ファビラスラフイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファビラスラフイン
欧字表記 FABULOUS LA FOUINE
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 1993年4月13日
死没 2013年5月11日(20歳没)
登録日 1995年12月14日
抹消日 1997年10月24日
Fabulous Dancer
Mercalle
母の父 Kaldoun
生国 フランスの旗 フランス
生産 Raymond Le Poder
馬主 吉田和子
調教師 長浜博之栗東
厩務員 吉田弘行
競走成績
生涯成績 7戦4勝
獲得賞金 2億2610万円
勝ち鞍 GI:秋華賞1996年
GII:ニュージーランドトロフィー1996年
テンプレートを表示

ファビラスラフイン (Fabulous la Fouine) はフランスで生まれ日本で走った競走馬である。名前はファビラスラフンではなくファビラスラフンである。

馬齢は旧表記で統一する(テンプレート内は現在の年齢表記)。

戦績[編集]

デビューは4歳の2月と遅めであった。3番人気ではあったが、藤田伸二を背に、2着に7馬身差をつけ勝利。続くさわらび賞では5馬身差、初の重賞挑戦となったニュージーランドトロフィー4歳ステークスも勝利し、デビューから3連勝を飾った。しかし、外国産馬であったため、クラシックには出走できなかった。

そして第1回NHKマイルカップでは1番人気に支持を受け出走したが、バンブーピノの作り出した前半1000mが56秒7という超ハイペースに巻き込まれたことが災いしてか、14着と大敗した。

は休養し、第1回秋華賞への出走を目指して調整された。騎手は藤田に別馬(ロゼカラー)の先約があったため、負傷から復帰したばかりの松永幹夫を迎えた。そこでは優駿牝馬(オークス)優勝馬エアグルーヴが圧倒的1番人気に支持され、エアグルーヴと同様にぶっつけで挑むファビラスラフインは短距離馬と思われていたこともあって18.8倍と離れた5番人気にとどまった。
レースは、シルクスプレンダーの逃げで前半の1000mが58秒7とまたもハイペースとなったが、ファビラスラフインは前半を3番手から進み、4コーナーでは2番手まで上がり、その勢いのまま抜け出して押し切った[1]。また、展開に恵まれた勝利ではなく、正攻法の内容で勝利したことで、この馬の実力が示された1戦でもあった。

次走は普通であれば最強牝馬決定戦であるエリザベス女王杯に進むところだが、陣営はジャパンカップに出走することを選択した。

1996年のジャパンカップは、凱旋門賞優勝馬エリシオや、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス優勝馬のペンタイアブリーダーズカップ・ターフ2着馬のシングスピールなど外国馬の強豪が揃った。また日本馬も、天皇賞(秋)の優勝馬バブルガムフェローエリザベス女王杯優勝馬のダンスパートナーなどが出走し、ファビラスラフインもここではさすがに見劣りし、7番人気であった。
レースは、カネツクロスが逃げを打ち、ファビラスラフインは2番手に控えた。4コーナーを3番手で回って迎えた最後の直線で、前を行くカネツクロスとエリシオをかわしたファビラスラフインの脚色は衰えず、猛追したシングスピールとの追い比べの結果、ハナ差差されたが2着に入った。日本の牝馬が前年のヒシアマゾンに続いて2年連続で連対を果たし、4歳馬となると日本馬としては牡馬も含めて史上初の連対であった。しかも、後にドバイワールドカップインターナショナルステークスを勝つシングスピールにハナ差まで迫り、通過タイムも2分23秒台で優秀とあって、2着ではあったが非常に価値のあるレース内容であった。

その後は有馬記念に出走し、4番人気に支持されたが、ジャパンカップの激走による疲れからか10着と敗れた。その後、屈腱炎を発症したため同競走を最後に引退し、同年のJRA賞最優秀4歳牝馬(部門名は当時)を受賞している。

