カネケヤキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カネケヤキ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1961年3月12日
死没 1995年10月28日
カネリユー
コンキユバイン
母の父 ルパシャ
生国 日本の旗 日本
青森県上北郡横浜町
生産 青森牧場
馬主 金指吉昭
調教師 杉浦照中山)→成宮明光(中山)
競走成績
生涯成績 16戦6勝
獲得賞金 1627万円
テンプレートを表示

カネケヤキは、1960年代に活躍した日本競走馬である。1964年の日本牝馬クラシック二冠桜花賞優駿牝馬)を達成した。その他朝日杯3歳ステークス2着、菊花賞5着がある。1964年啓衆賞最優秀4歳牝馬

1995年までサラブレッド長寿記録を、2016年までサラブレッド牝馬最長寿記録を保持していた。

戦績[編集]

1963年から1965年にかけ16戦6勝。主戦騎手野平祐二で、見習騎手が騎乗したオープンでの1戦をのぞくすべてのレースで騎乗した。

1963年10月中山競馬場でデビュー。8番人気の低評価を覆して初戦を快勝。次走を2着とした後、オープン戦、中山の3歳牝馬ステークスと連勝して臨んだ朝日杯3歳ステークスは、1番人気に推されるも、ウメノチカラにアタマ差及ばなかった。

牝馬二冠達成[編集]

明け4歳となってからは、京成杯弥生賞をそれぞれ6、4着と凡走、続くオープン戦も2着と敗れた。桜花賞では4番人気にまで人気を落としたが、先行抜け出しの競馬で2着のフラミンゴに2馬身差をつけ、快勝。この後、東京の4歳牝馬特別に勝利すると、本番の優駿牝馬はヤマニンルビーに3馬身差をつけ、二冠を達成。4歳牝馬の頂点に立った

菊花賞挑戦[編集]

秋は、クイーンステークスから始動したが、脚部不安から調子を崩し、同じ4歳牝馬のフラワーウツドに4馬身差の2着と完敗。続く、セントライト記念も勝ったウメノチカラから3馬身離された3着に終わった。この後、京都に遠征。オープン戦を5着として、菊花賞に臨んだ。カネケヤキは近走の不調から、12頭立ての9番人気と言う低評価だった。

当時はビクトリアカップ(1970年創設。後のエリザベス女王杯秋華賞の前身)が創設される前で、日本セントレジャーに相当する菊花賞への牝馬の挑戦は珍しいものではなかった。実際にカネケヤキ以前に牝馬二冠を達成した3頭はいずれも菊花賞に挑戦しており、このほかクリフジブラウニーと言った菊花賞を勝利した牝馬も居た[1]。とは言え、牝馬クラシック三冠は正式に設定されたものではなく注目もされなかった。一方、この年はクラシック三冠を狙うシンザンが出走しており、大きな注目を集めていた。後世から振り返った場合、結果的にこの競走は牡馬と牝馬の二冠馬が三冠をかけて対決した最初で最後の菊花賞である。

レースでは、他馬を大きく引き離しての大逃げをうつという奇策に出た。4コーナーまで粘り、レースを大きく盛り上げた。直線で失速したものの、脚部不安のなか牡馬に伍しての5着と健闘した。

この後は、5歳時にオープン戦を1戦しただけで引退、繁殖入りした。

引退後[編集]

生まれ故郷の青森牧場で繁殖牝馬となったが仔出しが悪く、目立った活躍馬を出すことができないまま、1984年、繁殖を引退した。

同牧場で余生を送っていたカネケヤキに、再び注目が集まったのは1995年ヒカルメイジコマツヒカリの母であるイサベリーンが持っていたサラブレッドの最長寿記録を、10月5日に更新した[2]10月28日午後0時30分に老衰のため死亡[3]。34歳と231日という大往生だった。

なお、サラブレッドの最長寿記録は、同年11月19日に奇しくも同じレースに出走したこともあるシンザンが更新した。サラブレッド牝馬最長寿記録も2015年ウラカワミユキが更新した。

血統表[編集]

カネケヤキ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 マンナ系

カネリユー
1951 鹿毛
父の父
ミルトン
1936 鹿毛
Miracle Manna
Brodick Bay
*シガアナ
Cigana
Solario
Granada
父の母
神鈴
1939 鹿毛
*プリメロ
Primero
Blandford
Athasi
*スリリング
Thrilling
Theo Bold
Ling

*コンキユバイン
Concubine
1948 鹿毛
Le Pacha
1938 鹿毛
Biribi Rabelais
La Bidouze
Advertencia Ksar
Ad Gloriam
母の母
Climax
1942 栗毛
Precipitation Hurry On
Double Life
Riot Colorado
Lady Juror
母系(F-No.) [§ 2]
5代内の近親交配 Phalaris 5×5=6.25%、Swynford 5×5= 6.25%(父内) [§ 3]
出典
  1. ^ [4]
  2. ^ [4]
  3. ^ [4]

脚注[編集]

  1. ^ 牝馬の菊花賞成績は意外に良く、2011年までに出走した牝馬44頭中、2頭が勝利し、25頭が5着以内に入っている
  2. ^ 「カネケヤキ35歳 あす サラブレッド最長寿に '64桜花賞、オークス制した牝馬」『読売新聞』1995年(平成7年)10月4日付東京本社夕刊3面。
  3. ^ 『日刊スポーツ』1995年10月29日付15面。
  4. ^ a b c 血統情報:5代血統表|カネケヤキ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]