な嶋田功を主戦騎手にし、3歳時に7戦4勝(内3勝は連勝)を挙げ昭和50年最優秀3歳牝馬に選ばれた。

4歳になったテイタニヤは、クラシックシーズン緒戦(新春4歳牝馬ステークス)こそ7着だったものの、その後桜花賞オークスを連勝した。特に、桜花賞は出遅れながらの勝利であった。秋は、牝馬三冠を狙いエリザベス女王杯に出走するも同厩のディアマンテの4着、次走は有馬記念に出走しトウショウボーイの5着となった。これまでの成績から、この年の最優秀4歳牝馬を受賞した。

その後5歳になっても現役を続けたが、ラストランとなった11月のカブトヤマ記念まで勝利を挙げる事はおろか馬券に絡む(3着以内入線)事無く引退となった。

引退後[編集]

故郷・池田牧場に帰還したテイタニヤは繁殖生活を開始したものの、最後まで中央で活躍する産駒を出すことは出来なかった。1993年に繁殖生活も引退し、1998年3月27日に心臓麻痺により26歳で死亡した。

血統表[編集]

テイタニヤ血統グレイソヴリン系 / Nasrullah 5×4=9.38%、Fairway 5×5=6.25%、Udaipur 5×5=6.25%) (血統表の出典)
父系

アローエクスプレス
1967 鹿毛
父の父
*スパニッシュイクスプレス
Spanish Express
1962 鹿毛
Sovereign Path
1956 芦毛
Grey Sovereign
Mountain Path
Sage Femme
1954 栗毛
Le Sage
Sylvia's Grove
父の母
*ソーダストリーム
Soda Stream
1953 栃栗毛
Airborne
1943 芦毛
Precipitation
Bouquet
Pangani
1945 栗毛
Fair Trial
Clovelly

ダイニトモコ
*シプリアニ
Cipriani
1958 黒鹿毛
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Carezza Rockefella
Canzonetta
母の母
ギンヒデ
1959 鹿毛
*Hindostan Bois Roussel
Sonibai
*ミスパロー Karimkhan
La Peri F-No.5-f
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]