日高本線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR logo (hokkaido).svg 日高本線
日高本線を走るキハ40形気動車 (2011年10月、大狩部駅 - 節婦駅間)
日高本線を走るキハ40形気動車
(2011年10月、大狩部駅 - 節婦駅間)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 北海道
種類 普通鉄道在来線地方交通線
起点 苫小牧駅
終点 鵡川駅
駅数 旅客駅:5駅
貨物駅:1駅
信号場:0か所
電報略号 ヒタカホセ[1]
開業 1913年10月1日(苫小牧軽便鉄道)
1924年9月6日日高拓殖鉄道
国有化 1927年8月1日
全通 1937年8月10日
民営化 1987年4月1日
廃止 2021年4月1日(鵡川駅 - 様似駅間)[JR北 1][運輸局 1][新聞 1]
所有者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
運営者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
(全線 第一種鉄道事業者
車両基地 日高線運輸営業所苫小牧運転所
使用車両 運行形態の節を参照
路線諸元
路線距離 30.5 km
軌間 1,067 mm狭軌
線路数 全線単線
電化方式 全線非電化
最大勾配 25
閉塞方式 自動閉塞式
(苫小牧駅 - 苫小牧貨物駅間)
特殊自動閉塞式(電子符号照査式)
(苫小牧貨物駅 - 鵡川駅間)
保安装置 ATS-SN
最高速度 95 km/h
路線図
JR Hidaka Main Line linemap.svg
テンプレートを表示

日高本線(ひだかほんせん)は、北海道苫小牧市苫小牧駅から勇払郡むかわ町鵡川駅を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道路線地方交通線)である。

以前は胆振総合振興局管内東部と日高振興局管内南西の太平洋沿岸を結ぶ、様似郡様似町様似駅までの146.5 kmの路線だったが、全線の約8割 (116 km) にあたる鵡川駅以南は、2015年1月に発生した高波で線路が被災して列車が運休し、以降は後述の通り数々の復旧案が出たものの、運行再開に向けた本格的な復旧工事は行われないままとなった[新聞 2]。この鵡川駅 - 様似駅間は並走する国道235号を使った代行バスが運行されていた(ただし代行バスは静内駅において運行系統が分割されていた)が、その後JR北海道と沿線自治体が廃線に合意し、2021年4月1日に鉄道事業が廃止され、正式にバス転換された[JR北 1][運輸局 1][新聞 1][新聞 3]。これにより路線距離が30.5 kmとなり、留萌本線に代わり本線を称するJR線で最短の路線となった。

以下本稿では、2021年4月1日に廃線となった区間・駅についての記述も含む。

概要[編集]

王子製紙の関連会社であった苫小牧軽便鉄道(1913年大正2年)10月1日開業)と日高拓殖鉄道1924年(大正13年)9月6日開業)という2つの軽便鉄道軌間:762 mm)を、改正鉄道敷設法別表第133号に規定する予定線の一部として1927年昭和2年)8月1日に国有化して改軌(軌間:1,067 mm)した路線で、これを1933年(昭和8年)から1937年(昭和12年)にかけて様似駅まで延長した。計画では、襟裳岬を回って広尾を経て帯広まで結ぶこととされ、帯広側では広尾線広尾駅まで開業していたが、広尾線は1987年(昭和62年)2月2日に廃止されている。未成区間の様似駅 - 広尾駅間はジェイ・アール北海道バス日勝線で連絡していた[注釈 1]

路線データ[編集]

区間別の利用状況[編集]

輸送密度[編集]

輸送密度は以下の通り。ただし、2015年(平成27年)1月の盛土流出に伴う運休のため、2014年(平成26年)度は2014年(平成26年)4月から12月までの実績を用いて[JR北 2][JR北 3]、2015年(平成27年)度は運休区間のバス代行輸送の人員を含めて算出している[JR北 4]

年度 輸送密度
(人/日)
備考 出典
全体 苫小牧駅 - 鵡川駅間 鵡川駅 - 様似駅間
1975年(昭和50年)度 2,164 3,777 1,740   [JR北 3][JR北 5]
1980年(昭和55年)度   2,761 1,246   [JR北 5]
1985年(昭和60年)度   1,925 858   [JR北 5]
1987年(昭和62年)度   1,283 538   [JR北 5]
2012年(平成24年)度 320       [JR北 6]
2013年(平成25年)度 312       [JR北 6]
2014年(平成26年)度 298 589 186   [JR北 2][JR北 7][JR北 5]
2015年(平成27年)度 185       [JR北 4][JR北 8]
2016年(平成28年)度 462 125[注釈 2]   [JR北 9]
2017年(平成29年)度 449 119[注釈 2] 同年度分より集計方法見直し[注釈 3] [JR北 10]
2018年(平成30年)度 462 119[注釈 2] 苫小牧駅 - 鵡川駅間:通学での利用客増加により、前年度比増加 [JR北 11]
2019年(令和元年)度 528 104[注釈 2] 苫小牧駅 - 鵡川駅間:沿線の高校での通学手段の鉄道への切り替えの実施により、前年度比増加
鵡川駅 - 様似駅間:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響などにより、前年度比減少
[JR北 12]

収支・営業係数[編集]

収支(営業収益、営業費用、営業損益)と営業係数は以下の通り。いずれも管理費を含めた金額である。▲は赤字を意味する。

苫小牧駅 - 様似駅間
年度 収支(百万円) 営業係数
(円)
備考 出典
営業収益 営業費用 営業損益
2014年(平成26年)度 苫小牧駅 - 鵡川駅間 63 507 ▲443 803   [JR北 5]
鵡川駅 - 様似駅間 80 1,180 ▲1,100 1,476  
全体 143 1,687 ▲1,544 1,179   [JR北 7]
2015年(平成27年)度 全体 82 1,750 ▲1,667 2,125   [JR北 8]
2016年(平成28年)度 苫小牧駅 - 鵡川駅間 25 466 ▲440 1,827   [JR北 13]
鵡川駅 - 様似駅間 53 939 ▲886 1,757  
2017年(平成29年)度 苫小牧駅 - 鵡川駅間 27 453 ▲426 1,687 同年度分より集計方法見直し[注釈 3] [JR北 10]
鵡川駅 - 様似駅間 57 817 ▲760 1,432
2018年(平成30年)度 苫小牧駅 - 鵡川駅間 39 408 ▲368 1,033 通学での利用客増加により、前年度比改善 [JR北 11]
鵡川駅 - 様似駅間 43 782 ▲739 1,836 運輸収入減少、前年度での護岸壁倒壊箇所の土砂流出対策工事の実施などにより、前年度比改善
2019年(令和元年)度 苫小牧駅 - 鵡川駅間 47 378 ▲331 802 [JR北 12]
鵡川駅 - 様似駅間 39 673 ▲633 1,719 前年度での土砂流出対策工事の実施により、修繕費減少

歴史[編集]

王子製紙専用鉄道→苫小牧軽便鉄道[編集]

日高拓殖鉄道[編集]

