日高本線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR logo (hokkaido).svg 日高本線
日高本線を走るキハ40形気動車(2011年10月、大狩部駅 - 節婦駅間)
日高本線を走るキハ40形気動車
(2011年10月、大狩部駅 - 節婦駅間)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 北海道の旗 北海道
種類 普通鉄道在来線地方交通線
起点 苫小牧駅
終点 様似駅
駅数 旅客駅:29駅
貨物駅:1駅
信号場:0か所
路線記号 H18(苫小牧駅のみ)
路線記号については当該記事も参照
開業 1913年10月1日(苫小牧軽便鉄道)
1924年9月6日日高拓殖鉄道
国有化 1927年8月1日
全通 1937年8月10日
民営化 1987年4月1日
所有者 JR logo (hokkaido).svg 北海道旅客鉄道(JR北海道)
運営者 JR logo (hokkaido).svg 北海道旅客鉄道(JR北海道)
(全線 第一種鉄道事業者
車両基地 日高線運輸営業所苫小牧運転所
使用車両 運行形態の節を参照
路線諸元
路線距離 146.5 km
軌間 1,067 mm狭軌
線路数 全線単線
電化方式 全線非電化
最大勾配 25
閉塞方式 自動閉塞式
(苫小牧 - 苫小牧貨物間)
特殊自動閉塞式(電子符号照査式)
(苫小牧貨物 - 様似間)
保安装置 ATS-SN
最高速度 95 km/h
路線図
JR Hidaka Main Line linemap.svg
テンプレートを表示

日高本線(ひだかほんせん)は、北海道苫小牧市苫小牧駅から様似郡様似町様似駅を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道路線地方交通線)である。

概要[編集]

王子製紙の関連会社であった苫小牧軽便鉄道(1913年大正2年)10月1日開業)と日高拓殖鉄道1924年(大正13年)9月6日開業)という2つの軽便鉄道(軌間:762 mm)を、改正鉄道敷設法別表第133号に規定する予定線の一部として1927年昭和2年)8月1日に国有化して改軌(軌間:1,067 mm)し、これを1933年(昭和8年)から1937年(昭和12年)にかけて様似駅まで延長した路線である。計画では、襟裳岬を回って広尾を経て帯広まで結ぶこととされ、帯広側では広尾線広尾駅まで開業していたが、広尾線は1987年(昭和62年)2月2日に廃止されている。未成区間の様似駅 - 広尾駅間はジェイ・アール北海道バス日勝線で連絡している。

路線データ[編集]

区間別の利用状況[編集]

輸送密度[編集]

輸送密度は以下の通り。ただし、2015年(平成27年)1月の盛土流出に伴う運休のため、2014年(平成26年)度は2014年(平成26年)4月から12月までの実績を用いて[報道 1][報道 2]、2015年(平成27年)度は運休区間のバス代行輸送の人員を含めて算出している[報道 3]

年度 輸送密度
(人/キロ/日)
全体 苫小牧駅 - 鵡川駅間 鵡川駅 - 様似駅間
1975年(昭和50年)度[報道 2][報道 4] 2,164 3,777 1,740
1980年(昭和55年)度[報道 4]   2,761 1,246
1985年(昭和60年)度[報道 4]   1,925 858
1987年(昭和62年)度[報道 4]   1,283 538
2012年(平成24年)度[報道 5] 320    
2013年(平成25年)度[報道 5] 312    
2014年(平成26年)度[報道 1][報道 6][報道 4] 298 589 186
2015年(平成27年)度[報道 3][報道 7] 185    

収支・営業係数[編集]

収支(営業収益、営業費用、営業損益)と営業係数は以下の通り。いずれも管理費を含めた金額である。▲はマイナスを意味する。

苫小牧駅 - 様似駅間
年度 収支(百万円) 営業係数
(円)
営業収益 営業費用 営業損益
2014年(平成26年)度 苫小牧駅 - 鵡川駅間[報道 4] 63 507 ▲443 803
鵡川駅 - 様似駅間[報道 4] 80 1,180 ▲1,100 1,476
全体[報道 6] 143 1,687 ▲1,544 1,179
2015年(平成27年)度 全体[報道 7] 82 1,750 ▲1,667 2,125

歴史[編集]

苫小牧軽便鉄道[編集]

