キングヘイロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キングヘイロー
King Halo 2 19971005.JPG
1997年10月5日 新馬戦ゴール前
欧字表記 King Halo
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1995年4月28日(22歳)
登録日 1997年6月26日
抹消日 2001年1月11日
ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
母の父 Halo
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 協和牧場
馬主 浅川吉男
調教師 坂口正大栗東
調教助手 福留健一
厩務員 時岡和幸
競走成績
生涯成績 27戦6勝
獲得賞金 5億0026万6000円
テンプレートを表示

キングヘイローは、かつてJRAに所属した競走馬である。高松宮記念などに勝利した。現在は種牡馬

競走馬時代[編集]

以下、年齢は旧表記で統一する。

3歳時[編集]

父は80年代ヨーロッパ最強の声も高いダンシングブレーヴ、母がケンタッキーオークスなどアメリカG1を7勝した名牝グッバイヘイローという世界的な良血馬であり、相当の期待馬であった。福永の回想によれば、元々デビュー戦で騎乗予定だった武豊毎日王冠に出走予定のジェニュインの騎乗依頼を受け、調教師坂口正大に断りの電話をかけた際に、その場にたまたま福永がいたため「乗る?」という一言で騎乗が決まった。デビューから4歳一杯は1戦を除き、デビュー2年目の福永祐一が手綱を取った。

デビュー戦、黄菊賞と2連勝で重賞東京スポーツ杯3歳ステークスへ駒を進めると、2着のマイネルラヴに2馬身半の差をつけ、無傷の3連勝を飾った。鞍上の福永にとっても初めての中央の重賞勝ちであった。暮れのラジオたんぱ杯3歳ステークスでは断然の1番人気に推されたが、最後の直線でロードアックスに差されて2着となった。

4歳時[編集]

1998年、春初戦は皐月賞トライアル弥生賞となった。ここでも引き続き1番人気となったが、ジュニアカップを圧勝してきたセイウンスカイの逃げを捉えきれず、またきさらぎ賞勝利で真価を発揮したスペシャルウィークにも歯が立たず、2頭から4馬身離された3着に終わった。評価を落とした皐月賞ではスペシャルウィークを抑えこみ猛然と追い詰めたが、逃げたセイウンスカイは捉える事が出来ず2着。続く日本ダービーでは逃げを打ち、当時史上2番目にあたるハイペースとなり直線で失速、14着と大敗した。

秋に入り神戸新聞杯岡部幸雄に乗り変わったものの、ボールドエンペラーとの叩き合いとなり3着に敗れた。続く京都新聞杯はスペシャルウィークを苦しめたもののクビ差2着となった。その後菊花賞で5着、有馬記念で6着と距離が伸びたGI2競走は良い所が無かった。

5歳時[編集]

1999年は年明け早々から柴田善臣騎乗で東京新聞杯中山記念と重賞を連勝した。タイキシャトルの抜けたマイル路線の中心的存在と期待されたが、3ヶ月ぶりの安田記念は11着に沈み、宝塚記念も8着とふるわなかった。秋初戦の毎日王冠横山典弘が騎乗したが5着、天皇賞(秋)も柴田善臣が騎乗したが7着とふるわなかったため、マイルチャンピオンシップでは鞍上を福永祐一に戻した。この際の騎乗にあたって、福永は頭を丸めて臨むという気合の入れようだった。だが、レースでは武豊騎乗のブラックホークをかわすも、春秋マイルGI制覇を達成したエアジハードの横綱相撲の前に2着に敗れた。続くスプリンターズステークスでも福永が乗ったが、ブラックホーク、アグネスワールドを捕まえきれず、3着と勝ち切れなかった。

6歳時[編集]

2000年の初戦は初ダートフェブラリーステークスだった。血統的背景、新境地開拓の意味でも期待されて、1番人気に推された。しかし、レースでは砂をかぶりやすい1枠に入ったため全く動かず、終始後方のまま13着と惨敗した。調教師の坂口は批判を浴びたが、本馬に「GIタイトルを」という意志は揺るがなかった。次の高松宮記念は再び柴田善臣が騎乗し、直線で粘っていたブラックホーク、アグネスワールドなどのスプリンターを大外からゴール直前で差し切って、悲願のGI初制覇を成し遂げた。坂口はこの勝利に人目もはばからず涙した。なお、このレースで2着になったディヴァインライトに騎乗していたのは福永祐一であった。

