アグネスレディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アグネスレディー
Agnes lady.jpg
白菊賞出走時
(1978年11月25日、京都競馬場)
欧字表記 Agnes Lady
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1976年3月25日
死没 1993年3月11日
(17歳没・旧18歳)
リマンド
イコマエイカン
母の父 Sallymount
生国 日本の旗 日本北海道三石町
生産 折出正義
馬主 渡辺孝男
調教師 長浜彦三郎栗東
厩務員 大川鉄雄
競走成績
生涯成績 18戦5勝
獲得賞金 1億6426万4700円
テンプレートを表示

アグネスレディーとは日本で走った競走馬である。1979年の優駿牝馬(オークス)などに優勝し、同年の優駿賞最優秀4歳牝馬に選出された。主戦騎手河内洋。引退後は繁殖牝馬となり、桜花賞優勝馬アグネスフローラを産んだ。同馬の産駒にアグネスフライトアグネスタキオン兄弟がいる。

馬齢は2000年以前に使用された旧表記(数え年)で記述する。

デビュー前[編集]

1976年、北海道三石町の折手牧場に生まれる。父は当時新進の種牡馬であったイギリス産のリマンド、母イコマエイカンは1勝馬であったが、本馬の出生時には同じく父にリマンドを持つ産駒・グレイトファイターがすでにオープンクラスで活躍していた。2歳時から3歳馬と一緒の育成を楽にこなし[1]、競走年齢の3歳を迎えた1978年、に当時の牝馬としては高額の1800万円で渡辺孝男に購買され、滋賀県栗東トレーニングセンターの長浜彦三郎厩舎に入った。競走名「アグネスレディー」はアイドル歌手のアグネス・チャンから渡辺の長女が決定したものである[1]。渡辺は1990年に行われたインタビューで、「アグネス」の冠名を使い始めてからアグネスホープに次ぐ2頭目(牝馬では最初)の活躍馬として本馬の名を挙げている[2]

戦績[編集]

3-4歳時(1978-1979年)[編集]

1978年10月、京都開催の新馬戦で久保敏文を鞍上にデビュー。初戦は追い込みが届かず2着に敗れたが、2戦目で初勝利を挙げる。3戦目から騎手が河内洋に替わり、好位から抜け出して連勝した。河内は当時5年目の若手騎手であり、有力馬のベテランから若手への乗り替わりは、当時珍しい例であった。渡辺が初戦の敗戦に不満を覚えたことが原因ともされている[3]

翌1979年、クラシックを目標に1月の紅梅賞から始動したものの、同時期に歯替わりが上手く行かず食が細ったこともあり[1]、緒戦から僅差ながら3連敗を喫する。クラシック初戦の桜花賞では2番人気に支持されたが、苦手の重馬場で6着に終わった。

しかし次走の東京4歳牝馬特別(オークストライアル)でシルクスキーの2着と好走、迎えた優駿牝馬(オークス)ではシルクスキーの骨折・戦線離脱により、桜花賞優勝のホースメンテスコ等を抑えて1番人気に支持された。レースでは道中5、6番手を進むと、直線で半ばで抜け出し、2着ナカミサファイアに2馬身半の差を付けて優勝。重賞初制覇をクラシックで果たした。河内にとってもデビュー6年目で初めての八大競走制覇であり、1976年の第37回競走で2番人気に推されながら6着に終わっていた全姉・クインリマンドの雪辱ともなった。

夏を休養に充て、秋はエリザベス女王杯を目標に据えた。神戸新聞杯京都牝馬特別をそれぞれ3、5着として女王杯を迎える。当日は1番人気に支持されると、苦手とする不良馬場の中を直線で先頭に立った。しかしゴール手前でミスカブラヤに一気に交わされ、同馬から 1馬身半差の2着に終わった。年末の阪神牝馬特別も5着と精彩を欠いたが、オークス優勝が評価され、翌1月には当年の最優秀4歳牝馬に選出された。

5歳時(1980年)[編集]

古馬となった1980年は、日経新春杯から始動。生涯最低に並ぶ9番人気と低評価であったが、3着と好走する。続く京都記念(春)では最後の直線入り口からメジロトランザムと一杯に競り合い、同馬をハナ差退けて優勝。オークス以来の勝利を挙げた。次走オープン戦を2着として春季のグランプリ宝塚記念に出走。しかしここは不良馬場に手間取り、最下位と大敗を喫した。