  • 1909年明治42年)6月:王子製紙苫小牧工場で使用するパルプ原料の木材を輸送するために、三井物産が苫小牧 - 鵡川間に専用馬車鉄道を敷設[注釈 1][注釈 2]
  • 1911年(明治44年)
    • 5月29日:王子製紙と三井物産が共同運営契約締結。
    • (月日不明):蒸気鉄道に変更。
    • 12月:専用鉄道が佐瑠太まで延伸。
  • 1912年大正元年)8月15日:王子製紙が三井物産より当鉄道の一切の施設及び権利を譲受。
  • 1913年(大正2年)
    • 5月21日:鉄道免許状下付(勇払郡苫小牧村大字苫小牧-沙流郡門別村大字佐瑠太)[新聞 3]
    • 7月3日:王子製紙が資本金50万円で苫小牧軽便鉄道株式会社を設立。
    • 10月1日:苫小牧軽便鉄道の苫小牧駅 - 佐瑠太駅間(軌間:762 mm、25.1 M≒40.4 km)が開業(王子製紙専用鉄道を改修)[3]。同区間に苫小牧駅、勇払駅[4]、厚真駅[4]、鵡川駅[4]、鵡川貨物所、佐瑠太駅[4]を新設[新聞 4]
  • 1925年(大正14年)11月15日:厚真駅を浜厚真駅に改称[5][新聞 5]

日高拓殖鉄道[編集]

  • 1924年(大正13年)9月6日:日高拓殖鉄道の佐瑠太駅 - 厚賀駅間(軌間:762 mm、13.1M≒21.1km)が開業[3]。同区間に佐瑠太駅・門別駅[4]、波恵駅[4]、慶能舞駅[4]、厚賀駅[4]を新設。
  • 1925年(大正14年)2月10日:門別駅を日高門別駅に改称。
  • 1926年(大正15年)12月7日:厚賀駅 - 静内駅間(軌間:762 mm、10.2M≒16.4km)が延伸開業[3]。同区間に節婦駅[4]、高江駅[4]、静内駅[4]を新設。

国有化以後[編集]

  • 1927年昭和2年)8月1日:苫小牧軽便鉄道・日高拓殖鉄道を買収し、国有化。苫小牧駅 - 静内駅間が日高線となる[3]
  • 1929年(昭和4年)11月26日:苫小牧駅 - 佐瑠太駅間を軌間1,067 mmに改軌[3]。同時に改キロ(+0.4km)。
  • 1931年(昭和6年)11月10日:佐瑠太駅 - 静内駅間を軌間1,067 mmに改軌[3]。同時に改キロ(+0.8km)。
  • 1933年(昭和8年)12月15日:静内駅 - 日高三石駅間(23.7km)が延伸開業[3]。同区間に東静内駅[4]、春立駅[4]、日高三石駅[4]を新設。
  • 1935年(昭和10年)10月24日:日高三石駅 - 浦河駅間(24.5km)が延伸開業[3][新聞 6]。同区間に本桐駅[4]、荻伏駅[4]、浦河駅[4]を新設。
  • 1937年(昭和12年)8月10日:浦河駅 - 様似駅間(16.2km)が延伸開業し全通[3]。同区間に日高幌別駅[4]、鵜苫駅[4]、西様似駅[4]、様似駅[4]を新設。
  • 1943年(昭和18年)11月1日富内線の鵡川駅 - 豊城駅間が開業し[6]、当路線から分岐するようになったことに伴い、日高本線に改称[3]
  • 1944年(昭和19年)4月1日:佐瑠太駅を富川駅[3][5]、波恵駅を豊郷駅[5]、慶能舞駅を清畠駅[5]改称。
  • 1948年(昭和23年)8月1日:高江駅を新冠駅に改称[5]
  • 1954年(昭和29年)1月15日:室蘭本線・室蘭地区へのキハ45000系投入で捻出されたキハ41500形の転用により、気動車(ディーゼルカー)運用開始[7]
  • 1957年(昭和32年)
    • 4月10日客貨混合列車廃止に伴い、完全客貨分離。当初の運用は気動車(ディーゼルカー)7往復、貨物列車3往復。これにより様似-苫小牧間最大6時間40分が4時間程度に短縮。
    • 10月1日:気動車化完了[3]
  • 1958年(昭和33年)7月15日:大狩部駅[3][4]、日高東別駅[3][4]、蓬栄駅[3][4]、絵笛駅[3][4]を新設。
  • 1959年(昭和34年)
  • 1960年(昭和35年)4月22日:札幌駅 - 様似駅間を千歳線・日高本線経由で運行する準急「日高」が運転開始。苫小牧駅 - 様似駅間は約3時間、札幌駅 - 様似駅間は4時間半にまで短縮された。
  • 1962年(昭和37年)
    • 12月1日苫小牧港(西港)建設のため、苫小牧駅(旅客駅) - 浜厚真駅間の線路を付け替え、改キロ(+9.4km)。これに伴い、勇払駅を北側に移転。廃線跡の一部は苫小牧港開発貨物線に転用。
    • 12月2日:清畠駅 - 厚賀駅間を改キロ(+0.1km)。
  • 1963年(昭和38年)6月1日:準急「えりも」を定期化。
  • 1966年(昭和41年)
    • 3月5日:準急列車制度の改変に伴い、「えりも」「日高」を急行に格上げ。
    • 6月1日:「日高」は「えりも」に名称を統合。同時に1往復増便し3往復体制とする。
  • 1977年(昭和52年)9月1日:東町仮乗降場を新設。
  • 1981年(昭和56年)3月:苫小牧駅(旅客駅) - 苫小牧駅(貨物駅)間を自動閉塞・CTC化。
  • 1982年(昭和57年)12月15日:静内駅 - 様似駅間の貨物営業廃止。
  • 1984年(昭和59年)2月1日:苫小牧駅(旅客駅) - 静内駅間の貨物営業廃止[3]
  • 1986年(昭和61年)
    • 11月1日:急行「えりも」廃止[8]で日高本線の優等列車全廃(停車駅はすずらんの項目に掲載)。富内線廃止に伴い[6]、支線の無い本線となる。
    • 11月:苫小牧駅(貨物駅) - 様似駅間を特殊自動閉塞(電子閉塞)化。