  • 1923年(大正12年)3月12日:王子製紙の資金協力の下、資本金200万円にて日高拓殖鉄道株式会社設立。
  • 1924年(大正13年)9月6日:佐瑠太駅 - 厚賀駅間(軌間:762 mm、13.1M≒21.1 km)が開業[4][JR北 14]。同区間に佐瑠太駅・門別駅[5]、波恵駅[5]、慶能舞駅[5]、厚賀駅[5]を新設。
  • 1925年(大正14年)2月10日:門別駅を日高門別駅に改称。
  • 1926年(大正15年)12月7日:厚賀駅 - 静内駅間(軌間:762 mm、10.2M≒16.4 km)が延伸開業[4]。同区間に節婦駅[5]、高江駅[5]、静内駅[5]を新設。

国有化以後[編集]

民営化以後[編集]

2015年の土砂流出による不通[編集]

浦河駅前に到着する代行バス(2020年3月29日撮影)

2015年(平成27年)1月7日から8日にかけて、猛烈に発達した低気圧が北海道を直撃した。これに伴う高波による土砂流出の影響で、鵡川駅 - 様似駅間が不通となった[JR北 17][JR北 23]。2016年(平成28年)9月16日現在、列車が運行されているのは苫小牧駅 - 鵡川駅間(下り8本・上り9本)のみで、鵡川駅 - 静内駅間(下り8本・上り7本)および静内駅 - 様似駅間(6往復)は代行バスが運行されている。代行バスは静内駅において系統分割されており、2016年(平成28年)8月17日以降、同駅で乗り継ぎが可能なのは下り3本・上り2本のみである[JR北 24]

高潮被災直後の沿線自治体、JR北海道の動き[編集]

被災区間については護岸工事を要するため復旧の見込みが立たず、JR北海道は工法検討を鉄道総合技術研究所に委託し[新聞 46]、そのコンサルティング報告に基づき、根固工の施工や消波ブロックの設置などのほか、護岸改築などの抜本的な対策が不可欠だと判断[JR北 25]。同年4月28日に概算工事費と必要工期について2案を発表した[JR北 26]

しかし、2015年(平成27年)9月12日の台風17号による影響で、豊郷駅 - 清畠駅間および厚賀駅 - 大狩部駅間でさらなる路盤流出が発生したため[JR北 27][JR北 28]、2016年(平成28年)1月14日に修正後の概算工事費の算定結果を発表した[JR北 29]

2016年(平成28年)8月9日、新冠町役場で開かれた第4回沿線自治体協議会で、JR北海道は鵡川駅 - 様似駅間の復旧後の維持に向け、「単年度赤字分11億1千万円と、年間の防災・老朽対策費の5億3千万円、合わせて年間16億4千万円をJR北海道と管内7町で負担することが必要だ」との考えを示した[新聞 47]。これを受けて、北海道知事高橋はるみはJR北海道に対して、「維持費の詳細な内訳や積算根拠を明らかにすべきだ」との認識を示した[新聞 48]

9月8日に開かれた第5回沿線自治体協議会では、JR北海道が年間3億円を負担し、残りの年間13億4千万円を沿線自治体が負担するように求めた[新聞 49]。JR北海道は列車本数を減らすなどしても、維持費は年間1億3千万円しか減らせないと説明しており、上下分離方式を導入した場合も地元負担は同額だとされる[新聞 49]。これを受けて、10月25日までに沿線の7町は「JR北海道が示した地元負担の要求は受け入れられない」として大筋で合意した[新聞 50]

2016年の一連の台風被災[編集]

2016年(平成28年)8月17日に台風7号、4日後の21日に台風11号、2日後の23日に台風9号が立て続けに北海道に上陸し[新聞 51]、日高本線に更なる被害が発生した。

この一連の台風被害による影響でさらに復旧費が増加し、同年11月に合計で約86億円になり[JR北 30]、さらに運行を再開した場合の沿線自治体の負担が年間13億4,000万円に上る[新聞 52][新聞 53]との試算を発表した。11月7日、沿線7町は「JRから示された(上下分離方式を含む)地元負担額は極めて大きな金額であり、継続的に負担できない」として拒否することを正式に表明し[新聞 54]、同時にJR北海道に対して「今後の日高線のあり方について鉄道事業者として責任ある回答をいただきたい」と求めた[新聞 55]

これを受けて、JR北海道は11月9日の定例会見にて、「(日高本線の『将来像』については)直接、関係自治体の皆さんに答えを返したい」と返答した[新聞 56]

豊郷駅 - 清畠駅間の被災現場の海岸沿いには、波による浸食を防ぐため、金網で石を包んだ高さ1メートルほどの「石かご」が約100メートルにわたり2列並べられていたが、うち1列が台風10号の影響で流失し、応急処置として80個設置されていた消波ブロックも約50個流失したため、同年11月に設置し直された[新聞 57]。大狩部駅付近では台風による高波でコンクリート護岸が倒れ、高さ3メートルにわたり土砂がえぐられた[新聞 58]。厚賀駅 - 大狩部駅間の被災現場は5か所ほど存在し、国道235号から最も近い現場から西には工事車両さえ入ることができず、残る4か所は手つかずの状態となっている[新聞 57]

台風被災調査後の各沿線自治体の対応[編集]

むかわ町[新聞 59]・新冠町[新聞 54]、浦河町[新聞 54]は全線復旧および維持を求める立場を崩さず、日高町は「被災していない線路はすぐにでも運行を再開すべきだ」と早期の部分再開を求めたのに対して、平取町は「(廃線方針には反対だが)現実的な状況を踏まえて協議していかなければならないだろう」[新聞 54]、様似町は「限りなく全線再開は難しい状況だ」とし、えりも町では「議論の長期化はすでに限界に来ている。バス転換もやむを得ないのではないか」、「たとえ復旧しても被災すれば不通を繰り返すだけ。鉄道存続にこだわるより、住民の足をどう守るかの議論が大切ではないか」[新聞 59]との意見も出され、将来にわたる地域交通の在り方への考え方には各町でずれが生じている[新聞 50]

また、新ひだか町では鵡川駅 - 様似駅間の廃止は避けられないとの考えから、「同区間のバス転換による新たな交通体系の再構築」や「国道整備や高規格道路の早期延伸」に向けた住民有志の市民団体「日高の公共交通を考える有志の会」が発足している[新聞 60]

部分運行再開の模索[編集]

苫小牧側の日高町など一部の自治体では、一連の災害でも大きな被害が発生しなかった鵡川駅 - 日高門別駅間の部分的な運行再開を望んでいた[新聞 61]が、日高門別駅への折り返し設備工事等にも約1億円を要するとの試算が出されている[新聞 62]

