南淡町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なんだんちょう
南淡町
Flag of Nandan Hyogo.JPG
南淡町旗
Nandan Hyogo chapter.JPG
南淡町章
1956年昭和31年)1月26日制定
廃止日 2005年1月11日
廃止理由 新設合併
南淡町、緑町三原町西淡町南あわじ市
現在の自治体 南あわじ市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
三原郡
団体コード 28704
面積 86.94km².
総人口 19,927
(2003年3月31日)
隣接自治体 洲本市西淡町三原町
徳島県鳴門市(鳴門海峡を挟んで)
町の木 ウバメガシ
町の花 スイセン
南淡町役場
所在地 656-0592
兵庫県三原郡南淡町福良甲512
南あわじ市役所南淡庁舎
外部リンク 南淡町
(国立国会図書館)
南淡町位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

南淡町(なんだんちょう)は、兵庫県淡路島)にかつて存在した。同島南西部と沼島(ぬしま)で構成されていた。

2005年(平成17年)1月11日、三原郡4町が合併して「南あわじ市」となったため消滅した。

地理[編集]

南淡町中心部

兵庫県南端に位置し、瀬戸内海播磨灘)と太平洋の両方に面している。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

  • 歴代町長
    • 藤平 保 1955年5月20日 - 1959年5月19日
    • 森 勝 1959年5月20日 - 1979年5月19日
    • 江本 卓爾 1979年5月20日 - 1991年5月19日
    • 福島 穣作 1991年5月20日 - 1995年5月19日
    • 坂川 一弘 1995年5月20日 - 1999年5月19日
    • 森 紘一 1999年5月30日 - 2005年1月10日

経済[編集]

産業[編集]

  • 主な産業
    • 農業
      • 水稲・玉葱・白菜・レタス・キャベツ等の栽培を中心に三毛作体系が確立
      • 南斜面で電照菊・水仙等の花卉・みかん・びわの栽培
    • 漁業
      • 近くに好漁場が多く高級魚の水揚げも多い
      • 栽培漁業も盛んである
    • 工業
      • 三洋エナジー南淡(旧 南淡電機)
      • パイオニア淡路工場 など
  • 産業人口(2000年国勢調査)
    • 総数 10,973人
    • 第1次産業 2,761人(25.2%)
    • 第2次産業 3,222人(29.4%)
    • 第3次産業 4,979人(45.4%)
    • 昼夜間人口比 92.2%

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

地域[編集]

教育[編集]

町内に高等学校はなく、町内の生徒の多くは隣の三原町の高校に通っている。それらの高校において、旧三原郡各町と比べ、同町からの通学者は最も多い。

かつては町内に兵庫県立洲本高等学校南淡分校があったが、三原西分校に統合されたのち、兵庫県立志知高等学校(三原町)となった。

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 南淡町立福良小学校
  • 南淡町立賀集小学校
  • 南淡町立北阿万小学校
  • 南淡町立阿万小学校
  • 南淡町立灘小学校
  • 南淡町立沼島小学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

現在鉄道は走っていない。1966年まで淡路交通鉄道線があった。

道路[編集]

船舶[編集]

  • 福良港
    • 観潮船が運航されている(要予約):かつては鳴門市の撫養港への航路があったが、大鳴門橋の開通に伴い廃止となった。
  • 土生(はぶ)港:沼島への航路がある(1日10往復)。このほか沼島へは洲本港からも1日1往復運航されている。

一般バス[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]