民営化以後[編集]

2015年以降の土砂災害による不通[編集]

2015年1月8日に起きた高波による土砂流出の影響で、鵡川駅 - 様似駅間が不通となっている[報道 11][報道 12]。2016年(平成28年)9月16日現在、列車が運行されているのは苫小牧駅 - 鵡川駅間(下り8本・上り9本)のみで、鵡川駅 - 静内駅間(下り8本・上り7本)および静内駅 - 様似駅間(6往復)は代行バスが運行されている。代行バスは静内駅において系統分割されており、2016年(平成28年)8月17日以降、同駅で乗り継ぎが可能なのは下り3本・上り2本のみである[報道 13]

JR北海道は鉄道総合技術研究所のコンサルティング報告に基づき、根固工の施工や消波ブロックの設置などのほか、護岸改築などの抜本的な対策が不可欠だと判断[報道 14]。同年4月28日に概算工事費と必要工期について2案を発表した[報道 15]。しかし、同年9月12日台風17号による影響で、豊郷駅 - 清畠駅間および厚賀駅 - 大狩部駅間でさらなる路盤流出が発生したため[報道 16][報道 17]、2016年(平成28年)1月14日に修正後の概算工事費の算定結果を発表した[報道 18]

このうち土砂流出区間の苫小牧側にあたる鵡川駅 - 日高門別駅間については日高町から先行復旧の提案がなされているが、日高門別駅への折り返し設備工事等にも約1億円を要するとの試算が出されている[新聞 7]

2016年(平成28年)8月9日、新冠町役場で開かれた第4回沿線自治体協議会で、JR北海道は鵡川駅 - 様似駅間の復旧後の維持に向け、「単年度赤字分11億1千万円と、年間の防災・老朽対策費の5億3千万円、合わせて年間16億4千万円をJR北海道と管内7町で負担することが必要だ」との考えを示した[新聞 8]。これを受けて、北海道知事の高橋はるみはJR北海道に対して、「維持費の詳細な内訳や積算根拠を明らかにすべきだ」との認識を示した[新聞 9]。9月8日に開かれた第5回沿線自治体協議会では、JR北海道が年間3億円を負担し、残りの年間13億4千万円を沿線自治体が負担するように求めた[新聞 10]。JR北海道は列車本数を減らすなどしても、維持費は年間1億3千万円しか減らせないと説明しており、「上下分離方式」を導入した場合も地元負担は同額だとされる[新聞 10]。これを受けて、10月25日までに沿線の7町は「JR北海道が示した地元負担の要求は受け入れられない」として大筋で合意した[新聞 11]

浦河町は「線路を復旧させて全線再開するのが大原則だ」との立場を崩さず、日高町は「被災していない線路はすぐにでも運行を再開すべきだ」と早期の部分再開を求めるのに対して、様似町は「限りなく全線再開は難しい状況だ」とし、えりも町は「議論の長期化はすでに限界に来ている。バス転換もやむを得ないのではないか」との見方を示しており、将来にわたる地域交通の在り方への考え方には各町でずれが生じている[新聞 12][新聞 11]。なお、一部の自治体は鵡川駅 - 日高門別駅間の運行再開を望んでいるという[新聞 13][新聞 14]

