デアリングタクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デアリングタクト
欧字表記 Daring Tact[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 青鹿毛[1]
生誕 2017年4月15日(3歳) [1]
エピファネイア[1]
デアリングバード[1]
母の父 キングカメハメハ[1]
生国 日本の旗 日本北海道日高町[1]
生産 長谷川牧場[1]
馬主 (株)ノルマンディーサラブレッドレーシング[2]
調教師 杉山晴紀栗東[1]
競走成績
タイトル 牝馬三冠(2020年)
生涯成績 5戦5勝[1]
獲得賞金 3億9771万3000円
(2020年10月18日現在)[1]
 
勝ち鞍
GI 桜花賞 2020年
GI 優駿牝馬 2020年
GI 秋華賞 2020年
テンプレートを表示

デアリングタクト (Daring Tact)[1]は、日本競走馬。日本の中央競馬史上初となる無敗での牝馬三冠を達成した[3][4]。主な勝ち鞍は、2020年桜花賞優駿牝馬秋華賞

戦績[編集]

デビュー前[編集]

父・エピファネイアは現役時代、2013年の菊花賞、2014年のジャパンカップ等に勝利し、2015年に引退して種牡馬入りした。2017年生まれの本馬は初年度産駒である[5][6]

母・デアリングバード社台ファーム生産で、社台サラブレッドクラブより一口90万円、総口数40口で募集された。藤原英昭厩舎に所属していたが、体質が弱かったこともあり入厩は3歳3月まで要した。4月にはゲート試験に合格するも両前脚の腫れでデビューは更に遅れ、結局7月に中京競馬場の3歳未勝利戦(9着)を1戦しただけで現役を引退。ジェイエス繁殖馬セールに上場され、長谷川牧場が360万円(消費税込388万8000円)で落札した[7][8]。デアリングバードの母・デアリングハートは牝馬限定重賞3勝を挙げており、2005年に出走した桜花賞(3着)ではエピファネイアの母であるシーザリオ(2着)とも対戦している[9]

本馬は2017年4月15日に、母の第2子として誕生[10] [11]北海道日高町にて夫婦二人が営む長谷川牧場で、同じ年に生産された5頭の内の1頭である[12]。小柄な馬であったという[7]。7月には「デアリングバードの2017[13]」としてセレクトセール当歳市場で売りに出されたが、800万円でも買い手がつかずに主取りとなった[7][12]

2018年4月、生産者である長谷川牧場は、1歳になった「デアリングバードの2017」を苫小牧市にあるパイオニアファームへ育成・調教のため預託した[7]。パイオニアファームの場長は、放牧地での動きが目立っていたことから「これは走る」と思ったという[12]。預託当初368キログラム (kg)だった馬体は、3か月半で428キロまで大きく成長した[7][12]。7月、「デアリングバードの2017[14]」は、セレクトセール1歳馬セールで上場。1200万円(消費税込1296万円[15] )でクラブ法人を運営する有限会社ノルマンディーファーム(ノルマンディーサラブレッドレーシング参照)が落札した[7][16]

落札した有限会社ノルマンディーファームの母体である岡田スタッドグループの方針で、1歳時には北海道えりも町の敷地で昼夜放牧が行われ、過酷な環境で基礎体力が養われた[17]。その後、新ひだか町のノルマンディーファームに移り、本格的な騎乗調教が開始された[17]。2歳春になると坂路での併せ馬も行われたが、乗り手のスタッフがスピードを制御しきれずに落馬したこともあったという[17]。ノルマンディーファームの岡田壮史は、調教について前向きであり、加えて大きなストライドに由来する、「グッとくる手応え」に騎乗するスタッフが好感触を得ていると語っている[18]

ノルマンディーサラブレッドレーシングは、栗東の杉山晴紀所属予定馬として、一口4万4000円、総口数400口、総額1760万円で募集を行った[11]。デビューにあたり、馬名は父と母の名前からの連想で「大胆な+Tactics(戦法)」を意味する「デアリングタクト」(Daring Tact)と命名された[19]

2歳 (2019年)[編集]

7月、福島県ノルマンディーファーム小野町で2か月間鍛えられた後、京都府宇治田原優駿ステーブルを経由し、10月上旬、栗東トレーニングセンター杉山晴紀厩舎に入厩する[12]。杉山の評価は「手がかからない優等生タイプ」で性格も素直であったという[12]。ゲート試験を一発合格し、11月16日に行われた京都競馬場芝内回り[注 1]の1600メートルの新馬戦でデビューとなる[12]松山弘平を鞍上に単勝2番人気で出走。良いスタートとなったが、あえて控えて中団を追走[12]。最後の直線で外に持ち出しそのまま突き抜けてデビュー勝ちを果たした[20]。長谷川牧場にとって、この勝利は2016年のディスピュート以来約3年ぶりの中央競馬での産駒勝利となっている[21]