2016年(平成28年)11月22日、日高町長は「全線復旧を求める考えに変わりはない」と前置きしながらも、「日高門別まで再開できれば隣接する平取町も不便が解消される」「13億4千万円は巨額だが、大きな被害がなかった鵡川駅 - 日高門別駅間の部分負担なら話は違ってくる」[新聞 63]として、JR北海道に対して「仮に日高町内まで運行再開できるのであれば、(折り返し運行に必要な設備の新設費用や赤字補填、施設維持費などの)費用はどのくらいかかるか試算してほしい」と伝え、沿線自治体の中では初めて、一定の地元負担に前向きな考えを示した[新聞 63]。また、岩倉博文苫小牧市長は同日開かれた東胆振の1市4町(苫小牧、むかわ、厚真、安平、白老)の首長懇談会において、「(鵡川駅 - 日高門別駅間の復旧について)日高町から1市4町の首長懇談に参加したい意向が正式に示されれば、連携を視野に検討する」という考えを示した[新聞 64]

10月21日、沿線の7町が代替バスへの転換を前提に、鵡川駅 - 様似駅間の一部廃線を容認することで合意したことが『北海道新聞』で報じられた[新聞 61]が、10月25日の『苫小牧民報』では7町の首長が「そのような事実はない」と否定した[新聞 50]

11月18日、JR北海道は厳しい経営状況を理由に10路線13区間を「自社単独で維持することが困難な路線」として発表した[JR北 31]。日高本線は全線が『自社単独では老朽土木構造物の更新を含め「安全な鉄道サービス」を持続的に維持するための費用を確保できない線区』とされ[JR北 31]、経費節減や運賃値上げ・利用促進策・上下分離方式への転換などを軸に沿線自治体と協議する予定であるとした[JR北 5]

12月15日、JR北海道は少なくとも日高門別駅 - 様似駅間の鉄道による復旧を断念し、廃止およびバス転換とする方針を固め[新聞 52][新聞 53]、同年12月21日にその旨を沿線8町(むかわ町、浦河町、日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、様似町、えりも町)に伝達した[JR北 14][新聞 65]。JR北海道の島田修社長は廃止およびバス転換する方針を廃止時期には言及しなかったが、JR北海道の方針が「一方的だ」などとして、同日の説明会には公務や体調不良を理由に新ひだか、浦河、様似、えりもの4町長が欠席し、担当課長らが代理で出席した[新聞 66][新聞 67][新聞 68]。なお、前述する鵡川駅 - 日高門別駅間については「別途試算を出し、地元負担などで運行再開が可能かどうかを引き続き検討する」ともコメントしている[新聞 52][新聞 53]。この復旧断念のプレスリリースを受けて、北海道知事の高橋はるみは「この度のJRの方針は、極めて残念」とのコメントを発表した[北海道 1]

2017年(平成29年)2月18日、沿線の7町が協議会において、新ひだか町からデュアル・モード・ビークル (DMV) 方式の導入を提案されたことを受けて、DMVなど代替交通機関のあり方を調査、研究する新しい組織を近く設置することを決めた[新聞 69]。2018年(平成30年)7月31日、沿線7町の協議会で検討されていたDMV、およびその後検討されたバス・ラピッド・トランジット (BRT) 方式の導入が断念された[新聞 70]

11月17日、沿線の7町が臨時会議において、日高門別駅 - 様似駅間の復旧を断念することを決めた[新聞 71]が、同年12月25日には浦河町が全区間を復旧したい意向を示した[新聞 72]

バス転換に向けた協議[編集]

2019年(平成31年)1月28日、新ひだか町で開かれた沿線7町の会議において、北海道庁の幹部より、JR北海道が鵡川駅 - 様似駅間を廃止・バス転換した場合、海岸保全などを目的に、被災した鉄道護岸の復旧に着手する意向であるという説明を行った[新聞 73]

2月27日、新ひだか町で開かれた沿線7町の会議において、JR北海道と各町が個別協議に入ることを決めた[新聞 74]

4月9日、JR北海道が公表した『JR北海道グループ中期経営計画2023』において、鵡川駅 - 様似駅間をバス転換させる際は以下の考え方であることを発表した[JR北 32]

  • 公表時点で運行されている鵡川駅 - 静内駅間の8往復、静内駅 - 様似駅間の7.5往復から、鵡川駅 - 静内駅、静内駅 - 様似駅間共に10往復以上へと増発。また、一部はえりも町まで直通運転を実施。
  • 沼ノ端駅 - 鵡川駅は、国道や高規格道路を経由した上で時間短縮を実施。
  • 登下校時には富川大町より富川高校に、登校時には静内より静内高校への乗り入れを実施。
  • バス停の数を増加。

令和元年9月19日、平取町が鵡川駅 - 様似駅間の廃止・バス転換を容認する意向を示し[新聞 75]、5日後の9月24日新ひだか町で開かれた沿線7町の臨時会議において、平取町新冠町、新ひだか町、様似町、えりも町の5町が「鵡川駅 - 様似駅間の廃止・バス転換」、日高町が「鵡川駅 - 日高門別駅間の復旧および日高門別駅 - 様似駅間のバス転換」、浦河町が「鵡川駅 - 様似駅間の復旧」を主張した[新聞 76]

11月12日、新ひだか町で開かれた沿線7町の臨時会議において、浦河町以外の6町の賛成による多数決により、「鵡川駅 - 様似駅間の廃止・バス転換」へ向け各町がJR北海道との個別協議に入ることを決めた[新聞 77][新聞 78]。また、同日、同区間をバス転換させた場合の案は以下のとおりになることが、11月21日に北海道新聞が報道した[新聞 79]

  • えりも本町から苫小牧、新千歳空港、札幌までそれぞれ直通する長距離線のバスを運行(一部区間は、日高厚賀ICより、日高自動車道道央自動車道を走行)
    • なお、2018年(平成30年)8月1日より、浦河ターミナルから南千歳駅および新千歳空港へと結ぶ直通バス「特急ひだか優駿号」が運行されている[JR北 33]
  • 富川と静内を交通結節点とし、「苫小牧 - 富川間」「富川 - 静内間」「静内 - えりも本町間」の中・短距離線のバスを運行。

2020年(令和2年)6月4日、JR北海道が沿線7町に対し、代替バスの運行や地域振興のために総額25億円の支援金(18年間分の転換バス運行費20億円、駅舎や鉄道施設跡地を活用する地域振興費5億円[新聞 80])を拠出する案を提示したことを、同年6月5日に北海道新聞が報道した[注釈 6][新聞 81]

7月16日、町公民館で開かれた沿線7町の臨時会議にて、鵡川駅 - 様似駅間の廃止の最終合意に至らなくても、翌3月のJRバスのダイヤ改正に合わせて、転換バスの試験運行をすることをJR北海道へ要望することを決めた[新聞 82]

鵡川駅 - 様似駅間の廃止合意とバス転換の決定[編集]

2020年(令和2年)8月12日、新ひだか町で開かれた沿線7町の臨時会議にて、2021年3月末に鵡川駅 - 様似駅間を廃止し、4月から代行バスを運行することで、2020年9月中にJR北海道と沿線7町が最終合意することを決めた[新聞 42]

