クサール (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クサール
KSAR1921.jpg
クサールの写真(1921年撮影)
現役期間 1920年 - 1922年
欧字表記 Ksar
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1918年
死没 1937年9月
Bruleur
Kizil Kourgan
生国 フランスの旗 フランス
生産 Evremond de Saint-Alary
馬主 Madame Edmond Blanc
調教師 Walter R. Walton(フランス
競走成績
生涯成績 15戦11勝
獲得賞金 163万4775フラン
テンプレートを表示

クサール (Ksar) は、1920年ごろに活躍したフランス競走馬である。凱旋門賞(1921,1922年)、ジョッケクルブ賞1921年)などに優勝した。1931年フランス首位種牡馬。馬名はクサールに由来。

生涯[編集]

本馬はオムニウム(Omnium II)やキジルクーガン(Kizil Kourgan)を生産したエヴレモン・ド・サンタラリの生産馬である。父ブリュルール(Bruleur)、母キジルクーガンは共にパリ大賞の勝ち馬で、特にキジルクーガンはセプター (Sceptre)を破ったことで知られている。両馬は共にオムニウムを近い祖先に持っており、クサールはオムニウムの2×3の強いインブリードを持っていた。

1歳時、テディ (Teddy)を生産したエドモン=ブランによって、15万1000フランという非常識なほどの高額で競り落とされた。彼はクサールの活躍を見ることなく翌年死去してしまっており、最終的にその妻の元で走ることになった。

現役時代[編集]

ブリュルール産駒としては例外的に2歳時から出走し、3歳時にはジョッケクルブ賞凱旋門賞(第2回)などの大レースを制した。ただし、両親が制したパリ大賞は、圧倒的な人気を集めながらイギリスからの遠征馬レモノラ (Lemonora)の4着に惨敗している。

4歳になっても好成績は続き、凱旋門賞を史上初めて連覇し、カドラン賞にも勝った。クサールは第一次世界大戦後のフランス最強馬と評価されることもある。

種牡馬入り後[編集]

1932年から1935年までブラン婦人のジャルディ牧場で供用された。1931年にはトウルビヨンが活躍し、フランス首位種牡馬を獲得した。1935年以降はアメリカ合衆国のモンタナホールスタッド(ヴァージニア州)に移動した。1937年の夏に内臓出血のため死亡、19歳。

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

※当時はグレード制未導入

年度代表馬[編集]

なし

表彰・記録[編集]

  • 1931年 - フランス首位種牡馬

子孫[編集]

父方の直系子孫はトウルビヨンの子孫が主である。フランスや日本で一時期繁栄し、現在でもアイルランドを中心に少数が活躍している。この他にフォモールの子孫が障害競走分野で活躍した。馬術分野で成功した子孫もいる。

主な産駒[編集]

主な牝駒の産駒[編集]

  • ルパシャ(Le Pacha) - ジョッケクルブ賞、ロイヤルオーク賞、パリ大賞、凱旋門賞
  • クサールデスプリ(Ksar d'Esprit) - ローマオリンピック馬術障害飛越(団体)銀メダル

エピソード[編集]

  • クサールをそれまでのフランスレコードを200%上回る額で競り落としたエドモン=ブランは、なぜこの馬にこれほどの額を支払ったのか尋ねられた際、「たしかに彼は不格好だ。だがまさにオムニウムのように不格好なのだ。それに歩様は実に美しいではないか」と評したと伝えられている。

血統表[編集]

クサール血統サルタン系3号族(3-n)) (血統表の出典)
父系

Brûleur
鹿毛 1910
父の父
Chouberski
鹿毛 1902
Gardefeu
鹿毛 1895
Cambyse
Bougie
Campanule
鹿毛 1891
The Bard
Santa Lucia
父の母
Basse Terre
栗毛 1899
Omnium II
栗毛 1892
Upas
Bluette
Bijou
鹿毛 1890
St. Gatien
Thora

Kizil Kourgan
栗毛 1899
Omnium II
栗毛 1892
Upas
栗毛 1833
Dollar
Rosemary
Bluette
栗毛 1886
Wellingtonia
Blue Serge
母の母
Kasbah
鹿毛 1892
Vigilant
鹿毛 1879
Vermout
Virgule
Katia
栗毛 1883
Guy Dayrell
Keapsake
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]