3歳 (2020年)[編集]

3歳始動戦となる2月8日のエルフィンステークスリステッド競走・1600メートル)では、単勝4.8倍の3番人気でレースを迎えた[22]。杉山晴紀調教師によると、発馬機に入る前に興奮してしまったといい[23]、スタートで立ち遅れて1馬身の不利があって後方の位置取りとなった[22]。しかし最終コーナーから進出し、直線を向くと、一番外から一気に差し切り、後続に4馬身差をつけて勝った[22][24]。直線のゴール前残り200メートルでは11.4秒の瞬発力を発揮してもなお[25]、鞍上の松山騎手はまだ余裕があったという[22]。走破タイム1分33秒6は、2007年のウオッカの記録を0.1秒上回り[26]、2020年の1月から2月の京都競馬場で行われた同距離(芝・外回り1600メートル)の全競走のなかで最も速く[27]、古馬や牡馬が出走する京都金杯 (GIII)やシンザン記念 (GIII)をも上回っていた[28]。この勝利によりクラシック候補としての注目を集めることになった[26][29]

杉山調教師は、デアリングタクトの課題として「繊細なので気が入りやすい」と述べ[23]、テンションが上がりやすいと指摘した[30]。このため、エルフィンステークスの後は4月12日の桜花賞へ直行することとなった[31][30]

一冠目・桜花賞[編集]

この年の桜花賞戦線は、主要な前哨戦で本命馬がことごとく敗れた[32]

2020年 第80回桜花賞の主要な前哨戦の結果[32]
開催日 競走名 競馬場・距離 [m] 優勝馬 優勝馬の人気順 1番人気馬 着順
2019.12.08 阪神JF GI 阪神1600 レシステンシア 4 リアアメリア 6着
2020.02.15 クイーンカップ GIII 東京1600 ミヤマザクラ 2 ルナシオン 10着
2020.03.07 チューリップ賞 GII 阪神1600 マルターズディオサ 4 レシステンシア 3着
2020.03.15 フィリーズレビュー GII 阪神1400 エーポス 2 カリオストロ 5着
2020.03.15 アネモネステークス L 中山1600 インターミッション 6 バルトリ 7着
2020.03.20 フラワーカップ GIII 中山1800 アブレイズ 12 シーズンズギフト 3着

このため「確たる主役がでてこない[32]」(週刊競馬ブック)、「混戦必至[33]」(中日スポーツ)、「Intriguing Rivalry Brews(興味をそそられる有力馬の多い混戦)[29]」(ブラッド・ホース)などと報じられた。前哨戦の勝ち馬のうちアブレイズは優駿牝馬へ直行となったものの[32]阪神ジュベナイルフィリーズ上位3頭が揃ったほか[29]、グレード競走勝ち馬8頭にリステッド競走勝ち馬が3頭と[32]、有力各馬が揃った[34]。このうち前年の2歳チャンピオンであるレシステンシアが単勝3.7倍の1番人気、デアリングタクトは単勝4.2倍の2番人気となった[35]

4月12日の桜花賞当日は朝から雨が降り止まなかった[36]。このため開場時点の馬場状態は「良」だったが、11時46分に「稍重」になり、14時34分に「重」馬場に修正された[35][注 2]。出走馬の多くは道悪経験に乏しく、重馬場への適否は未知数だった[27]。「週刊競馬ブック」ではデアリングタクトの道悪適性について、「末脚の切れが持ち味なので渋らないほうがいいだろう」と予想していた[30]。同誌の長岡利幸は、各馬の適性は「神のみぞ知る」だが、デアリングタクトに関しては、「ひょっとしたら最も被害を受けるかもしれない」と予想していた[35]。「レーシング・ポスト」誌のMark Boylanも、鋭い決め脚が武器なので雨で柔らかくなった馬場は懸念があった、としている[37]

スタートするとすぐに内枠からスマイルカナが先頭に立った[35]。阪神ジュベナイルフィリーズを逃げ切り勝ちしていた1番人気レシステンシアは、今回は逃げずに3番手から2番手につけ、第3コーナー付近ではスマイルカナから半馬身差まで接近した[35]。この2頭が先行した前半1000メートルの通過タイムは58秒0と[35]、道悪を考慮するとかなり厳しいペースで、「雨の中の消耗戦」となっていった[38]