9月17日の『北海道新聞』で、JR北海道と沿線7町が同年9月28日に臨時会議を開き、鵡川駅 - 様似駅間の廃止に関して最終合意を行う方針を固めた旨が報じられたが[新聞 83]、9月28日に開かれた臨時会議では、鵡川駅 - 様似駅間廃止の最終合意は、廃止した区間の護岸工事について道やJRの負担の割合が決まっていないとして見送られた[13][新聞 84][新聞 85]

10月6日、新ひだか町で開かれた沿線7町の臨時会議にて、JR北海道と沿線7町が鵡川駅 - 様似駅間を2021年4月1日に廃止し、同日に代替バスを運行開始することで最終合意を行った[新聞 43]。10月23日にはJR北海道と沿線7町が、鵡川駅 - 様似駅間の廃止・バス転換などに関する覚書を締結した[新聞 44]。同日には北海道知事鈴木直道は「地域の声に耳を傾け、情報提供や助言、調整をしっかりやりたい」と述べ、鵡川駅 - 様似駅間の廃止にあたって支援を行いたい考えを示している[新聞 86]

なお、鵡川駅 - 様似駅の廃止は、JR北海道の路線としては、初めて災害で不通となったまま最終合意が行われた事例となった[新聞 87][新聞 44]。また、鵡川駅 - 様似駅間の廃止は、2016年にJR北海道が『自社単独で維持することが困難な路線』を公表して以降、石勝線新夕張駅 - 夕張駅間(2019年4月1日廃止)、札沼線北海道医療大学駅 - 新十津川駅間(2020年5月7日廃止)に続いて3例目となる[新聞 2]

鵡川駅 - 様似駅間の廃止合意後の10月27日には、JR北海道が国土交通大臣宛てに、同区間の鉄道事業廃止届を提出した[JR北 22][運輸局 2][新聞 45]。この届出提出時点では、鵡川駅 - 様似駅間の廃止予定日は2021年(令和3年)11月1日とされており、国土交通省北海道運輸局の聴取により繰り上げが認められれば、同年4月1日に廃止予定日を繰り上げるとしていた[JR北 22][運輸局 2][新聞 88][新聞 45]

その後、12月8日には、意見聴取が開かれ、JR北海道は国土交通省に対し、鵡川駅 - 様似駅間の廃止日を2021年4月1日に繰り上げるよう要請[新聞 88]。同月28日には、国土交通省北海道運輸局が、国土交通大臣よりJR北海道や地方自治体に対して、「意見聴取の結果、廃止の日を令和3年4月1日に繰り上げたとしても公衆の利便を阻害するおそれがないと認める」として、鵡川駅 - 様似駅間の鉄道事業廃止日の繰り上げを認める通知を行ったことを発表した[運輸局 3]。これを受けて、JR北海道は、翌2021年1月5日に、鵡川駅 - 様似駅間の鉄道事業廃止日を繰り上げる届出を提出、同区間は同年4月1日に廃止される見通しとなった[JR北 1][運輸局 1][新聞 1]

2021年(令和3年)2月18日には、日高町村会と日高地域広域公共交通確保対策協議会、JR北海道が、日高振興局での記者会見の席上で、鵡川駅 - 様似駅間の廃止に伴うバス転換の概要を以下のように発表した[JR北 34][新聞 89]。ただし、以下は2021年(令和3年)2月18日時点では認可申請中であり、変更の可能性があるとしている[JR北 34]

  • 日高管内各地から静内高校や苫小牧市内の高校への登校時間に合わせ、新たに登校バス6便の運行、既存バスの各高校への乗り入れを実施。
    • 静内では静内農業高校のスクールバスにも接続
    • 苫小牧市内の高校への登校バスは、鵡川駅での列車接続も考慮
  • 通院や買い物の利便性配慮の観点より、既存バスに計10か所の停留所を新設
  • バス車両9台を導入し、低床バスの推進[注釈 7]
  • 時間帯に応じて、国道経由の短絡ルートと市街地立ち寄りルートを使い分け
  • えりも方面 - 浦河・静内方面の直通便を新設
  • えりも町 - 苫小牧市間には1日1往復の直行便「特急とまも号」を新設し、鉄道運行時に様似駅から既存バスに乗り継いでいた際と同等の3時間50分で運行

廃線後の代替バス運行系統[編集]

2021年(令和3年)2月21日付『北海道新聞』では、代替バスの系統が以下のようになると報道されている[新聞 90]

日高本線代替バス運行系統案[新聞 90]
事業者 道南バス ジェイ・アール北海道バス
走行区間(新規) 苫小牧駅前・鵡川駅前 - 静内 えりも - 苫小牧駅前
(特急とまも号)
厚賀第一 - 静内高校前 静内 - 様似営業所
富川高校前 - 静内・静内高校前[注釈 8] 荻伏 - 静内高校前[注釈 8]
静内 - 苫小牧駅前[注釈 9] 様似営業所 - 静内高校前
(急行)
平取 - 鵡川駅前 静内 - えりも郷土資料館
(急行)
走行区間(既存) 苫小牧駅前・鵡川駅前 - 静内(一部便) 上野深 - 浦河老人ホーム前[注釈 10]
平取 - 苫小牧駅前・静内 向別 - 様似営業所・えりも郷土資料館・庶野[注釈 10]
静内 - 浦河老人ホーム前 様似営業所 - えりも郷土資料館・庶野・広尾[注釈 10]

記念入場券の発売[編集]

鵡川駅 - 様似駅の廃止に向けて、2021年(令和3年)2月より、鵡川駅 - 様似駅間を含めた日高本線全29駅の記念入場券アクリル駅名標を模したもの)と収納用の台紙がセットで発売されている[JR北 36]新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による移動自粛要請等があったことから、2021年2月26日より予定されている苫小牧駅および静内駅での発売に先行して、郵送での発売が同年2月2日 - 2月21日まで実施された[JR北 36]

これ以外に、JR北海道による記念行事は行われない[新聞 91]

鵡川駅 - 様似駅間の廃線後[編集]

鵡川駅以南の廃線後への備えとして、苫小牧市など1市4町で構成する「JR北海道の維持困難線区に関する東胆振首長懇談会」が2021年1月25日に開いたオンライン会議で、苫小牧駅 - 鵡川駅間の存続を求めることを確認した[新聞 92]。民間では沿線住民有志が2020年12月、「日高線廃止後の鉄路の活用を考える会」を発足させ、イベントや観光への活用を検討している[新聞 91]

不通後の経過[編集]