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
1996.02.24 阪神 4歳新馬 ダ1200m(良) 16 5 10 04.6(3人) 1着 01:12.7(36.8) -1.2 藤田伸二 53Kg (ヒカリルーメン)
0000.03.16 阪神 さわらび賞 芝1600m(良) 16 7 14 02.0(1人) 1着 01.34.3(34.9) -0.8 藤田伸二 53Kg (ナリタプロテクター)
0000.04.20 東京 NZT4歳S GII 芝1400m(重) 17 1 2 03.0(1人) 1着 01:22.4(35.7) -0.3 藤田伸二 54Kg (エイシンガイモン)
0000.05.12 東京 NHKマイルC GI 芝1600m(良) 18 8 16 02.3(1人) 14着 01:34.7(37.8) -2.1 藤田伸二 55Kg タイキフォーチュン
0000.10.20 京都 秋華賞 GI 芝2000m(良) 18 7 15 018.8(5人) 1着 01:58.1(35.9) -0.2 松永幹夫 55Kg (エリモシック)
0000.11.24 東京 ジャパンカップ GI 芝2400m(良) 15 2 4 017.1(7人) 2着 02:23.8(36.0) -0.0 松永幹夫 53Kg シングスピール
0000.12.22 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 14 6 10 09.4(4人) 10着 02:36.1(38.9) -2.3 松永幹夫 53Kg サクラローレル

繁殖成績[編集]

引退後は、社台ファームで繁殖生活へと入った。1999年誕生した初仔から5頭連続で牝馬であったが、2004年アグネスタキオンとの間に初の牡馬が誕生している。2012年阪神大賞典を9番仔ギュスターヴクライが優勝し、産駒の重賞初制覇。

2013年5月11日難産のため死亡。

生年 馬名 毛色 戦績 厩舎
初仔 1999年 ファビラスキャット 芦毛 サンデーサイレンス 1勝(引退・繁殖) 栗東・長浜博之
2番仔 2000年 シュペリユール 鹿毛 サンデーサイレンス 5勝(引退・繁殖) 栗東・長浜博之
3番仔 2001年 ラフィンムード 黒鹿毛 エルコンドルパサー 0勝(引退・繁殖) 栗東・長浜博之
4番仔 2002年 ラブリネスオブパリ 芦毛 サンデーサイレンス 3勝(引退・繁殖) 美浦加藤征弘
5番仔 2003年 ラフィントレイル 黒鹿毛 エルコンドルパサー 0勝(引退・繁殖) 美浦・奥平雅士
6番仔 2004年 アグレアブル 芦毛 アグネスタキオン 1勝(引退) 美浦・萩原清
7番仔 2005年 ファビラスボーイ 芦毛 ジャングルポケット 3勝(引退) 美浦・堀井雅広
→栗東・松永幹夫
門別田中淳司
名古屋今津博之
高知別府真司
8番仔 2007年 ミッドタウンレディ 黒鹿毛 ゼンノロブロイ 3勝(引退・繁殖) 栗東・長浜博之
9番仔 2008年 ギュスターヴクライ 黒鹿毛 ハーツクライ 5勝(引退) 栗東・荒川義之
10番仔 2009年 ファビラスタイム 鹿毛 シンボリクリスエス 2勝(引退・繁殖) 栗東・長浜博之
西脇田中道夫
11番仔 2011年 ラフィンテール 芦毛 ネオユニヴァース 1勝(引退) 美浦・伊藤正徳
12番仔 2012年 エスプリドパリ 芦毛 ハーツクライ 0勝(引退・繁殖) 栗東・吉村圭司

血統表[編集]

ファビラスラフイン (Fabulous la Fouine)血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

Fabulous Dancer
1976 鹿毛
父の父
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Last of the Line
1967 青鹿毛
The Axe Mahmoud
Blackball
Bryonia Honeyway
Belladonna

Mercalle
1986 芦毛
Kaldoun
1975 芦毛
Caro *フォルティノ
Chambord
Katana Le Haar
Embellie
母の母
Eole Des Mers
1975 黒鹿毛
Carvin *マリーノ
Coraline
Deesse Des Mers Neptune
Brise de Mer
母系(F-No.) (FN:3-e) [§ 3]
5代内の近親交配 Mahmoud 5・4(父内) [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ファビラスラフイン 5代血統表2016年7月18日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ファビラスラフイン 5代血統表2016年7月18日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ファビラスラフイン 5代血統表2016年7月18日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ ファビラスラフイン 5代血統表2016年7月18日閲覧。
  • 母は1990年カドラン賞(芝4000メートル)の勝ち馬。この馬が短距離馬ではないことは一目瞭然と言える血統構成をしている。
  • 3代母Deesse des Mersは仏で16戦15勝(うち障害7戦7勝)の成績を上げている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ この時の走破タイム1分58秒1は、当時のコースレコード(1995年朝日チャレンジカップで、マイシンザンが記録した1分58秒0)にコンマ1秒差であると同時に、2014年ショウナンパンドラが1分57秒0を記録するまでの秋華賞レコードでもあった。

外部リンク[編集]