デアリングタクトは18頭中12、3番手の中団に待機した[35][39]。最終コーナーをまわって直線を向くと、先行2頭のスマイルカナとレシステンシアが後続を離した[35]。直線の半ばまでは両馬による激しい競り合いとなり、坂を登りきってゴールまで残り200メートルのあたりで、レシステンシアが懸命に粘るスマイルカナをわずかにリードした[35][36]。一方、後方にいたデアリングタクトは、アウトコースをまわって直線を向いた時点ではまだ12番手で、先頭をゆく2頭まではおよそ8馬身もの差があった[40]。道悪の影響でどの馬も脚色が鈍り[41]、レース全体の200メートル毎のラップタイムは最終盤で12.6秒・13.8秒となり、「今どきの競馬ではまれな[38]」タフな流れで、差し馬が伸びない展開になった[27][40]

しかしデアリングタクトは唯一頭だけ末脚を伸ばし[27][42]、外から差を詰めるとゴール前 30 m ないし 40 m にてレシステンシアを捉え[36]、そのまま一気に1馬身半差をつけて優勝した[40][35]

デビューから3戦目での桜花賞制覇は、1946年に2歳戦が始まって以降では、キャリア最少タイ記録で、1948年のハマカゼ、1980年のハギノトップレディ以来で、40年ぶり史上3頭目である[43][40]。また、無敗での桜花賞制覇は2004年ダンスインザムード以来16年ぶり[39][注 3]

主戦騎手松山弘平は、G1優勝は2017年皐月賞 (アルアイン)以来で[38]、桜花賞は初勝利[36][42]。2016年10月開業の調教師の杉山晴紀、馬主のノルマンディーサラブレッドレーシング、生産者の長谷川牧場は、いずれもG1初勝利[38][注 4]

父馬のエピファネイアにとっては、これが産駒による重賞初優勝[44]。グレード制導入後の1984年以降に限定すると、新種牡馬の初年度産駒が桜花賞を勝つのは、ロードカナロア産駒アーモンドアイ(2018年)以来、史上6頭目[44]。血統表中にサンデーサイレンスインブリードをもつ馬がG1競走を制したのは初[45][46][注 5]

二冠目・優駿牝馬[編集]

続く優駿牝馬(オークス)は桜花賞で2着に下したレシステンシアこそNHKマイルカップに向かったため不在だったが[48]ミヤマザクラ、クラヴァシュドールらの桜花賞出走組[49]に加え、2戦2勝のスイートピーステークス勝ち馬デゼル等の別路線組も集まった[50]。前走から800mの距離延長、デビュー以来初のマイル以外の実戦だったものの、オークス史上5番目に低い単勝1.6倍[51][52]、単勝支持率47.5%[52]という圧倒的1番人気に支持された。レース本番、道中は12番手付近と後方に位置取り、直線に向き狭い馬群を割って抜け出すとオークス史上最速の上がり33秒1[52]の鋭い伸び脚を見せ、内から押し切りを図るウインマリリンらを交わして快勝、デビューから無傷の4連勝で牝馬二冠を達成した[53]。桜花賞・優駿牝馬の連勝による牝馬二冠は2018年のアーモンドアイ以来2年ぶり史上15頭目で[54]、無敗での牝馬二冠は1957年のミスオンワード以来63年ぶり史上2頭目の快挙となった[53][54]

三冠目・秋華賞[編集]

優駿牝馬(オークス)のあと、デアリングタクトはひとまず宇治田原優駿ステーブル(京都府)に移り、それから馬体の成長を狙ってノルマンディーファーム(北海道新ひだか町)へ放牧に出され、3週間を休養にあてた[55][56][57]

休養後は福島県田村郡小野町にあるテンコー・トレーニングセンターやノルマンディーファームでトレーニングを再開し、8月8日に宇治田原優駿ステーブルに帰厩した[57][45]。この時点では、秋華賞へ直行するのか、それとも前哨戦のローズステークスで始動するかは未定だった[45]

8月29日、馬主のノルマンディーオーナーズクラブから、10月18日の秋華賞へ直行することが発表された[58]。杉山調教師は、前哨戦を使わないほうが「いいパフォーマンスを発揮できる」と判断したという[59]。9月2日に栗東へ帰厩したデアリングタクトは[55]、杉山調教師の目論見通り馬体が成長しており、490kgあまりになって戻ってきた[57][59]。春は466kg前後で走っていたので、単純計算すると20kgほど馬体が成長したことになる[60]