2016年(平成28年)10月21日、沿線の7町が代替バスへの転換を前提に、鵡川駅 - 様似駅間の一部廃線を容認することで合意したことが北海道新聞で報じられた[新聞 13][新聞 14]が、10月25日の苫小牧民報では7町の首長が「そのような事実はない」と否定している[新聞 12][新聞 11]

2016年(平成28年)11月18日、JR北海道は厳しい経営状況を理由に「自社単独で維持することが困難な路線」として、10路線13区間を発表した[報道 19]。日高本線は全線が『自社単独では老朽土木構造物の更新を含め「安全な鉄道サービス」を持続的に維持するための費用を確保できない線区』とされ[報道 19]、経費節減や運賃値上げ、利用促進策、上下分離方式への転換などを軸に沿線自治体と協議する予定である[報道 4]

  • 2015年(平成27年)
    • 1月8日:厚賀駅 - 大狩部駅間(苫小牧起点67.506 km付近)で高波による土砂流出が発生[報道 11]。鵡川駅 - 様似駅間が不通となり、苫小牧駅 - 鵡川駅間でも一部の列車が運休[報道 20][報道 21][報道 22]
    • 1月13日:鵡川駅 - 様似駅間で代行バスを運行開始[報道 20][報道 21][報道 22]。苫小牧駅 - 鵡川駅間の列車運行本数は8.5往復。代行バス運行本数は鵡川駅 - 静内駅間が4往復(土休日は2往復)、静内駅 - 様似駅間が3往復(土休日は2往復)。被災区間については護岸工事を要するため復旧の見込みが立たず、工法検討を鉄道総合技術研究所に委託[新聞 15]
    • 1月27日:静内駅 - 様似駅間で運行再開(4往復)[報道 23]。鵡川駅 - 静内駅間は引き続き代行バスを運行(4往復)[報道 24]。車両の給油・検査のため、静内以東で用いる車両は毎日回送で苫小牧運転所から、土砂流出区間を通過して送り込まれた[新聞 16]
    • 2月14日:この日のみ、静内発鵡川行きの代行バスを上り1本追加運転[報道 24]
    • 2月21日:富川駅、豊郷駅、厚賀駅、大狩部駅、節婦駅の代行バス乗降場所を変更[報道 25]。また、同年3月31日まで、静内発鵡川行きの代行バス1本を追加運転[報道 25]
    • 2月28日:厚賀駅 - 大狩部駅間において土砂流出が進行し、静内駅 - 様似駅間用の車両を回送することも不可能となったため同日午前をもって静内駅 - 様似駅間の列車運行を取り止め。午後以降は鵡川駅 - 様似駅間で代行バスを運行[報道 26]。代行バス運行本数は鵡川駅 - 静内駅間が下り4本・上り5本、静内駅 - 様似駅間が4往復。
    • 4月1日:代行バスについて、同日から静内発鵡川行きを1本追加運行。鵡川駅 - 静内駅間の運行本数が下り4本・上り6本となる[報道 27]
    • 4月29日:東静内駅 - 西様似駅間の各駅における代行バスの乗降場所を変更[報道 28]
    • 6月1日:代行バスを増発し、鵡川駅 - 静内駅間が下り8本・上り7本、静内駅 - 様似駅間が6往復の運行となる。また、鵡川発苫小牧行きの列車2本の運行時刻を変更[報道 29]
    • 8月17日:代行バスのうち、様似発静内行きの上り1本の時刻を変更[報道 13]
    • 9月12日台風17号の影響で、豊郷駅 - 清畠駅間および厚賀駅 - 大狩部駅間(1月の被災箇所付近)でさらなる路盤流出が発生[報道 16][報道 17]
  • 2016年(平成28年)
    • 1月13日:代行バスを増発し、静内駅 - 様似駅間が下り7本・上り6本の運行となる。静内発浦河行きの代行バス1本を追加運転(土休日は運休)。東町駅の代行バス乗降場所を変更[報道 30]
    • 3月26日:代行バスを増発し、鵡川駅 - 静内駅間が8往復、静内駅 - 様似駅間が下り8本・上り6本の運行となる。また、絵笛駅、西様似駅の代行バス乗降場所を変更[報道 31]
    • 7月30日:胆振・日高地方の豪雨の影響で、不通区間のうち本桐駅 - 荻伏駅間における3カ所で線路下の路盤が流出[新聞 17]
    • 8月23日台風9号による降雨災害の影響で、不通区間のうち鵡川駅 - 汐見駅間の鵡川橋りょうに敷設されていた通信ケーブルが断線[報道 32]。清畠駅 - 厚賀駅間で線路下の路盤が崩落[新聞 18]
    • 8月31日台風10号による降雨災害の影響で、豊郷駅 - 清畠駅で慶能舞川橋りょうが流失[報道 33][新聞 19]。これに伴う通信ケーブル損傷のため静内駅での信号制御ができなくなり[報道 34][新聞 20]、全線で鉄道による運転ができなくなる。このほか新冠駅 - 静内駅間80k328m地点で護岸倒壊[報道 33]
    • 9月1日:苫小牧駅 - 鵡川駅間の代行バス輸送を開始[報道 34]。一日3往復[新聞 19]
    • 9月16日:通信ケーブルが復旧し、始発から16日ぶりに苫小牧駅 - 鵡川駅間の運転を再開[新聞 21][新聞 22]