休養を経て、朝日チャレンジカップに出走。ファインドラゴン、シルクスキーとの競り合いを制し、重賞3勝目を挙げた。当日、馬主の渡辺はイギリスの大種牡馬・ミルリーフとの交配権確保のため渡英しており、表彰式には不在であった[4]。その後交渉が成立し、本競走を以て引退が決定。12月14日、京都競馬場引退式が行われた。

全成績表[編集]

年月日 レース名 頭数 人気 着順 距離(状態 タイム 着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
1978 10. 8 京都 新馬 17 3 2着 芝1200m(良) 1:12.0 0.3秒 久保敏文 52.5 ヨウキヒ
10. 29 京都 新馬 12 1 1着 芝1200m(不) 1:12.9 3 1/2身 久保敏文 52 (マーシャルワン)
11. 25 京都 白菊賞 13 2 1着 芝1400m(良) 1:24.1 1 3/4身 河内洋 52 (サカエアルボー)
(キングトゥビー)
1979 1. 6 京都 紅梅賞 9 1 3着 芝1600m(良) 1:37.5 0.3秒 河内洋 53 ハギノカオリ
2. 17 京都 4歳S 11 5 5着 芝1600m(良) 1:37.5 1.0秒 河内洋 52 カツラノハイセイコ
3. 18 阪神 阪神4歳牝馬特別 17 6 3着 芝1400m(不) 1:25.7 0.3秒 河内洋 54 シーバードパーク
4. 8 阪神 桜花賞 22 2 6着 芝1600m(不) 1:42.8 1.8秒 河内洋 55 ホースメンテスコ
4. 29 東京 東京4歳牝馬特別 20 3 2着 芝1800m(稍) 1:50.5 0.2秒 河内洋 54 シルクスキー
5. 20 東京 優駿牝馬 24 1 1着 芝2400m(良) 2:29.6 2 1/2身 河内洋 55 ナカミサファイヤ
9. 30 中京 神戸新聞杯 9 6 3着 芝2000m(重) 2:04.0 0.9秒 河内洋 54 ネーハイジェット
10. 28 中京 京都牝馬特別 10 2 5着 芝1800m(良) 1:48.4 0.4秒 河内洋 54 インターグロリア
11. 18 阪神 エリザベス女王杯 18 1 2着 芝2400m(不) 2:32.8 0.2秒 河内洋 55 ミスカブラヤ
12. 16 阪神 阪神牝馬特別 12 2 4着 芝2000m(良) 2:01.2 0.2秒 河内洋 55 シルクスキー
1980 1. 20 阪神 日経新春杯 10 9 3着 芝2400m(良) 2:28.3 1.0秒 河内洋 54 メジロトランザム
2. 17 中京 京都記念(秋) 9 2 1着 芝2400m(良) 2:27.8 ハナ 河内洋 54 (メジロトランザム)
3. 29 阪神 オープン 10 3 2着 芝1800m(良) 1:48.8 0.2秒 河内洋 55 テルテンリュウ
6. 1 中京 宝塚記念 15 9 15着 芝2400m(不) 2:37.7 5.8秒 河内洋 53 テルテンリュウ
9. 21 阪神 朝日チャレンジC 12 5 1着 芝2000m(良) 2:01.6 3/4身 河内洋 55 ファインドラゴン

繁殖牝馬時代[編集]

アグネスフローラ

引退後は渡英し、予定通りミルリーフとの交配を済ませて11月に帰国。翌3月に故郷・折出牧場において、初仔となる牡駒を出産した。同馬はミルグロリーと命名されて期待を受けたが、デビュー直前の調教中に骨折し、競走能力を喪失[4]。出走しないまま引退を余儀なくされた。以後しばらく目立った産駒はなかったが、ロイヤルスキーとの間に産んだ第6仔・アグネスフローラが、河内の手綱で1990年の桜花賞に優勝し、母仔二代のクラシック優勝馬となった。

1993年3月11日、アグネスレディーは移送中の馬運車の中で暴れ、背骨を骨折[5]。18歳で死亡した。その1ヶ月前、折手牧場から社台ファームに繋養先の変更が決まった際にも馬運車に乗るのを拒んで暴れ、移送延期の原因となったという[5]