こうして、デアリングタクトは「青写真通り」に、休養明けぶっつけで、中央競馬では史上初となる無敗での牝馬三冠達成に挑むことになった[61][62]。この年は春から新型コロナウイルス感染症 (COVID19)の世界的流行の影響を受けて、無観客での競馬開催が続いていた[63]。が、制限付きながら、秋華賞当日は競馬場に観客が入ることになった[63]。この年は3歳牡馬三冠戦でもコントレイルが無敗での三冠達成に王手をかけており、「double triple[63](無敗の三冠馬2頭)」の実現にむけての期待が高まった[63]。前哨戦を走らずに休養明けで本番に臨むことについては、2018年(アーモンドアイ)と2019年(クロノジェネシス)と2年連続で同様のスケジュールで優勝馬が出ていて、杉山調教師も「この馬は問題ないと思っています」と述べ[57]、「不安や疑問を差し挟む声はほとんど聞かれない[60]」(集英社Sportiva」新山藍朗)・「不安は見当たらず[64]」(産業経済新聞社サンケイスポーツ川端亮平)と報じられている。10月18日の秋華賞の1週間前の時点で、馬体重は482kgで、前走の優駿牝馬のときと較べると16kg増だった[60]。松山騎手は「馬体重が増えてパワーアップした」と言い、レース前に興奮して入れ込む悪癖もいくらか改善しているようだとした[64][63]

前哨戦の紫苑ステークスはマルターズディオサが勝ち、ローズステークスはリアアメリアが勝ってきたものの、いずれもデアリングタクトが春に退けた相手ばかりだった[60]。夏の間に力をつけてきた「新興勢力」にも目ぼしい強敵は見当たらず、競馬作家の新山藍朗(集英社「Sportiva」)は、三冠達成を脅かすライバルはいない、とした[60]。新山は、無理に「不安材料」を見つけるとしたら、秋華賞が行われる京都競馬場の「内回り2000メートル」というコース設定が、不測の状況が生じやすい「トリッキーなコース」である点だと指摘した[60]

秋華賞の前日に降雨があり、10月18日の秋華賞当日は、朝から芝コースは「重」馬場となった[65]。晴天により秋華賞の発走までに馬場は「稍重」まで回復した[65]。デアリングタクトの単勝倍率は1.4倍の圧倒的支持となった[66][注 6]

休み明けのデアリングタクトは体重が14kg増えていた[67]。デアリングタクトは発走前のパドックからテンションが高く[67][68]、杉山調教師の想定以上に馬が興奮しており、「正直、ヤバイんじゃないかと思った[69]」という。陣営は、デアリングタクトにメンコを装着し、発走前にメンコをはずしたのだが[67]、発馬機に入る直前まで興奮している様子だった[67][68][注 7]

スタートのタイミングでデアリングタクトは前肢を上げてしまい[65][注 8]、1馬身ほど立ち遅れた[67][注 9]。前半はそのまま後方で追走し、向こう正面を少し過ぎたあたりから、他馬に阻まれて進路を失わないように注意しつつ、徐々に前へ進出をはじめた[67][65]。最終コーナーをまわるときは左手前で走ってしまい[注 10]、やや外にふくらんでしまった[67][65]。直線をむくと、残り200メートルのあたりで手前を直して先頭にならびかけ、残り100メートルのあたりで抜け出して先頭に立った[67][65][75]。デアリングタクトの内外両側から追いすがる馬がいたものの、最終的に2着に1馬身1/4の差をつけてゴールした[67][65]。走破時計は2分00秒6で、これは過去10年と比較して最も遅いものだった[65][注 11]

この勝利で、中央競馬では史上初となる、無敗での牝馬三冠達成となった[3][73]。これは「歴史的偉業[3]」(NHKニュース)、「大偉業[76]」(谷川善久)などと報じられた。松山騎手と杉山調教師はともに秋華賞初勝利となった[77]

競走成績[編集]

以下の内容はnetkeiba.comの情報[78]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)

オッズ

(人気)

着順 タイム

(上り3F)

着差 騎手 斤量

[kg]

1着馬(2着馬) 馬体重

[kg]

2019.11.16 京都 2歳新馬 芝1600m(良) 11 3 3 004.80(2人) 01着 R1:37.8(34.8) -0.2 0松山弘平 54 (ノーセキュリティ) 464
2020.02.08 京都 エルフィンS L 芝1600m(良) 12 6 8 004.80(3人) 01着 R1:33.6(34.0) -0.7 0松山弘平 54 (ライティア) 466
0000.04.12 阪神 桜花賞 GI 芝1600m(重) 18 5 9 004.20(2人) 01着 R1:36.1(36.6) -0.2 0松山弘平 55 レシステンシア 466
0000.05.24 東京 優駿牝馬 GI 芝2400m(良) 18 2 4 001.60(1人) 01着 R2:24.4(33.1) -0.1 0松山弘平 55 ウインマリリン 466
0000.10.18 京都 秋華賞 GI 芝2000m(稍) 18 7 13 001.40(1人) 01着 R2:00.6(35.8) -0.2 0松山弘平 55 (マジックキャッスル) 480
0000.11.29 東京 ジャパンカップ GI 芝2400m(良) 15 3 5 003.70(3人) 03着 R2:23.2(34.4) -0.2 0松山弘平 53 アーモンドアイ 474
  • 競走成績は2020年11月29日現在

