三石町 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みついしちょう
三石町
道の駅みついし
Flag of Mitsuishi, Hokkaido.svg
三石町旗
Symbol of Mitsuishi, Hokkaido.svg
三石町章
廃止日 2006年3月31日
廃止理由 新設合併
静内町三石町新ひだか町
現在の自治体 新ひだか町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 日高支庁
三石郡
市町村コード 01606-3
面積 346.23km2
総人口 4,973
(住民基本台帳、2005年12月末日)
隣接自治体 静内町浦河町
町の木 アオダモ
町の花 ハマナス
三石町役場
所在地 059-3195
北海道三石郡三石町字本町212番地
座標 北緯42度14分54秒 東経142度33分37秒 / 北緯42.24833度 東経142.56031度 / 42.24833; 142.56031 (三石町)座標: 北緯42度14分54秒 東経142度33分37秒 / 北緯42.24833度 東経142.56031度 / 42.24833; 142.56031 (三石町)
北海道内における三石町の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

三石町(みついしちょう)は、北海道日高支庁管内に設置されていた

町名はアイヌ語のi-ma-nit-us-i「イマニトゥシ」(魚焼き串がある所)という説やnit-us「ニトゥシ」(樺皮の桶)の説[1]、 pit-o-us-i「ピトウシ」(小石の多い土地)が転訛して「みついし(三石)」となったとする説などがある。三石昆布が名産。多くの名馬を輩出していた。

地理[編集]

日高支庁沿岸中部に位置する。北部は日高山脈に由来する山岳地帯。 南部は太平洋に面する。

隣接していた自治体[編集]

沿革[編集]

  • 1906年明治39年)姨布村(おばふ)、辺訪村(へぼう)、幌毛村、本桐村、鳧舞村(けりまい)、歌笛村(うたふえ)を合併、二級町村制、三石郡三石村
  • 1928年昭和3年)姨布を(大字)三石村と改称。
  • 1936年 村内の地名を以下のように再編。
    • 三石村 → 越海町、港町、本町、西端、東蓬莱、鳧舞
    • 辺訪 → 西蓬莱、東蓬莱、蓬栄、豊岡
    • 幌毛 → 蓬栄、豊岡、富沢、福畑、美河
    • 本桐 → 本桐、美野和、鳧舞、歌笛
    • 鳧舞 → 鳧舞、美野和
    • 歌笛 → 歌笛、美野和、稲見、川上、清瀬
  • 1938年 一級町村制
  • 1951年 町制施行、三石町
  • 2006年平成18年)静内町と合併

廃置分合[編集]

新冠町静内町と合併を協議、当初は市に昇格予定で、新市名称は「ひだか市」に決定していた。 その後新冠町から合併の時期の延期申し入れがあり、協議の結果、3町による合併協議は休止された。静内町とは新たに協議会を設置し、新町名を「新ひだか町」とすること、合併期日を2006年3月31日とすることで合意に至った。

姉妹都市・提携都市[編集]

経済[編集]

基幹産業は稲作、畑作、畜産、漁業(コンブ)など。 昔は観光業も栄えていた。

教育[編集]

  • 中学校
    • 三石
  • 小学校
    • 三石、延出、歌笛、鳧舞、本桐
  • 大学施設
    • 北海道大学理学部附設三石地震地殻変動観測所

廃校[編集]

  • 高等学校
    • 北海道三石
  • 中学校
    • 三石第二(三石第一と統合し三石に)
  • 小学校
    • 川上(歌笛と統合)

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

観光[編集]

祭事[編集]

  • 蓬莱山祭り
  • 三石港祭り

作品[編集]

TVドラマ[編集]

  • 星の金貨(NTV、1995年)主演酒井法子 ロケ地:歌笛、本桐
  • 続・星の金貨(NTV、1996年)主演:酒井法子 ロケ地:歌笛

出身の有名人[編集]

主な生産競走馬[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 北海道庁. “アイヌ語地名リスト”. 北海道庁. 2017年8月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]