運行形態[編集]

全線を日高線運輸営業所が管轄している。

高波災害前は苫小牧駅 - 様似駅間の直通列車(下り5本、上り6本)と苫小牧駅 - 鵡川駅・静内駅間、静内駅 - 様似駅の系統があり3時間以上運行のない時間帯があった。また、土曜日・休日・休校日には、「ホリデー日高」が静内発苫小牧行きで運行されていた。

車両はキハ40形気動車(350番台)とごく稀に、苫小牧運転所キハ40形気動車(1700番台)が使用されている。かつては当線限定運用のキハ130形キハ160形が導入されていたこともあった。

この路線では年末年始も休日ダイヤを採用せず、臨時列車扱いで鵡川発苫小牧行きの夕方の列車を追加運行していた。

「優駿浪漫号」[編集]

優駿浪漫号として使用されるニセコエクスプレス(2005年5月)

臨時列車としては、千歳線直通で札幌駅まで乗り入れる「優駿浪漫」号がある。

運行は毎年5月の観光シーズンの数日のみで、ここ数年はニセコエクスプレスを担当するキハ183系(5000番台)特急形気動車が使用されている。かつては、当線で通常使用されているキハ40形気動車(350番台)学園都市線用のキハ141系ヘッドマークを変えるだけで使用されたこともあった。なお、運転開始から一貫して臨時快速列車の扱いだったが、2011年(平成23年)度からは臨時普通列車扱いとなり、全席自由席での運転となった。

当線内は定期普通列車の置き換えであるため、各駅停車である。線路配線の都合で苫小牧駅で列車の進行方向が変わる。千歳線内の停車駅は同線を走行する昼行特急と同じだが、ダイヤの編成の都合で運転停車を行い後続列車に追い抜かれる場合もあり、同線内での所要時間は快速「エアポート」よりも遅くなる。

停車駅
札幌駅 - 新札幌駅 - 南千歳駅 - 苫小牧駅 - (各駅停車) - 様似駅

2014年(平成26年)以降は運転されていない。

駅一覧[編集]

  • 普通列車はすべての旅客駅に停車。ただし、一部列車は▽印の駅を通過する。
  • 駅名 … (貨):貨物専用駅(日高本線の貨物取扱はなし)
  • 線路(全線単線) … ◇・∨:列車交換可、|:列車交換不可
  • 全駅北海道内に所在
  • 駅名欄の背景色がである駅(鵡川駅 - 様似駅)は2015年1月の高波被害により不通となっている区間の駅であることを示す。
駅番号 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 線路 所在地
H18 苫小牧駅 - 0.0 北海道旅客鉄道室蘭本線千歳線[* 1] 胆振管内 苫小牧市
  (貨)苫小牧貨物駅 3.4 3.4 (室蘭本線の実際の分岐点)
  勇払駅 9.7 13.1  
  浜厚真駅 9.6 22.7   勇払郡 厚真町
  浜田浦駅 4.3 27.0   むかわ町
  鵡川駅 3.5 30.5  
  汐見駅 4.0 34.5  
  富川駅 9.1 43.6   日高管内 沙流郡 日高町
  日高門別駅 7.7 51.3  
  豊郷駅 5.0 56.3  
  清畠駅 4.8 61.1  
  厚賀駅 4.5 65.6  
  大狩部駅 5.5 71.1   新冠郡 新冠町
  節婦駅 2.0 73.1  
  新冠駅 4.1 77.2  
  静内駅 4.9 82.1   日高郡 新ひだか町
  東静内駅 8.8 90.9  
  春立駅 6.1 97.0  
  日高東別駅 2.4 99.4  
  日高三石駅 6.4 105.8  
  蓬栄駅 4.0 109.8  
  本桐駅 3.2 113.0  
  荻伏駅 7.2 120.2   浦河郡 浦河町
  絵笛駅 4.9 125.1  
  浦河駅 5.2 130.3  
  東町駅 2.1 132.4  
  日高幌別駅 4.5 136.9  
  鵜苫駅 4.2 141.1   様似郡 様似町
  西様似駅 2.5 143.6  
  様似駅 2.9 146.5  
  1. ^ 千歳線の正式な起点は室蘭本線沼ノ端駅だが、運転系統上は全列車が苫小牧駅に乗り入れる。