血統表[編集]

デアリングタクト血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系
[§ 2]

エピファネイア
2010 鹿毛
父の父
*シンボリクリスエス
1999 黒鹿毛
Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Key Gold Meridian
Tri Argo
父の母
シーザリオ
2002 青毛
スペシャルウィーク *サンデーサイレンス
キャンペンガール
*キロフプリミエール Sadler's Wells
Querida

デアリングバード
2011 黒鹿毛
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファス *ラストタイクーン
Pilot Bird
母の母
デアリングハート
2002 栃栗毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*デアリングダンジグ Danzig
Impetuos Lady
母系(F-No.) (FN:1-l) [§ 3]
5代内の近親交配 サンデーサイレンス 4×3=18.75%、Hail to Reason 5×5、Northern Dancer 5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ [79]
  2. ^ [80]
  3. ^ [79][80]
  4. ^ [80]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同競馬場の 1,400 m および 1,600 m の距離のレースは競争条件などにより、内回りと外回りの2種類のコースが設定されている。
  2. ^ 桜花賞が「重」「不良」となったのは、1997年に「不良」で行われて以来、23年ぶり。
  3. ^ 後に達成する牝馬三冠は、2001年から2020年までの20年間で4頭でているが、無敗での桜花賞優勝は2頭しかいない。日本経済新聞の野元賢一は、「無敗で桜花賞を迎えるほうが難関」と評した[26]
  4. ^ 杉山調教師は、2018年にJBCクラシックを勝っている。この競走は国際格付けではリステッド競走 (L)に格付けされているが、「JpnI」と公称している。長谷川牧場はこれまで、イイデザオウによる1993年マイルチャンピオンシップ2着が「GI」競走での最高成績だった[38]。ただしこの「GI」格付けは当時のJRAの自称格付けであり、国際格付けを得たものではなかった。
  5. ^ 1戦以上走った馬で、サンデーサイレンスのインブリードを有するものはこれまで2103頭いた[47]。エピファネイアの初年度産駒で血統登録されたものは全部で157頭いて、そのうちサンデーサイレンスのインブリードを有するものは119頭(約76%)[46]。なおデアリングタクトの場合は、父方の4代前、母方の3代前にサンデーサイレンスを有し、いわゆる「奇跡の血量」になっている[46]
  6. ^ 前日の時点ではデアリングタクトの単勝は1.1倍で、2番人気のリアアメリアでも10.8倍になるほど人気はデアリングタクトに集中していた[62]。なお2番人気リアアメリアは、最終的には単勝6.7倍となった[67]
  7. ^ 元JRA騎手で競馬評論家の佐藤哲三は、デアリングタクトが興奮していることについて「(松山騎手は)今までコンビを組んできたレースの中で(中略)一番不安だったのではないか」と分析している[68]
  8. ^ 競走馬がスタートの瞬間に前脚があがってしまい、立ち上がったような格好になる[70]。後ろ脚で蹴る力が強すぎた場合などに起きる。
  9. ^ デアリングタクトの発馬については、佐藤哲三は「休み明けもあったのか、ゲート自体もあまり上手く出ていない[68]」、「競馬エイト」の増井辰之輔は「スタートはややアオりました[71]」と指摘、netkeiba.comでも「出遅れ[72]」となっている。一方、騎乗した松山騎手は、レース直後のインタビューでは「ゲート自体は上手に出てくれました[73]」と答えている。
  10. ^ 手前」は、ウマが走るときに左右どちらの脚を軸足とするかを指す。ふつう、右回りのカーブを曲がるときは、右足に軸足をおく(右手前)[74]。秋華賞を行う京都競馬場は右回りである[67]
  11. ^ 「競馬ブック」の長岡利幸は、通過タイムからは道中は標準的なペースで進行していたようにみえるが、先行した人気上位の各馬が軒並み直線で失速したところをみると、馬場がかなり重かったのだろうと分析している[65]
  12. ^ 優勝馬ラインクラフトは急性心不全により4歳で早世しいる

