パーソロン系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パーソロン系(パーソロンけい)とは(主にサラブレッド)の父系の一つ。日本で独自の発展を遂げたが世界的には無名の存在。サイアーラインとしても終わった系統とみなされているが、メジロマックイーンブルードメアサイアーで存在感を見せてもいる。

概要[編集]

引退直後に日本に輸入されたパーソロンを祖とする父系で、日本独自の呼称である。パーソロン直仔は多数種牡馬入りしたが、内国産種牡馬不遇の時代の御多分に漏れず、それ程父系が隆盛を極めたわけではない。しかしメジロアサマを経たメジロティターンメジロマックイーンの父子と、三冠馬シンボリルドルフから出たトウカイテイオー父子という人気の高い名馬を出しており、1990年代前半まで強い存在感を示していた。

パーソロン自身は短距離馬だったが、日本では長距離で活躍する馬を多く生んでおり、サイアーライン上にも中・長距離で活躍した名馬の名前が多く見られる。本質的にはスピードに優れており、気性の激しさを伴う事も多い為、近年は代を経た事も影響してか、短中距離で活躍する馬も増えてきた。

しかしメジロマックイーンは2006年に亡くなり、産駒のうち重賞に勝った牡馬は競走中の故障で予後不良となったホクトスルタンのみであった。トウカイテイオー産駒のGI馬3頭のうち唯一の牡馬であったストロングブラッドも引退後に去勢されて乗馬となり、トウカイテイオー自身も2013年に亡くなっている。このようにパーソロンの父系のさらなる発展は極めて困難となっている。

2015年、メジロマックイーンの子ギンザグリングラス(2005生まれ芦毛)が北海道沙流郡で種牡馬入りし(private)父系を継続させている。

近年では牝系に入りメジロドーベルなどのほか、母父メジロマックイーン、父ステイゴールドの組み合わせでドリームジャーニーオルフェーヴルゴールドシップなどが顕著な成績を上げており、日本産馬に与えた影響は大きいと言える。


サイアーライン[編集]

Byerley Turk 1680
|Jigg 1705
 |Partner 1718
  |Tartar 1743
   |Herod 1758   ---←ヘロド系へ戻る
    |Woodpecker 1773
     |Buzzard 1787
      |Selim 1802
       |Sultan 1816
        |Bay Middleton 1833
         |The Flying Dutchman 1846
          |Dollar 1860
           |Androcles 1870
            |Cambyse 1884
             |Gradefeu 1895
              |Chouberski 1902
               |Bruleur 1910
                |Ksar 1918
                 |Tourbillon 1928  ---←トウルビヨン系へ戻る
                  |Djebel 1937
                   |My Babu 1945
                    |Milesian 1953
                     |*パーソロン Partholon 1960  ---↓以下パーソロン系(改行)

---↓パーソロン系

パーソロン Partholon 1960 →トウコウエルザ 1971、マティリアル 1984
メジロアサマ 1966
||メジロエスパーダ 1976
||メジロティターン 1978
|||メジロマックイーン 1987 →ホクトスルタン 2004
||||グランアクトゥール 1998
||||ギンザグリングラス 2005
|||エイシンハリケーン 1983
|メジロゲッコウ 1968
||メジロアンタレス 1979
|ノボルトウコウ 1969
ヤマブキオー 1970
カーネルシンボリ 1971
||シノンシンボリ 1979
|ボールドシンボリ 1973
|マチカネタイテイ 1973
サクラショウリ 1975 →サクラスターオー 1984
|アグネスホープ 1975
ベストブラッド 1977
サンエイソロン 1978
||ボールドフェイス 1988
|サクラシンボリ 1979
ウインザーノット 1980
|サクラガイセン 1980
|ヒロカツオー 1980
|オーバールック 1980
シンボリルドルフ 1981 →ツルマルツヨシ 1995
||トウカイテイオー 1988 →トウカイポイント(g) 1996、ヤマニンシュクル 2001
||シャマードシンボリ 1988
||アイルトンシンボリ 1989
||アクションドラマ 1990
||ミスタールドルフ 1990
||エプソムアシュラ 1991
||マイネルプリンス 1999
|スーパーソロン(アア)1981
|サクラサニーオー 1982
|モンテジャパン 1982
|エイシンウオリア 1983
|テイオーソロン 1983
|モンテペガサス 1983
|アオイノモン 1984
|キリパワー 1985
  • サイアーライン上は種牡馬入りした馬、→印の後は牝馬などの非種牡馬の代表産駒の一部を示す。また、日本調教馬における太字はG1級競走の勝ち馬を示す。