  • 2015年(平成27年)
    • 1月8日:厚賀駅 - 大狩部駅間(苫小牧駅起点67.506 km付近)で高波による土砂流出が発生[JR北 17]。鵡川駅 - 様似駅間が不通となり、苫小牧駅 - 鵡川駅間でも一部の列車が運休[JR北 37][JR北 38][JR北 39]
    • 1月13日:鵡川駅 - 様似駅間で代行バスを運行開始[JR北 37][JR北 38][JR北 39]。苫小牧駅 - 鵡川駅間の列車運行本数は8.5往復。代行バス運行本数は鵡川駅 - 静内駅間が4往復(土休日は2往復)、静内駅 - 様似駅間が3往復(土休日は2往復)。
    • 1月27日:静内駅 - 様似駅間で運行再開(4往復)[JR北 40]。鵡川駅 - 静内駅間は引き続き代行バスを運行(4往復)[JR北 41]。車両の給油・検査のため、静内以東で用いる車両は毎日回送苫小牧運転所から、土砂流出区間を通過して送り込まれた[新聞 93]
    • 2月14日:この日のみ、静内発鵡川行きの代行バスを上り1本追加運転[JR北 41]
    • 2月21日:富川駅、豊郷駅、厚賀駅、大狩部駅、節婦駅の代行バス乗降場所を変更[JR北 42]。また、同年3月31日まで、静内発鵡川行きの代行バス1本を追加運転[JR北 42]
    • 2月28日:厚賀駅 - 大狩部駅間において土砂流出が進行し、静内駅 - 様似駅間用の車両を回送することも不可能となったため同日午前をもって静内駅 - 様似駅間の列車運行を取り止め。午後以降は鵡川駅 - 様似駅間で代行バスを運行[JR北 43]。代行バス運行本数は鵡川駅 - 静内駅間が下り4本・上り5本、静内駅 - 様似駅間が4往復。
    • 4月1日:代行バスについて、同日から静内発鵡川行きを1本追加運行。鵡川駅 - 静内駅間の運行本数が下り4本・上り6本となる[JR北 44]
    • 4月29日:東静内駅 - 西様似駅間の各駅における代行バスの乗降場所を変更[JR北 45]
    • 6月1日:代行バスを増発し、鵡川駅 - 静内駅間が下り8本・上り7本、静内駅 - 様似駅間が6往復の運行となる。また、鵡川発苫小牧行きの列車2本の運行時刻を変更[JR北 46]
    • 8月17日:代行バスのうち、様似駅発静内駅行きの上り1本の時刻を変更[JR北 24]
    • 9月12日台風17号の影響で、豊郷駅 - 清畠駅間および厚賀駅 - 大狩部駅間(1月の被災箇所付近)でさらなる路盤流出が発生[JR北 27][JR北 28]
  • 2016年(平成28年)
    • 1月13日:代行バスを増発し、静内駅 - 様似駅間が下り7本・上り6本の運行となる。静内発浦河行きの代行バス1本を追加運転(土休日は運休)。東町駅の代行バス乗降場所を変更[JR北 47]
    • 3月26日:代行バスを増発し、鵡川駅 - 静内駅間が8往復、静内駅 - 様似駅間が下り8本・上り6本の運行となる。また、絵笛駅、西様似駅の代行バス乗降場所を変更[JR北 48]
    • 7月30日:胆振・日高地方の豪雨の影響で、不通区間のうち本桐駅 - 荻伏駅間における3カ所で線路下の路盤が流出[新聞 94]
    • 8月23日台風9号による降雨災害の影響で、不通区間のうち鵡川駅 - 汐見駅間の鵡川橋りょうに敷設されていた通信ケーブルが断線[JR北 49]。清畠駅 - 厚賀駅間で線路下の路盤が崩落[新聞 95]
    • 8月31日台風10号による降雨災害の影響で、豊郷駅 - 清畠駅で慶能舞川橋りょうが流失[JR北 50][新聞 38]。これに伴う通信ケーブル損傷のため静内駅での信号制御ができなくなり[JR北 18][新聞 37]、全線で鉄道による運転ができなくなる。このほか新冠駅 - 静内駅間80k328m地点で護岸倒壊[JR北 50]
    • 9月1日:苫小牧駅 - 鵡川駅間の代行バス輸送を開始[JR北 18]。一日3往復[新聞 38]
    • 9月16日:通信ケーブルが復旧し、16日ぶりに始発から苫小牧駅 - 鵡川駅間の運転を再開[新聞 39][新聞 40]
    • 12月21日:鵡川駅 - 様似駅間の復旧断念をJR北海道より発表[JR北 14]
  • 2018年(平成30年)
    • 3月17日:ダイヤ改正に伴い、静内駅 - 鵡川駅間において一部の代行バスの運行時刻を見直し[JR北 51]
    • 4月1日:代行バスの運行時刻を見直し。清畠駅の代行バス乗降場所が変更されたほか、静内駅 - 様似駅間において一部の代行バスの運行時刻および運行日が通学日や学休日に合わせたものに見直され、一部の駅が通過するようになる。また、通年運行される上り1本、下り1本が日高東別駅を通過するようになる[JR北 52]
    • 6月17日:JR北海道が鵡川駅 - 様似駅間を2020年度を目処に廃止する方針を示す[14]
    • 9月1日:鵡川駅 - 静内駅間において代行バスの時刻を見直し。一部の便を除き、清畠駅の停車時間が拡大または縮小される。また、上り4本、下り1本が汐見駅を通過するようになる[JR北 53]
    • 9月6日北海道胆振東部地震の影響により、不通区間のうち富川駅 - 日高門別駅間における沙流川橋りょうで、軌道変位・ひび割れなどの被害を受ける[JR北 54][新聞 96]
    • 9月13日:北海道胆振東部地震の影響により、苫小牧駅 - 鵡川駅間の代行バス輸送を開始[JR北 55]
    • 11月19日:厚真川橋りょうの復旧により、苫小牧駅 - 鵡川駅間の運転を再開[JR北 21][新聞 41]
  • 2019年(令和元年)
    • 9月19日:平取町が鵡川駅 - 様似駅間の廃止・バス転換を容認[新聞 75]
    • 11月12日:新ひだか町で行われた沿線7町の町長による臨時町長会議で、多数決により鵡川駅 - 様似駅間の廃止・バス転換に向け各町とJR北海道との協議入りを決定[新聞 77][新聞 78][新聞 97]
  • 2020年(令和2年)
    • 8月12日:新ひだか町で行われた沿線7町の町長による臨時町長会議で、2021年3月末の鵡川駅 - 様似駅間・2021年4月の代替バス運行開始に関する最終合意を、2020年9月中にJR北海道と行うことを決定[新聞 42]
    • 9月28日:沿線7町の町長による臨時町長会議を開催。4月からのバス転換の最終合意を、廃止した区間の護岸工事について道やJRの負担の割合が決まっていないとして見送られる[13][新聞 84][新聞 85]
    • 10月6日:JR北海道と沿線7町が、2021年4月1日に鵡川駅 - 様似駅間を廃止し、代替バスを運行開始することで最終合意[新聞 43]
    • 10月23日:JR北海道と沿線7町が、鵡川駅 - 様似駅間の廃止・バス転換などを記した覚書を締結[新聞 44]
    • 10月27日:JR北海道が国土交通大臣宛てに鵡川駅 - 様似駅間の鉄道事業廃止届を提出[JR北 22][運輸局 2][新聞 45]
    • 12月28日国土交通省北海道運輸局がJR北海道に対して、鵡川駅 - 様似駅間の鉄道事業廃止日を2021年4月1日への繰り上げを認める通知を行ったと発表[運輸局 3]
  • 2021年(令和3年)