高松宮記念後、福永祐一の騎乗で安田記念に挑み、日本馬最先着の3着に入った。秋になると、鞍上を柴田善臣に戻したが、マイルチャンピオンシップ7着、スプリンターズステークス7着と目立った活躍をする事は出来なかったが、引退レースとなった有馬記念では後方から追い込んで4着と健闘した。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 レース名 オッズ (人気) 着順 距離 タイム
上り3F
着差 騎手
勝ち馬/(2着馬)
1997. 10. 5 京都 3歳新馬 2.9 (2人) 1着 芝1600m(良) 1:37.0 (36.2) -0.1 福永祐一 53 (アドマイヤディオス)
10. 25 京都 黄菊賞 5.6 (3人) 1着 芝1800m(良) 1:48.8 (34.8) -0.2 福永祐一 53 (コウエイテンカイチ)
11. 15 東京 東京スポーツ杯3歳S GIII 2.4 (1人) 1着 芝1800m(良) R1:48.0 (35.1) -0.4 福永祐一 54 マイネルラヴ
12. 22 阪神 ラジオたんぱ杯3歳S GIII 1.4 (1人) 2着 芝2000m(良) 2:04.0 (36.4) 0.2 福永祐一 54 ロードアックス
1998. 3. 8 中山 弥生賞 GII 2.1 (1人) 3着 芝2000m(良) 2:02.6 (36.2) 0.8 福永祐一 55 スペシャルウィーク
4. 19 中山 皐月賞 GI 6.8 (3人) 2着 芝2000m(良) 2:01.4 (36.6) 0.1 福永祐一 57 セイウンスカイ
6. 7 東京 東京優駿 GI 3.9 (2人) 14着 芝2400m(稍) 2:28.4 (35.7) 2.6 福永祐一 57 スペシャルウィーク
9. 20 阪神 神戸新聞杯 GII 1.9 (1人) 3着 芝2000m(良) 2:02.2 (37.8) 0.3 岡部幸雄 57 カネトシガバナー
10. 18 京都 京都新聞杯 GII 8.4 (3人) 2着 芝2200m(稍) 2:15.1 (36.6) 0.1 福永祐一 57 スペシャルウィーク
11. 8 京都 菊花賞 GI 10.3 (3人) 5着 芝3000m(良) 3:03.9 (34.7) 0.7 福永祐一 57 セイウンスカイ
12. 27 中山 有馬記念 GI 26.7 (10人) 6着 芝2500m(良) 2:32.9 (35.3) 0.8 福永祐一 55 グラスワンダー
1999. 2. 7 東京 東京新聞杯 GIII 2.1 (1人) 1着 芝1600m(良) 1:33.5 (35.2) -0.5 柴田善臣 57 ケイワンバイキング
3. 14 中山 中山記念 GII 1.8 (1人) 1着 芝1800m(良) 1:47.5 (36.2) -0.3 柴田善臣 57 ダイワテキサス
6. 13 東京 安田記念 GI 6.0 (2人) 11着 芝1600m(良) 1:35.1 (37.1) 1.8 柴田善臣 58 エアジハード
7. 11 阪神 宝塚記念 GI 26.7 (5人) 8着 芝2200m(良) 2:14.6 (37.8) 2.5 柴田善臣 58 グラスワンダー
10. 10 東京 毎日王冠 GII 10.5 (2人) 5着 芝1800m(良) 1:46.2 (34.9) 0.4 横山典弘 58 グラスワンダー
10. 31 東京 天皇賞(秋) GI 4.3 (3人) 7着 芝2000m(良) 1:58.6 (35.8) 0.6 柴田善臣 58 スペシャルウィーク
11. 21 京都 マイルCS GI 8.0 (4人) 2着 芝1600m(良) 1:33.0 (34.4) 0.2 福永祐一 57 エアジハード
12. 19 中山 スプリンターズS GI 7.8 (4人) 3着 芝1200m(良) 1:08.4 (34.3) 0.2 福永祐一 57 ブラックホーク
2000. 2. 20 東京 フェブラリーS GI 5.1 (1人) 13着 ダ1600m(良) 1:37.2 (37.8) 1.6 柴田善臣 57 ウイングアロー
3. 26 中京 高松宮記念 GI 12.7 (4人) 1着 芝1200m(良) 1:08.6 (34.9) クビ 柴田善臣 57 ディヴァインライト
5. 14 東京 京王杯スプリングC GII 6.5 (3人) 11着 芝1400m(良) 1:22.0 (35.1) 1.0 柴田善臣 59 スティンガー
6. 4 東京 安田記念 GI 7.7 (3人) 3着 芝1600m(良) 1:34.1 (35.2) 0.2 福永祐一 58 フェアリーキングプローン
10. 1 中山 スプリンターズS GI 15.0 (6人) 7着 芝1200m(稍) 1:09.6 (35.5) 1.0 柴田善臣 57 ダイタクヤマト
10. 28 京都 スワンS GII 5.2 (3人) 12着 芝1400m(良) 1:21.5 (35.9) 1.1 柴田善臣 59 ダイタクヤマト
11. 19 京都 マイルCS GI 7.7 (5人) 7着 芝1600m(良) 1:33.2 (35.6) 0.6 柴田善臣 57 アグネスデジタル
12. 24 中山 有馬記念 GI 39.9 (9人) 4着 芝2500m(良) 2:34.3 (36.0) 0.2 柴田善臣 56 テイエムオペラオー
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す。