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n デアリングタクト”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年1月12日閲覧。
  2. ^ 2020年桜花賞”. 日本中央競馬会. 2020年4月14日閲覧。
  3. ^ a b c デアリングタクト 初の「無敗3冠女王」はこうして誕生した」『NHK News Web』日本放送協会、2020年10月18日。2020年10月23日閲覧。
  4. ^ 【秋華賞結果】デアリングタクトが史上初の無敗牝馬3冠達成! | 競馬ニュース - netkeiba.com” (日本語). news.netkeiba.com. 2020年10月18日閲覧。
  5. ^ 初年度産駒の評判上々/エピファネイア日刊スポーツ、2020年10月1日閲覧。
  6. ^ エピファネイア初年度産駒が牝馬2冠「すごいこと」日刊スポーツ、2020年10月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f スポーツ報知、2020年5月20日付、【オークス】無敗の2冠を狙うデアリングタクトに育成調教のパイオニアファームがエール 当歳セレクトセール引き取り手なしから1歳1200万円で落札スポーツ報知、2020年10月1日閲覧。
  8. ^ 2014年 ジェイエス繁殖馬セール 成績表
  9. ^ 有吉正徳 第5コーナー ~競馬余話~ 第110回 「孫」JBISサーチ、2020年10月1日閲覧。
  10. ^ 日本軽種馬協会、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、デアリングタクト基本情報、2020年10月18日閲覧。
  11. ^ a b ノルマンディーオーナーズクラブ、NOC17年産1st19 (PDF) 。2020年10月18日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h 優駿、「優駿」第80巻10号(通巻922号)、pp.36-41 軍土門隼夫「小牧場から現れた才媛」
  13. ^ 一般社団法人日本競走馬協会 (JRHA)、セレクトセール2017、デアリングバードの2017 (PDF) 。2020年10月18日閲覧。
  14. ^ 一般社団法人日本競走馬協会 (JRHA)、セレクトセール2018、上場番号:53 デアリングバードの2017(父エピファネイア)。2020年10月18日閲覧。
  15. ^ 日本軽種馬協会、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、デアリングタクト基本情報、2020年10月18日閲覧。
  16. ^ 一般社団法人日本競走馬協会 (JRHA)、セレクトセール2018、セール結果 1歳馬。2020年10月18日閲覧。
  17. ^ a b c 【無敗3冠への道 (3)】デアリングタクト「えりも」で培った精神力SANSPO.COM (2020.8.18)、2020年10月9日閲覧。
  18. ^ 丸ごとPOG2019-2020、「Gallop」第27巻20号(通巻1390号、増刊)、p75 岡田スタッド&ノルマンディーファーム
  19. ^ 所属馬詳細(デアリングタクト) | ノルマンディーオーナーズクラブ”. www.normandyoc.com. 2020年10月18日閲覧。
  20. ^ 【京都5R新馬戦】デアリングタクトが突き抜け快勝/JRAレース結果 | 競馬ニュース - netkeiba.com” (日本語). news.netkeiba.com. 2020年4月12日閲覧。
  21. ^ 長谷川牧場 | 年度別成績 netkeiba.com、2020年4月12日閲覧
  22. ^ a b c d ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻7号(通巻3083号)、p104「エルフィンステークス」
  23. ^ a b ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻25号(通巻3091号)、p12 桜花賞特集 厩舎レポ「デアリングタクト」
  24. ^ 【エルフィンS】デアリングタクトが大外から鋭く伸び4馬身差V/JRAレース結果」『netkeiba.com』、2020年2月8日。2020年4月12日閲覧。
  25. ^ ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻15号(通巻3091号)、p2「第80回桜花賞」
  26. ^ a b c 野元賢一 (2020年6月27日). “1強体制に風穴? 競馬・春のクラシック”. 日本経済新聞 (nikkei.com). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60718780U0A620C2000000/?n_cid=SPTMG053 2020年7月4日閲覧。 
  27. ^ a b c d ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻28号(通巻3104号)、pp.96-97 牟田雅直・山田理子「GIプレイバック 上半期3歳牝馬編 トラックマン対談」
  28. ^ ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻21号(通巻3097号)、p14、藤井慎一(サラブレッド血統センター)「第81回オークス特集 血統アカデミー」
  29. ^ a b c Bob Kieckhefer (2020年4月10日). “Intriguing Rivalry Brews in Japan's Group 1 Oka Sho” (英語). ブラッド・ホース. https://www.bloodhorse.com/horse-racing/articles/239565/intriguing-rivalry-brews-in-japans-group-1-oka-sho 2020年10月19日閲覧。 