運行形態[編集]

全線を日高線運輸営業所が管轄している。

高波災害前は苫小牧駅 - 様似駅間の直通列車(下り5本、上り6本)と苫小牧駅 - 鵡川駅・静内駅間、静内駅 - 様似駅間の区間運転列車があり、3時間以上運行のない時間帯があった。また、土曜・休日には、「ホリデー日高」が静内駅発苫小牧駅行きで運行されていた。

車両は苫小牧運転所キハ40形気動車(1700番台)が使用されている。かつてはキハ40形気動車(350番台)のほか、当線限定運用のキハ130形キハ160形が導入されていたこともあった。また、キハ40形気動車(350番台)については、2021年3月13日のダイヤ改正をもって営業運転を終了した[JR北 56]

この路線では年末年始も休日ダイヤを採用せず、臨時列車扱いで鵡川駅発苫小牧駅行きの夕方の列車を追加運行していた。

臨時列車[編集]

優駿浪漫号[編集]

優駿浪漫号として使用されたニセコエクスプレス(2005年5月)
様似駅にて

1998年(平成10年)7月から2013年(平成25年)5月まで、千歳線直通で札幌駅 - 様似駅間を運転していた臨時列車。当初は夏休みに北海道を訪れる観光客や、日高本線沿線から札幌方面へ出かける利用者の便宜を図るため、千歳駅 - 様似駅間で上り1本、下り2本が運転された[11][15]。後年に運転区間が札幌駅 - 様似駅間に延長され、日本屈指の桜並木がある静内町への観光列車として運転された[JR北 57]

運行は毎年5月の観光シーズンの数日のみ、1日1往復の運行で、キハ183系特急形気動車ニセコエクスプレス」(5000番台)が使用されていた[JR北 57]。かつては、当線で通常使用されているキハ40形気動車(350番台)学園都市線用のキハ141系気動車ヘッドマークを変えるだけで使用されたこともあった。なお、運転開始から一貫して臨時快速列車の扱いだったが、2011年(平成23年)度からは臨時普通列車扱いとなった。全席自由席での運転[JR北 57]

当線内は定期普通列車の置き換えであるため、各駅に停車する。線路配線の都合で苫小牧駅で列車の進行方向が変わる。千歳線内の停車駅は同線を走行する昼行特急と同じだが、ダイヤの編成の都合で運転停車を行い後続列車に追い抜かれる場合もあり、同線内での所要時間は快速「エアポート」よりも遅くなる。

2014年(平成26年)以降は運転されていない。

停車駅
札幌駅 - 新札幌駅 - 南千歳駅 - 苫小牧駅 - (各駅に停車) - 様似駅

日高ポニー号[編集]

日高ポニー号用塗色のキハ130形

1999年(平成11年)7月24日から2001年(平成13年)6月17日までの間、鵡川駅 - 静内駅間を運転していた臨時列車[11]。日高線運輸営業所が日高観光の呼び水として計画し、1999年(平成11年)は7 - 8月の毎週土曜日に運転された[新聞 98]。当時老朽化などにより一部の車両が運用を離脱していた、キハ130形気動車1両によって運転された。車体は馬のイラストが書かれた専用塗装となり、車内にはドリンクホルダー付きのテーブル、木馬と記念撮影できるスペースなどが設けられた[16]。2001年(平成13年)6月17日、車両の老朽化などにより運行終了となった[JR北 58]

苫小牧駅 - 鵡川駅間は定期列車に併結されて運用されていた[11]。観光ガイドによる車内放送があり、沿線の牧場・鉄橋などの見どころでは速度を落として運転した[JR北 58]

停車駅
鵡川駅 - 富川駅 - 日高門別駅 - 厚賀駅 - 節婦駅 - 新冠駅 - 静内駅

ホリデー日高[編集]

2001年(平成13年)12月27日から2015年の土砂流出による不通までの間、土曜・休日に、静内駅発苫小牧駅行きが1本運行されていた普通列車[11][JR北 57]。学校の休校日に設定されることもあった[JR北 57]

停車駅
苫小牧駅 - 勇払駅 - 鵡川駅 - 富川駅 - 日高門別駅 - 清畠駅 - 豊郷駅 - 厚賀駅 - 節婦駅 - 新冠駅 - 静内駅

駅一覧[編集]

  • 普通列車は全ての旅客駅に停車。ただし、一部列車は▽印の駅を通過する。
  • 駅名 … (貨):貨物専用駅(日高本線の貨物取扱はなし)
  • 線路(全線単線) … ∨・∧:列車交換可、|:列車交換不可
  • 営業中の区間は全駅北海道胆振管内に所在
駅番号 駅名 営業キロ 接続路線 線路 所在地
駅間 累計
H18 苫小牧駅 - 0.0 北海道旅客鉄道室蘭本線千歳線[* 1] 苫小牧市
  (貨)苫小牧貨物駅 3.4 3.4 (室蘭本線の実際の分岐点)
  勇払駅 9.7 13.1  
  浜厚真駅 9.6 22.7   勇払郡 厚真町
  浜田浦駅 4.3 27.0   むかわ町
  鵡川駅 3.5 30.5  
  1. ^ 千歳線の正式な起点は室蘭本線沼ノ端駅だが、運転系統上は全列車が苫小牧駅に乗り入れる。

廃止区間[編集]

  • 2021年4月1日廃止。営業キロ数や所在地は廃止直前時点のもの。累計営業キロは苫小牧駅からのもの。
  • 廃止直前時点で、普通列車は全ての旅客駅に停車。ただし、一部列車は▽印の駅を通過していた。
  • 線路(全線非電化・単線) … ◇:列車交換可、|:列車交換不可
  • 全駅北海道内に所在
  • 鵡川駅は現存。他の駅は特記がなければ区間廃止日に廃止。
  • 廃止直前時点で、この区間は2015年1月の高波被害により不通・バス代行となっていた。
  • フイハップ浜駅、静内海水浴場駅には営業キロが設定されていなかった。
駅名 営業キロ 備考 線路 所在地
駅間 累計
鵡川駅 - 30.5   胆振管内 勇払郡
むかわ町
汐見駅 4.0 34.5  
(臨)フイハップ浜駅 - - 1993年9月24日廃止[** 1] 日高管内 沙流郡
日高町
富川駅 9.1 43.6  
日高門別駅 7.7 51.3  
豊郷駅 5.0 56.3  
清畠駅 4.8 61.1  
厚賀駅 4.5 65.6  
大狩部駅 5.5 71.1   新冠郡
新冠町
節婦駅 2.0 73.1  
新冠駅 4.1 77.2  
静内駅 4.9 82.1   日高郡
新ひだか町
(臨)静内海水浴場駅 - - 1992年8月24日廃止[** 2]
東静内駅 8.8 90.9  
春立駅 6.1 97.0  
日高東別駅 2.4 99.4  
日高三石駅 6.4 105.8  
蓬栄駅 4.0 109.8  
本桐駅 3.2 113.0  
荻伏駅 7.2 120.2   浦河郡
浦河町
絵笛駅 4.9 125.1  
浦河駅 5.2 130.3  
東町駅 2.1 132.4  
日高幌別駅 4.5 136.9  
鵜苫駅 4.2 141.1   様似郡
様似町
西様似駅 2.5 143.6  
様似駅 2.9 146.5  

