コスモドリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コスモドリーム
Requestpicture.JPG
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1985年6月13日
死没 (存命中)
ブゼンダイオー
スイートドリーム
母の父 ラッキーソブリン
生国 日本の旗 日本北海道白老町
生産 上田牧場
馬主 田邉廣己
調教師 松田博資栗東
競走成績
生涯成績 13戦4勝
獲得賞金 1億5650万3300円
テンプレートを表示

コスモドリーム日本競走馬繁殖牝馬1988年優駿牝馬(オークス)で優勝した。

馬齢は旧表記(数え年)で統一する。

経歴[編集]

出生[編集]

母スイートドリームには、後ろに立った馬を蹴り上げようとする悪癖があり、高価な種牡馬を種付けするにはリスクが大きかった。それでも何とかモガミを種付けしたが不受胎。そこで、万が一蹴り飛ばされても損害が少ないという理由で種付けされたのが、当時上田牧場で自家用種牡馬兼当て馬をしていたブゼンダイオーだった。翌1985年にコスモドリームが誕生。誕生日は6月13日という遅生まれであった。

また、上記の理由によりしばらくの間スイートドリームにはブゼンダイオーばかりが種付けされていたが、コスモドリームの活躍を受けて他の種牡馬も種付けされるようになり、1995年にはこの時不受胎だったモガミの仔も産んでいる。しかしその成績はコスモドリームを除けば全頭合わせても地方競馬で1勝のみである。

戦績[編集]

当時デビュー3年目の熊沢重文を背に、初戦から3戦はダートコースの競走ばかりを3戦1勝という成績だった。次走のチューリップ賞(当時はオープン特別)では、スタート直後に熊沢が落馬して競走中止。この後岡潤一郎に乗り替わって条件戦を勝ち上がり、オークスへ出走した。当時、岡はGI競走での騎乗条件規定である「通算31勝」の規定を満たしていなかったため、本競走では再び熊沢が騎乗した。22頭立ての10番人気だったコスモドリームは、スタートで出遅れて後方からのレース運びとなる。しかし道中で徐々に進出、最後の直線で鋭い伸び脚を見せ、マルシゲアトラスに1馬身半差を付けて優勝した。人馬ともに重賞およびGI競走初制覇、熊沢は加えて20歳3ヶ月でのオークス優勝となり、本競走の最年少勝利記録を更新した。

夏は休養せず、ローカル開催を転戦する。勝利こそなかったが、高松宮杯オグリキャップの3着に入るなど、古牡馬に互しての好走を続けた。しかし、秋緒戦として出走した京都大賞典で2着となった後、エリザベス女王杯へ向けての調教中に骨折。同競走を回避し、休養を余儀なくされた。

6ヶ月の休養後、翌4月末に復帰戦で勝利。次走に迎えた春のグランプリ宝塚記念では5番人気に支持された。しかし後方待機から直線で伸びず、14着と大敗。続く高松宮杯も9着に終わり、これを最後に競走生活から退いた。

現役中に厩務を担当したのは現調教師の大橋勇樹であった。

引退後[編集]

引退後は北海道門別町の下河辺牧場で繁殖入り。リヴリアリアルシャダイなど活躍種牡馬との交配もあったが、目立った産駒は出ていない。2009年に繁殖からも引退。以後はむかわ町のフラット牧場で余生を送っている。

全成績[編集]

年月日 レース名 頭数 人気 着順 距離(状態 タイム 上がり 着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
1988 1. 10 京都 4歳新馬 16 1 3着 1200m(良) 1:14.8 (36.2) 0.9秒 熊沢重文 52 シンコウエンジェル
1. 23 京都 4歳新馬 11 1 1着 ダ1800m(稍) 1:54.4 (37.7) 大差 熊沢重文 52 (ロングイチヒメ)
2. 13 京都 梅花賞 8 2 3着 ダ1800m(良) 1:54.8 (37.8) 0.3秒 熊沢重文 53 ワンダーテイオー
3. 13 阪神 チューリップ賞 11 6 中止 芝1600m(良) - -  - 熊沢重文 54 シヨノロマン
3. 27 阪神 牝400万下 9 2 2着 芝2000m(不) 2:08.3 (36.0) 0.6秒 岡潤一郎 50 ミントビガー
4. 16 阪神 はなみずき賞 12 4 1着 芝2200m(良) 2:15.5 (36.3) クビ 岡潤一郎 53 (ミントビガー)
5. 22 東京 優駿牝馬 GI 22 10 1着 芝2400m(良) 2:28.3 (36.5) 1 1/2身 熊沢重文 55 マルシゲアトラス
7. 10 中京 高松宮杯 GII 8 4 3着 芝2000m(良) 1:59.9 (35.1) 0.9秒 熊沢重文 52 オグリキャップ
8. 28 小倉 小倉記念 GIII 12 1 2着 芝2000m(良) 2:02.1 (36.2) 0.0秒 熊沢重文 55 プレジデントシチー
10. 9 京都 京都大賞典 GII 8 1 2着 芝2400m(良) 2:27.6 (36.0) 0.5秒 岡潤一郎 55 メイショウエイカン
1989 4. 30 京都 オーストラリアトロフィー 9 2 1着 芝2200m(良) 2:17.1 (36.3) ハナ 熊沢重文 57 (スカイジャイアント)
6. 11 阪神 宝塚記念 GI 16 5 14着 芝2200m(良) 2:16.1 (38.4) 2.1秒 熊沢重文 54 イナリワン
7. 9 中京 高松宮杯 GII 14 5 9着 芝2000m(稍) 2:00.6 (36.8) 1.7秒 熊沢重文 55 メジロアルダン

エピソード[編集]

優駿牝馬当日のフジテレビスーパー競馬』での中継において、実況アナウンスを務めた堺正幸が、最後の直線でコスモドリームと同枠に入っていたサンキョウセッツとを誤認する事件があった。堺はコスモドリームが抜け出してきた瞬間「サンキョウセッツが来た」と実況、そのままゴールまで「サンキョウセッツ」と連呼を続け、ゴール後には「(サンキョウセッツに騎乗していた)郷原やっと牝馬のタイトル、牝馬クラシックを取りました」と締め括った。やがて誤りに気付き、解説を務めていた大川慶次郎との確認後に訂正したが、堺はこの事件がきっかけでしばらく競馬中継の実況から離れることになった。

血統表[編集]

コスモドリーム血統(ボワルセル系(セントサイモン系) / Bois Roussel4×5=9.38% PharosFairway5×5=6.25%) (血統表の出典)
父系

ブゼンダイオー
1974 鹿毛
父の父
ダイコーター
1962 鹿毛
*ヒンドスタン
Hindostan
Bois Roussel
Sonibai
*ダイアンケー
Dianne K.
Lillolkid
Bonnie Luna
父の母
アランバード
1963 鹿毛
*アドミラルバード
Admiral Byrd
Nearco
Woodlark
*アランデール
Allandale
Propontis
*フリローラ

スイートドリーム
1979 鹿毛
*ラッキーソブリン
Lucky Sovereign
1974 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Sovereign Pardao
Urshalim
母の母
ゲラン
1964 栗毛
*ソロナウエー
Solonaway
Solferino
Anyway
*ミスブゼン Summertime
Imperial Gold F-No.18
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

参考文献[編集]

  • 須田鷹雄「コスモドリーム 関東では無名の有名関西馬」『別冊宝島143 競馬名馬読本』(JICC出版局、1991年)

外部リンク[編集]