  30. ^ a b c ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻25号(通巻3091号)、p18「桜花賞特集 桜花賞有力馬考課表 デアリングタクト」
  31. ^ 【次走】デアリングタクトは桜花賞直行、鞍上は松山弘平騎手 エルフィンSを4馬身差圧勝のエピファネイア産駒」『netkeiba.com』、2020年2月19日。2020年4月12日閲覧。
  32. ^ a b c d e ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻14号(通巻3090号)、pp.68-71「桜花賞2週前の有力馬チェック」
  33. ^ 混戦必至の桜花賞…前日最終オッズで馬連で一桁台はなし 1番人気はデアリングタクトで3.5倍」『中日スポーツ』、2020年4月11日。2020年4月13日閲覧。
  34. ^ 不明「【桜花賞】好メンバー集結の牝馬クラシック第1弾/JRAレースの見どころ」『netkeiba.com』、2020年4月6日。2020年4月12日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h i j ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻26号(通巻3092号)、p131 成績表「第80回桜花賞」
  36. ^ a b c d ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻26号(通巻3092号)、p187 長岡利幸「観戦記」
  37. ^ Mark Boylan (2020年4月12日). “Daring Tact produces star performance in Japanese 1,000 Guineas” (英語). レーシング・ポスト. https://www.racingpost.com/news/daring-tact-produces-star-performance-in-japanese-1000-guineas-at-empty-hanshin/431502 2020年10月19日閲覧。 
  38. ^ a b c d e ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻31号(通巻3107号)、pp.71-72 水野隆弘 「全日本フリーハンデ2020① 上半期ランキングと春競馬回顧 雨の中のDデイ」
  39. ^ a b 【桜花賞】2番人気デアリングタクトが無敗の桜花賞馬に輝く」『デイリースポーツ』、2020年4月12日。2020年4月12日閲覧。
  40. ^ a b c d 【桜花賞】デアリングタクト 異次元!末脚爆発 40年ぶりの最少キャリア」『デイリースポーツ』、2020年4月13日。2020年4月13日閲覧。
  41. ^ ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻21号(通巻3097号)、p15「オークス特集 優駿牝馬(オークス)有力馬考課表 デアリングタクト」
  42. ^ a b JRA-VAN、2020年桜花賞、レース結果回顧・払戻、デアリングタクト、大外から豪脚炸裂でV!。2020年10月19日閲覧。
  43. ^ 日本中央競馬会、2020年重賞レース一覧、第80回 桜花賞。2020年10月19日閲覧。
  44. ^ a b ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻17号(通巻3093号)、pp.90-91 平尾守(サラブレッド血統センター)「日高通信365(馬産地リポート)第1046回」
  45. ^ a b c ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻28号(通巻3104号)、p.97 平出貴昭(サラブレッド血統センター)「GI血統アナリシス」
  46. ^ a b c ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻42号(通巻3118号)、p.5 伊藤創之助(サラブレッド血統センター)「血統アカデミー」
  47. ^ Bob Kieckhefer「Daring Tact Makes History in Japanese Triple Tiara」『ブラッド・ホース』、2020年10月20日。2020年10月23日閲覧。
  48. ^ 馬場良太. “桜花賞2着のレシステンシア、NHKマイルCへ” (日本語). 競馬ヘッドライン. 2020年5月24日閲覧。
  49. ^ 桜花賞 (G1) 出馬表 | 2020年4月12日 阪神11R レース情報 (JRA)” (日本語). netkeiba.com. 2020年5月24日閲覧。
  50. ^ 【オークス見どころ】デアリングタクトが無敗の2冠制覇に挑む” (日本語). netkeiba.com. 2020年5月24日閲覧。
  51. ^ オークス(G1) オッズ | 2020年5月24日 東京11R レース情報 (JRA)”. netkeiba.com. 2020年5月24日閲覧。
  52. ^ a b c 【オークス・豆知識】デアリングタクトが63年ぶり無傷牝馬2冠達成、単勝支持率は47.5%” (日本語). netkeiba.com. 2020年5月25日閲覧。
  53. ^ a b 【オークス】1番人気デアリングタクトがV 63年ぶり無敗で牝馬クラシック2冠制覇” (日本語). netkeiba.com. 2020年5月24日閲覧。
  54. ^ a b 【オークス】桜女王デアリングタクトが無敗2冠!”. サンケイスポーツ. 2020年5月24日閲覧。
  55. ^ a b 合田直弘Daring Tact Resumes Training Ahead of Shuka Sho」『ブラッド・ホース』、2020年9月7日。2020年10月19日閲覧。