過去の接続路線[編集]

関連書籍[編集]

日高線の記憶』(北海道新聞社)という本には、日高本線についての写真、文章、その沿線地域のことが詳しく書いてある。

小説・楽曲[編集]

  • 宮沢賢治の小説『銀河鉄道の夜』は、苫小牧軽便鉄道時代の沿線風景をモチーフにしたのではないかと推測する論文も存在する[新聞 99]
  • 1999年(平成11年)1月に作曲された、元「ふきのとう」の山木康世のシングル『ようこそ春の日日高路』は、日高本線のために作曲された曲である。当時道内に3路線あった運輸営業所のうち、日高線のみがテーマソングを持っていないとして作詞・作曲を依頼[新聞 100]。1999年(平成11年)11月に運転された「山木康世コンサート列車」で披露された[新聞 101]ほか、臨時列車「日高ポニー号」でも流れた[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ バス転換後の日勝線は、従前のバス運行区間だった浦河 - 様似 - 広尾間に加え、静内 - 浦河間の営業も開始された
  2. ^ a b c d 平成27年1月から線路被害のため運休を継続しており、バス代行輸送の人員で算出
  3. ^ a b 北海道レールパス、大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)の利用について、計上方法が見直された。
  4. ^ 『王子製紙社史』第4巻 184・191頁では1907年(明治40年)に敷設となっている[3]
  5. ^ 三井物産運用時代の写真は、函館市中央図書館デジタル資料館の外部リンクで見ることができる。なお、写真内の記述によれば鉄道の名前は特に定まっていなかったようで、「苫小牧-鵡川線」「鵡川線」とまちまちである[新聞 4][新聞 5]
  6. ^ 当初は鵡川駅 - 様似駅間の廃止の最終合意を2020年3月中を目標としていたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、最終合意の時期を延期。同年6月4日より協議を再開した[新聞 81]
  7. ^ 鵡川駅 - 様似駅間での代行バス運行時にも、一部の便が低床バスでの運行を実施している[JR北 35]
  8. ^ a b 静内で、静内農業高校のスクールバスに接続。
  9. ^ 西埠頭通 - 沼ノ端西間は快速運転を実施。
  10. ^ a b c 浦河町内では5か所のバス停を新設。

出典[編集]

  1. ^ 日本国有鉄道電気局『鉄道電報略号』、1959年9月17日、25頁。
  2. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』
  3. ^ 『王子製紙社史』第4巻 184・191頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『写真で見る北海道の鉄道』上巻 国鉄・JR線 148-149頁
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 『写真で見る北海道の鉄道』上巻 国鉄・JR線 313頁
  6. ^ a b c d e 『写真で見る北海道の鉄道』上巻 国鉄・JR線 319頁
  7. ^ 『官報』1927年07月23日 鉄道省告示第157号~159号(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ a b 『写真で見る北海道の鉄道』上巻 国鉄・JR線 198-199頁
  9. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻146号
  10. ^ a b 「全国線路変更区間一覧」『鉄道廃線跡を歩くVII』222頁
  11. ^ a b c d e f g h 朝日新聞出版 (2010-04-04). 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 37号 室蘭本線・日高本線: pp. 25. 
  12. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻241号 49頁
  13. ^ a b JR日高線の一部廃止・バス転換は23日最終合意へ”. HTB. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月29日閲覧。
  14. ^ JR北海道 札沼線など4線区廃止へ”. HTBニュース. 北海道テレビ放送 (2018年6月17日). 2018年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月18日閲覧。
  15. ^ 『鉄道ファン』第35巻第8号、交友社、1995年8月1日、 123頁。
  16. ^ a b 矢野(2004)

報道発表資料[編集]

JR北海道(一部他事業者含む)[編集]