廃駅[編集]

過去の接続路線[編集]

小説[編集]

宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」は、苫小牧軽便鉄道時代の沿線風景をモチーフにしたのではないかと推測する論文も存在する[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『王子製紙社史』 第4巻 184・191頁では1907年(明治40年)に敷設となっている[2]
  2. ^ 三井物産運用時代の写真は、函館市中央図書館デジタル資料館の外部リンクで見ることができる。なお、写真内の記述によれば鉄道の名前は特に定まっていなかったようで、「苫小牧-鵡川線」「鵡川線」とまちまちである[新聞 1][新聞 2]

出典[編集]

報道発表資料[編集]

  1. ^ a b “平成26年度決算について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年5月8日), オリジナル2015年6月24日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150624035503/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150508-2.pdf 2015年6月24日閲覧。 
  2. ^ a b “平成27年度第2四半期決算について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年11月6日), オリジナル2015年11月8日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20151108072104/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151106-1.pdf 2015年11月8日閲覧。 
  3. ^ a b “平成27年度決算について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年5月9日), オリジナル2016年5月19日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160519034311/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160509-3.pdf 2016年5月19日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h “当社単独では維持することが困難な線区について(PPT版)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年11月18日), オリジナル2016年11月18日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20161118121205/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161118-4.pdf 2016年11月18日閲覧。 
  5. ^ a b “平成26年3月期決算について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2014年5月9日), オリジナル2014年8月19日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20140819090517/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140509-1.pdf 2014年8月19日閲覧。 
  6. ^ a b “平成26年度 線区別の収支状況等について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年2月10日), オリジナル2016年2月10日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160210105033/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160210-1.pdf 2016年2月10日閲覧。 
  7. ^ a b “平成27年度 線区別の収支状況等について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年11月4日), オリジナル2016年11月6日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20161106113200/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161104-1.pdf 2016年11月6日閲覧。 
  8. ^ “〜道路とレールを自在に行き来できる「デュアル・モード・ビークル Dual Mode Vehicle (DMV)」の営業線区における冬期走行試験を実施します〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2004年11月16日), オリジナル2004年11月17日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20041117134325/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2004/041116-2.pdf 2004年11月17日閲覧。 
  9. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), オリジナル2007年9月30日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20070930015220/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2007年9月30日閲覧。 
  10. ^ “駅名改称のご案内 〜6線区8ヶ所の駅名を改称します〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本貨物鉄道, (2011年3月11日), オリジナル2011年5月15日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20110515162457/http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/201103-01.pdf 2011年5月15日閲覧。 
  11. ^ a b “日高線 厚賀〜大狩部間 67k506m 付近における盛土流出について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月13日), オリジナル2015年1月15日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150115032522/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150113-3.pdf 2015年1月15日閲覧。 
  12. ^ “日高線厚賀・大狩部間における災害対策の進捗状況について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年6月10日), オリジナル2015年6月16日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150616092045/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150610-3.pdf 2015年6月16日閲覧。 
  13. ^ a b “日高線列車代行バスの時刻見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年7月31日), オリジナル2015年8月1日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150801034509/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150731-3.pdf 2015年8月1日閲覧。 
  14. ^ “日高線における今後の災害対策について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年3月11日), オリジナル2015年3月16日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150316110741/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150311-1.pdf 2015年3月16日閲覧。 
  15. ^ “日高線における災害対策の概算工事費と必要工期について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年4月28日), オリジナル2015年6月24日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150624035653/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150428-1.pdf 2015年6月24日閲覧。 
  16. ^ a b “台風17号の影響に伴う日高線の波浪災害について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年9月14日), オリジナル2015年9月17日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150917020908/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150914-1.pdf 2015年9月17日閲覧。 
  17. ^ a b “日高線追加被災箇所の当面の対策について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年10月9日), オリジナル2015年10月12日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20151012124918/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151009-3.pdf 2015年10月12日閲覧。 