  56. ^ ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻35号(通巻3111号)、p.195 「秋を待つスターホース 3歳戦 デアリングタクトはローズSか、秋華賞直行か未定」
  57. ^ a b c d ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻42号(通巻3118号)、p.10 「秋華賞特集 厩舎レポート」
  58. ^ デアリングタクトが秋華賞に直行 近日中に帰厩へ」『デイリースポーツ』、2020年8月30日。2020年10月19日閲覧。
  59. ^ a b デアリングタクトが帰厩 馬体大きく成長、史上初無敗の牝馬三冠目指す」『デイリースポーツ』、2020年9月3日。2020年10月19日閲覧。
  60. ^ a b c d e f 新山藍朗「秋華賞でデアリングタクトに死角あり?一抹の不安をあら探しした」『Sportiva集英社、2020年10月15日。2020年10月19日閲覧。
  61. ^ ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻42号(通巻3118号)、p.2 「第25回秋華賞」
  62. ^ a b テレビ東京、2020年10月18日、【秋華賞】デアリングタクト1.1倍の圧倒的1番人気 史上初無敗牝馬三冠へ 前日最終オッズ。2020年10月18日閲覧。
  63. ^ a b c d e Bob Kieckhefer「Daring Tact Chases Filly Triple Crown in Shuka Sho」『ブラッド・ホース』、2020年10月16日。2020年10月19日閲覧。
  64. ^ a b 川端亮平「【秋華賞】デアリングタクト“無敗牝馬3冠”確信追い」『サンケイスポーツ産業経済新聞社、2020年10月15日。2020年10月19日閲覧。
  65. ^ a b c d e f g h i ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻43号(通巻3119号)、p.181 長岡利幸「観戦記 祝!デアリングタクト三冠」
  66. ^ 中日スポーツ(東京中日スポーツ)、2020年10月18日16時11分、デアリングタクト史上初無敗の牝馬三冠 直線、豪快に突き抜ける 2番人気リアアメリア13着大敗。2020年10月18日閲覧。
  67. ^ a b c d e f g h i j k ケイバブック、「週刊競馬ブック」第58巻43号(通巻3119号)、p.124 「第25回秋華賞」
  68. ^ a b c d netkeiba.com佐藤哲三赤見千尋、「哲三の眼!」2020年10月22日付、【秋華賞】“無敗の牝馬三冠” 名コンビが刻んだ新たな歴史
  69. ^ 【秋華賞】デアリング3冠達成に杉山晴師ホッ レース前の愛馬の“異変”明かす「正直、ヤバイと思った」」『スポニチスポーツニッポン、2020年10月19日。2020年10月20日閲覧。
  70. ^ ケイバブック、競馬用語辞典、アオるおよび日本中央競馬会、競馬用語辞典、あおる。2020年10月24日閲覧。
  71. ^ 増井辰之輔(競馬エイト)「【みんなの反省会】秋華賞~核となる馬がしっかりしているときは逆らえないby増井TM(サンスポZBAT!競馬)」『サンケイスポーツ産業経済新聞社、2020年10月18日。2020年10月23日閲覧。
  72. ^ netkeiba.com第25回秋華賞(G1)、2020年10月24日閲覧。
  73. ^ a b 川端亮平「【秋華賞】史上初の快挙!デアリングタクトが無敗牝馬3冠制覇(サンスポZBAT!競馬)」『サンケイスポーツ産業経済新聞社、2020年10月18日。2020年10月18日閲覧。
  74. ^ 秋山雅一「【競馬】右回りと左回り、競走馬には本当に得意な回りがあるのか」『Sportiva集英社、2013年5月15日。2020年10月23日閲覧。
  75. ^ Bob Kieckhefer「Daring Tact Lands Japanese Filly Triple Crown」『ブラッド・ホース』、2020年10月18日。2020年10月23日閲覧。
  76. ^ JRA、2020年 重賞レース一覧、秋華賞デアリングタクト、無敗のまま牝馬三冠を成し遂げる!。2020年10月23日閲覧。
  77. ^ 日本経済新聞(日経電子版)、2020年10月18日16時32分、デアリングタクトが秋華賞V 無敗で牝馬3冠は史上初: 2020年10月18日閲覧。
  78. ^ デアリングタクト | 競走成績 - netkeiba” (日本語). netkeiba.com. 2020年4月12日閲覧。
  79. ^ a b デアリングタクト 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月13日閲覧。
  80. ^ a b c デアリングタクトの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年4月13日閲覧。
  81. ^ 競馬ラボ (2020年4月12日). “ツイート” (日本語). @keibalab. 2020年4月13日閲覧。
  82. ^ ウマフリ編集部 (2020年4月11日). “ツイート” (日本語). @Uma_Free. 2020年4月13日閲覧。
  83. ^ 阪神競馬場【公式】 (2020年4月12日). “ツイート” (日本語). @HanshinKeibaJo. 2020年4月13日閲覧。
  84. ^ Ecton Park(USA)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年4月13日閲覧。
  85. ^ ピットファイター | 競走馬データ” (日本語). netkeiba.com. 2020年4月13日閲覧。
  86. ^ Banker's Lady(USA)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]