その死後、アグネスフローラの産駒・アグネスフライトが2000年の東京優駿(日本ダービー)を制し、日本競馬史上初の牝系三代によるクラシック制覇を達成。さらにその翌年、全弟アグネスタキオン皐月賞に優勝した。同馬は2008年に内国産馬として史上3頭目のリーディングサイアーも獲得している。河内は騎手生活中にこれら全馬の手綱を執っており、「この血統は本当に僕の騎手としての核になる部分を形成している」と語っている[6]

産駒一覧[編集]

生年 馬名 毛色 戦績 供用
初仔 1982年 ミルグロリー 栗毛 Mill Reaf 不出走 種牡馬
2番仔 1983年 アグネスサンダー 鹿毛 アグネスプレス 8戦1勝
3番仔 1984年 アグネスシャレード 黒鹿毛 ターゴワイス 5戦1勝 繁殖牝馬
4番仔 1985年 アグネスクローネ 栗毛 アグネスベンチャー 16戦1勝 繁殖牝馬
5番仔 1986年 アグネスルーマー 黒鹿毛 ブレイヴェストローマン 10戦3勝
6番仔 1987年 アグネスフローラ 栗毛 ロイヤルスキー 6戦5勝
桜花賞
繁殖牝馬
7番仔 1988年 アグネスオーロラ 鹿毛 イルドブルボン 3戦0勝 繁殖牝馬
8番仔 1990年 アグネスフリッカー 鹿毛 パドスール 1戦0勝 繁殖牝馬
9番仔 1991年 アグネスリブ 鹿毛 リヴリア 5戦0勝 繁殖牝馬

※産駒は全て母と同馬主・同厩舎(第4仔クローネから後は長浜彦三郎から長浜博之に代替わり)だった。

血統[編集]

同じ配合で生まれた産駒には、本馬を含めて3頭の重賞勝利馬がいる。リマンド産駒の牝馬はテンモンタレンティドガールなど長距離においても瞬発力を発揮することを特長とした。河内が騎乗した活躍馬には牝馬が多く、「牝馬の河内」とも称されたが、その内で「距離が延びて切れる(瞬発力がある)というのは牝馬ではこの馬だけかも知れない」と語っている[7]

血統表[編集]

アグネスレディー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ブレニム系

*リマンド
Remand
1965 栗毛 イギリス
父の父
Alcide 1955
鹿毛 イギリス
Alycidon Donatello
Aurora
Chenille King Salmon
Sweet Aloe
父の母
Admonish 1958
栗毛 イギリス
Palestine Fair Trial
Una
Warning Chanteur
Vertencia

イコマエイカン
1967 鹿毛
日本
Sallymount 1956
栗毛 イギリス
Tudor Minstrel Owen Tudor
Sansonnet
Queen of Shiraz Bahram
Qurrat-al-Ain
母の母
*ヘザーランズ
Heatherlands 1957
鹿毛 イギリス
Tenerani Bellini
Tofanella
Dark Brocade Le Ksar
Light Brocade F-No.1-l
母系(F-No.) イコマエイカン系(FN:1-l) [§ 2]
5代内の近親交配 Hyperion 5×5、Lady Juror 5×5 [§ 3]
出典
  1. ^ [8]
  2. ^ [9][8]
  3. ^ [8]

叔母の曾孫にブリーダーズゴールドカップを制したスノーエンデバーがいる。4代母Light Brocadeは1934年オークス馬、5代母Trilogyは1926年1000ギニー2着馬。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『優駿』1989年6月号 p.40
  2. ^ 『優駿』1990年5月号 p.64
  3. ^ 河内/加賀谷(2003)p.28
  4. ^ a b 『優駿』1989年6月号 p.42
  5. ^ a b 『サラブレッド101頭の死に方』p.367
  6. ^ 加賀谷/河内(2003)p.33
  7. ^ 加賀谷/河内(2003)p.29
  8. ^ a b c 血統情報:5代血統表|アグネスレデイー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年8月14日閲覧。
  9. ^ 栗山求 (2015年4月8日). “フォーエバーマークの全弟インジャスティス”. netkeiba.com. 2016年8月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 優駿』1989年6月号(日本中央競馬会)横尾一彦「オークスの令嬢 - アグネスレディー」
  • 『優駿』1990年5月号(日本中央競馬会)「オーナー愛馬を語る44 アグネスフローラの渡辺孝男さん」
  • 大川慶次郎ほか『サラブレッド101頭の死に方(文庫版)』(徳間書店、1999年)ISBN 978-4198911850
  • 加賀谷修、河内洋『一生競馬』(ミデアム出版社、2003年)ISBN 978-4944001996

外部リンク[編集]