能生町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
能生町
Flag of Noh Niigata.png Noh Niigata chapter.gif
町旗 町章
廃止日 2005年3月19日
廃止理由 新設合併
能生町糸魚川市青海町糸魚川市
現在の自治体 糸魚川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
西頸城郡
団体コード 15562-4
面積 150.49km2.
総人口 10,858
(2000年10月1日)
隣接自治体 上越市妙高村糸魚川市
町の木 イチョウ
町の花 シャクナゲ
能生町役場
所在地 949-1352
新潟県西頸城郡能生町大字能生1941-2
外部リンク 能生観光協会公式サイト
能生町の位置
 表示 ウィキプロジェクト

能生町(のうまち)は、新潟県の南西、西頸城郡にあった糸魚川市への通勤率は15.9%(平成12年国勢調査)。2005年3月19日に糸魚川市、青海町新設合併した為消滅した。

地理[編集]

  • 山: 不動山、鉾ヶ岳、権現岳
  • 河川: 能生川
  • 湖沼:

隣接していた自治体[編集]

東から時計回り順に

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い西頸城郡能生町村、能生小泊村が合併し、町制施行して能生町が発足。
  • 1954年昭和29年)10月1日 - 西頚城郡能生谷村磯部村木浦村と合併して、能生町を新設。
  • 1986年(昭和61年)1月26日 - 権現岳山頂付近で発生した表層雪崩が柵口(ませぐち)集落を押し流した。死者13名。(柵口雪崩災害
  • 2005年平成17年)3月19日 - 糸魚川市、青海町と合併して、糸魚川市を新設して消滅。

このほか糸魚川市の歴史も参照のこと。

行政[編集]

経済[編集]

産業[編集]

  • 主な産業
  • 産業人口(2000年国勢調査)
    • 第1次産業:1,026人
    • 第2次産業:2,269人
    • 第3次産業:2,576人

漁業[編集]

  • 筒石漁港
  • 能生漁港
  • 鬼舞漁港

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

地域[編集]

健康[編集]

教育[編集]

すべて公立 高等学校

中学校

小学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

※合併後にトキてつに移管され同社の日本海ひすいラインの駅となる

道路[編集]

高速道路

一般国道

都道府県道

道の駅

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


このページはウィキプロジェクト 日本の市町村のテンプレートを使用しています。