  18. ^ “平成27年9月に発生した日高線における災害箇所の復旧対策費について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年1月14日), オリジナル2016年4月23日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160423171509/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160114-2.pdf 2016年4月23日閲覧。 
  19. ^ a b “当社単独では維持することが困難な線区について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年11月18日), オリジナル2016年11月18日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20161118050351/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161118-3.pdf 2016年11月18日閲覧。 
  20. ^ a b “日高線運休に伴う列車代行バスの追加運行について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月15日), オリジナル2015年3月30日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150330111108/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150115-2.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  21. ^ a b “日高線運休に伴う列車代行バス時刻について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月16日), オリジナル2015年3月30日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150330131323/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150116-1.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  22. ^ a b “日高線運休に伴う列車時刻の一部変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月17日), オリジナル2015年3月30日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150330083858/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150117-1.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  23. ^ “日高線 静内〜様似間折り返し運転の実施について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月20日), オリジナル2015年3月30日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150330110841/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150120-1-2.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  24. ^ a b “日高線運休に伴う列車代行バスの追加運行について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年2月9日), オリジナル2015年3月30日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150330110816/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150209-1_2.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  25. ^ a b “日高線運休に伴う列車代行バスの追加運行及び乗降場所変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年2月16日), オリジナル2015年2月21日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150221085415/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150216-2.pdf 2015年2月21日閲覧。 
  26. ^ “日高線 静内〜様似間におけるバス代行の実施について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年2月27日), オリジナル2015年3月30日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150330131236/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150227-1.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  27. ^ “日高線運休に伴う列車代行バスの追加運行について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年3月27日), オリジナル2015年6月24日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150624041152/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150327-2.pdf 2015年6月24日閲覧。 
  28. ^ “日高線運休に伴う列車代行バスの乗降場所変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年4月17日), オリジナル2015年6月24日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150624035710/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150417-1.pdf 2015年6月24日閲覧。 
  29. ^ “日高線列車代行バスの増便及び時刻見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年5月14日), オリジナル2015年5月14日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150514061646/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150514-3.pdf 2015年5月14日閲覧。 
  30. ^ “日高線列車代行バスの増便及び時刻見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年12月11日), オリジナル2015年12月11日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20151211070746/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151211-2.pdf 2015年12月11日閲覧。 
  31. ^ “日高線列車代行バスの増便及び時刻見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年3月1日), オリジナル2016年3月5日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160305040951/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160301-1.pdf 2016年3月5日閲覧。 
  32. ^ “連続して北海道に上陸した台風による被害状況について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年8月24日), オリジナル2016年8月24日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160824073623/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160824-1.pdf 2016年8月24日閲覧。 
  33. ^ a b “一連の台風による被害状況等について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年9月2日), オリジナル2016年9月2日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160902120839/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160902-2.pdf 2016年9月2日閲覧。 
  34. ^ a b “一連の台風による被災箇所の復旧見込み” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年9月14日), オリジナル2016年9月16日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20160916131337/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160914-1.pdf 2016年9月16日閲覧。 