引退後[編集]

2001年優駿スタリオンステーションにて種牡馬入りした。魅力的な血統と100万円前後の手ごろな種付料から、例年100頭を越える繁殖牝馬に恵まれたことが幸いし、2004年ファーストシーズンサイアーランキング5位。初年度産駒のニシノドコマデモがオープンを勝ち、青葉賞2着から日本ダービー6着などの実績をあげた。そして2006年シンザン記念でゴウゴウキリシマが勝利し、産駒初の重賞勝ちをおさめた。また、同年の優駿牝馬(オークス)では、カワカミプリンセスが勝利し、産駒初のGI制覇を達成した。さらに同馬は無敗のまま秋華賞も制し、エリザベス女王杯でも1位入線(進路妨害により12着降着)した。2009年にはローレルゲレイロが高松宮記念を制して、キングヘイロー自身が現役時代に唯一制したGIでも父子制覇を達成している。

現役時代には様々な距離で走っており、産駒は様々なタイプを輩出している。さらに自身と同様に産駒は冬場に強く、夏場に弱い傾向がある。また首の高い走法の産駒も多い。産駒の活躍と共に種付料も上昇し、特にカワカミプリンセスなどが活躍した翌年の2007年度は受胎条件付きで350万円にまでになった。

2010年3月28日に中京競馬場第12競走のJRAプレミアムレースとして開催された「中京サンクスプレミアム」において、当馬が最多得票を獲得したことから「キングヘイローメモリアル」の副名称を付与して施行された。

主な産駒[編集]

カワカミプリンセス
ローレルゲレイロ
メーデイア

血統表[編集]

キングヘイロー血統リファール系 / Turn-to5×4・5=12.50%、Sir Gaylord4×4=12.50%、Almahmoud5×4=9.38%、Tom Fool5×5=6.25%) (血統表の出典)

*ダンシングブレーヴ
Dancing Brave
1983 鹿毛 アメリカ
Lyphard
1969 鹿毛 アメリカ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
Navajo Princess
1974 鹿毛 アメリカ
Drone Sir Gaylord
Cap and Bells
Mountain Flower Pago Pago
Chocolate Beau

*グッバイヘイロー
Goodbye Halo
1985 栗毛 アメリカ
Halo
1969 黒鹿毛 アメリカ
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Pound Foolish
1979 鹿毛 アメリカ
Sir Ivor Sir Gaylord
Attica
Squander Buckpasser
Discipline F-No. 8-h
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

祖母Pound Foolishの半弟にラシアンルーブル(父Nijinsky II)、近親には本馬の5代母Past Eightの牝系にZilzalがいる。

脚注[編集]

  1. ^ クリールカイザーnetkeiba.com 2015年1月26日閲覧

外部リンク[編集]