新聞記事[編集]

  1. ^ “木材運搬専用軽便鉄道実景” (日本語). 北海道 林業実景. 函館市中央図書館デジタル資料館 (三井物産株式会社小樽支店(発行)・三越呉服店写真部謹製). オリジナル2015年9月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150917173440/http://archives.c.fun.ac.jp/fronts/detail/postcards/4f51c69bea8e8a0b70002edd 2015年9月17日閲覧。 
  2. ^ “三井物産株式会社軽便鉄道御召列車ノ図” (日本語). 北海道 林業実景. 函館市中央図書館デジタル資料館 (三井物産株式会社小樽支店(発行)・三越呉服店写真部謹製). オリジナル2015年9月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150917173704/http://archives.c.fun.ac.jp/fronts/detail/postcards/4f51c716ea8e8a0b70002eef 2015年9月17日閲覧。 
  3. ^ “軽便鉄道免許状下付” (日本語). 官報. 国立国会図書館デジタルコレクション (印刷局). (1913年5月23日). オリジナル2013年12月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131203012417/http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2952341/3 2013年12月3日閲覧。 
  4. ^ “軽便鉄道運輸開始” (日本語). 官報. 国立国会図書館デジタルコレクション (印刷局). (1913年10月6日). オリジナル2014年3月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140305212440/http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2952457/7 2014年3月5日閲覧。 
  5. ^ “地方鉄道駅名改称” (日本語). 官報. 国立国会図書館デジタルコレクション (内閣印刷局). (1925年11月19日). オリジナル2014年3月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140305212319/http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956122/4 2014年3月5日閲覧。 
  6. ^ “逓信省告示第2732号「記念スタンプ」” (日本語). 官報. 国立国会図書館デジタルコレクション (内閣印刷局). (1935年10月22日). オリジナル2015年9月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150916154507/http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959121/1 2015年9月16日閲覧。 
  7. ^ “日高線先行復旧、JRに要望 日高町 設備費捻出に慎重な声” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(道央) (北海道新聞社). (2016年6月18日). オリジナル2016年8月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160805112533/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0283447.html 2016年8月5日閲覧。 
  8. ^ “日高線維持に16億円 JR、地元に分担要求” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(社会) (北海道新聞社). (2016年8月9日). オリジナル2016年8月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160809082020/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0302342.html 2016年8月9日閲覧。 
  9. ^ “日高線維持費の積算根拠明示を 知事、JRに” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(政治) (北海道新聞社). (2016年8月10日). オリジナル2016年8月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160810094406/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0302794.html 2016年8月10日閲覧。 
  10. ^ a b “日高線の地元負担、年13・4億円 JRが維持費求める” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(社会) (北海道新聞社). (2016年9月9日). オリジナル2016年9月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160909092835/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0314183.html 2016年9月9日閲覧。 
  11. ^ a b c “JR北海道の要求に「ノー」 日高線沿線自治体7町長の意見一致” (日本語). 苫小牧民報. Yahoo!ニュース(地域/北海道・東北) (Yahoo! JAPAN). (2016年10月25日). オリジナル2016年10月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/igbGV 2016年10月28日閲覧。 
  12. ^ a b “JR北海道の要求に「ノー」 日高線沿線自治体7町長の意見一致” (日本語). 苫小牧民報. WEBみんぽう(主要) (苫小牧民報社). (2016年10月25日). オリジナル2016年10月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161030085243/http://www.tomamin.co.jp/20161043985 2016年10月30日閲覧。 
  13. ^ a b “日高線の一部廃線容認へ 沿線7町、バス転換前提に” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(社会) (北海道新聞社). (2016年10月22日). オリジナル2016年10月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161021221245/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0329677.html 2016年10月22日閲覧。 
  14. ^ a b “JR日高線の一部廃線、容認へ バス転換前提に” (日本語). 北海道新聞. Yahoo!ニュース(地域/北海道・東北) (Yahoo! JAPAN). (2016年10月22日). オリジナル2016年10月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/eXXn7 2016年10月28日閲覧。 
  15. ^ “JR日高線、再開めど立たず 鵡川―様似間 工法検討に1カ月” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(道内) (北海道新聞社). (2015年1月14日). オリジナル2015年1月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150114155131/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/585728.html 2015年1月14日閲覧。 
  16. ^ “JR日高線・静内―様似間、きょう運行再開” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(道内) (北海道新聞社). (2015年1月27日). オリジナル2015年4月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/YXuFk 2015年4月2日閲覧。 
  17. ^ “JR日高線の運休区間 少なくとも3カ所で路盤流失 大雨被害” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(道央) (北海道新聞社). (2016年7月30日). オリジナル2016年7月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160731022317/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0298994.html 2016年7月31日閲覧。 
  18. ^ “日高線また路盤崩落 清畠―厚賀間で複数箇所 復旧に影響も” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(社会) (北海道新聞社). (2016年8月24日). オリジナル2016年8月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160826002203/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0308052.html 2016年8月24日閲覧。 
  19. ^ a b “日高線 橋桁流失 苫小牧―鵡川代行バス運行” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(道央) (北海道新聞社). (2016年9月2日). オリジナル2016年9月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160904030800/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0311443.html 2016年9月13日閲覧。 
  20. ^ “日高線代行バス、続く我慢 苫小牧―静内、記者が同乗” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(道央) (北海道新聞社). (2016年9月14日). オリジナル2016年9月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160916090929/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0315861.html 2016年9月16日閲覧。 
  21. ^ “苫小牧―鵡川 16日運転再開 JR日高線” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(社会) (北海道新聞社). (2016年9月16日). オリジナル2016年9月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160916085914/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0316779.html 2016年9月16日閲覧。 
  22. ^ “JR日高線16日ぶり再開「列車通学ありがたい」” (日本語). 北海道新聞. どうしんウェブ/電子版(社会) (北海道新聞社). (2016年9月16日). オリジナル2016年9月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160917135247/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0316915.html 2016年9月16日閲覧。 

参考文献[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

関連項目[編集]