  1. ^ a b c d e f “日高線(鵡川・様似間)の廃止日繰上げの届出について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2021年1月5日), オリジナルの2021年1月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210105050338/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210105_KO_hidakahaishi0401.pdf 2021年1月5日閲覧。 
  2. ^ a b “平成26年度決算について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年5月8日), オリジナルの2015年6月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150624035503/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150508-2.pdf 2015年6月24日閲覧。 
  3. ^ a b “平成27年度第2四半期決算について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年11月6日), オリジナルの2015年11月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151108072104/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151106-1.pdf 2015年11月8日閲覧。 
  4. ^ a b “平成27年度決算について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年5月9日), オリジナルの2016年5月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160519034311/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160509-3.pdf 2016年5月19日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g “当社単独では維持することが困難な線区について(PPT版)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年11月18日), オリジナルの2016年11月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20161118121205/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161118-4.pdf 2016年11月18日閲覧。 
  6. ^ a b “平成26年3月期決算について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2014年5月9日), オリジナルの2014年8月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140819090517/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140509-1.pdf 2014年8月19日閲覧。 
  7. ^ a b “平成26年度 線区別の収支状況等について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年2月10日), オリジナルの2016年2月10日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160210105033/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160210-1.pdf 2016年2月10日閲覧。 
  8. ^ a b “平成27年度 線区別の収支状況等について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年11月4日), オリジナルの2016年11月6日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20161106113200/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161104-1.pdf 2016年11月6日閲覧。 
  9. ^ 平成28年度決算について (PDF)”. 北海道旅客鉄道 (2017年5月9日). 2019年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月10日閲覧。
  10. ^ a b “平成29年度 線区別の収支とご利用状況について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2018年11月9日), オリジナルの2019年1月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190113071557/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181109_KO_LineAccount2017.pdf 2019年1月13日閲覧。 
  11. ^ a b “線区別の収支とご利用状況について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2019年9月4日), オリジナルの2019年9月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190904151630/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/201900904_KO_ExpenditureOfSection.pdf 2019年9月5日閲覧。 
  12. ^ a b “2019年度 線区別の収支とご利用状況について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2020年6月8日), オリジナルの2020年6月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200608075913/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200608_KO_senkubetu.pdf 2020年6月8日閲覧。 
  13. ^ “平成28年度 線区別の収支状況等について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2017年11月7日), オリジナルの2019年1月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190114150147/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/171107-2.pdf 2019年1月15日閲覧。 
  14. ^ a b c d e f g h “日高線(鵡川・様似間)の復旧断念、並びにバス等への転換に向けた沿線自治体との協議開始のお願いについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年12月21日), オリジナルの2016年12月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20161222222837/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161221-4.pdf 2016年12月22日閲覧。 
  15. ^ “~道路とレールを自在に行き来できる「デュアル・モード・ビークル Dual Mode Vehicle (DMV)」の営業線区における冬期走行試験を実施します~” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2004年11月16日), オリジナルの2004年11月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20041117134325/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2004/041116-2.pdf 2004年11月17日閲覧。 
  16. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), オリジナルの2007年9月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070930015220/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2007年9月30日閲覧。 
  17. ^ a b c “日高線 厚賀〜大狩部間 67k506m 付近における盛土流出について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月13日), オリジナルの2015年1月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150115032522/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150113-3.pdf 2015年1月15日閲覧。 
  18. ^ a b c d “一連の台風による被災箇所の復旧見込み” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年9月14日), オリジナルの2016年9月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160916131337/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160914-1.pdf 2016年9月16日閲覧。 
  19. ^ “今後の運転再開の見込みについて(9月12日現在)” (日本語) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2018年9月12日), オリジナルの2019年1月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190131035914/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20180912_KO_SchedulesOfOperations3.pdf 2018年9月13日閲覧。 
  20. ^ “厚真川橋りょう(9月12日現在)” (日本語) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2018年9月12日), オリジナルの2019年1月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190131040043/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20180912_KO_AtsumaRiver.pdf 2018年9月13日閲覧。 
  21. ^ a b “日高線(苫小牧~鵡川間)運転再開について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2018年11月14日), オリジナルの2018年11月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181115001206/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181114_KO_Hidaka%20saikai.pdf 2020年10月27日閲覧。 
  22. ^ a b c d “日高線(鵡川・様似間)の鉄道事業廃止届の提出について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2020年10月27日), オリジナルの2020年10月27日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201027062537/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201027_KO_Hidaka.pdf 2020年10月27日閲覧。 
  23. ^ “日高線厚賀・大狩部間における災害対策の進捗状況について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年6月10日), オリジナルの2015年6月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150616092045/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150610-3.pdf 2015年6月16日閲覧。 
  24. ^ a b “日高線列車代行バスの時刻見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年7月31日), オリジナルの2015年8月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150801034509/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150731-3.pdf 2015年8月1日閲覧。 
  25. ^ “日高線における今後の災害対策について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年3月11日), オリジナルの2015年3月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150316110741/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150311-1.pdf 2015年3月16日閲覧。 
  26. ^ “日高線における災害対策の概算工事費と必要工期について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年4月28日), オリジナルの2015年6月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150624035653/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150428-1.pdf 2015年6月24日閲覧。 
  27. ^ a b “台風17号の影響に伴う日高線の波浪災害について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年9月14日), オリジナルの2015年9月17日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150917020908/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150914-1.pdf 2015年9月17日閲覧。 
  28. ^ a b “日高線追加被災箇所の当面の対策について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年10月9日), オリジナルの2015年10月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151012124918/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151009-3.pdf 2015年10月12日閲覧。 
  29. ^ “平成27年9月に発生した日高線における災害箇所の復旧対策費について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年1月14日), オリジナルの2016年4月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160423171509/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160114-2.pdf 2016年4月23日閲覧。 
  30. ^ “一連の台風被害による日高線(鵡川・様似間)の復旧費について(概要)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年11月9日), オリジナルの2016年11月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20161112131340/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161109-1.pdf 2016年11月12日閲覧。 
  31. ^ a b “当社単独では維持することが困難な線区について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年11月18日), オリジナルの2016年11月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20161118050351/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161118-3.pdf 2016年11月18日閲覧。 
  32. ^ “「JR北海道グループ長期経営ビジョン」等について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2019年4月9日), オリジナルの2020年7月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200724151433/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20190409_KO_plan.pdf 2020年7月25日閲覧。 
  33. ^ “浦河~新千歳空港直通バスを運行します JR日高線沿線地域と南千歳駅・新千歳空港を直結します” (PDF) (プレスリリース), 道南バス、北海道旅客鉄道, (2018年7月20日), オリジナルの2020年7月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200724153008/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20180720_KO_Hidaka%20yusyunngou.pdf 2020年7月25日閲覧。 
  34. ^ a b 日高線バス転換後の新たな交通体系案の概要 (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 輸送密度200人未満の線区(「赤色」「茶色」5線区). 北海道旅客鉄道 (2021年2月18日). 2021年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月20日閲覧。
  35. ^ 日高線列車代行バス及び列車時刻表【2020年3月14日~】※10月26日更新 (PDF)”. 日高線 鵡川駅~様似駅間 バス代行輸送について. 北海道旅客鉄道 (2020年10月26日). 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月20日閲覧。
  36. ^ a b “日高本線記念入場券を発売いたします” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2021年2月2日), オリジナルの2021年2月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210202154133/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210202_KO_hidakakinen.pdf 2021年2月3日閲覧。 
  37. ^ a b “日高線運休に伴う列車代行バスの追加運行について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月15日), オリジナルの2015年3月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150330111108/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150115-2.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  38. ^ a b “日高線運休に伴う列車代行バス時刻について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月16日), オリジナルの2015年3月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150330131323/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150116-1.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  39. ^ a b “日高線運休に伴う列車時刻の一部変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月17日), オリジナルの2015年3月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150330083858/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150117-1.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  40. ^ “日高線 静内~様似間折り返し運転の実施について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年1月20日), オリジナルの2015年3月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150330110841/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150120-1-2.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  41. ^ a b “日高線運休に伴う列車代行バスの追加運行について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年2月9日), オリジナルの2015年3月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150330110816/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150209-1_2.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  42. ^ a b “日高線運休に伴う列車代行バスの追加運行及び乗降場所変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年2月16日), オリジナルの2015年2月21日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150221085415/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150216-2.pdf 2015年2月21日閲覧。 
  43. ^ “日高線 静内~様似間におけるバス代行の実施について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年2月27日), オリジナルの2015年3月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150330131236/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150227-1.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  44. ^ “日高線運休に伴う列車代行バスの追加運行について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年3月27日), オリジナルの2015年6月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150624041152/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150327-2.pdf 2015年6月24日閲覧。 
  45. ^ “日高線運休に伴う列車代行バスの乗降場所変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年4月17日), オリジナルの2015年6月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150624035710/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150417-1.pdf 2015年6月24日閲覧。 
  46. ^ “日高線列車代行バスの増便及び時刻見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年5月14日), オリジナルの2015年5月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150514061646/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150514-3.pdf 2015年5月14日閲覧。 
  47. ^ “日高線列車代行バスの増便及び時刻見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年12月11日), オリジナルの2015年12月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20151211070746/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151211-2.pdf 2015年12月11日閲覧。 
  48. ^ “日高線列車代行バスの増便及び時刻見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年3月1日), オリジナルの2016年3月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160305040951/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160301-1.pdf 2016年3月5日閲覧。 
  49. ^ “連続して北海道に上陸した台風による被害状況について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年8月24日), オリジナルの2016年8月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160824073623/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160824-1.pdf 2016年8月24日閲覧。 
  50. ^ a b “一連の台風による被害状況等について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年9月2日), オリジナルの2016年9月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160902120839/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160902-2.pdf 2016年9月2日閲覧。 
  51. ^ “日高線 鵡川駅~様似駅間 バス代行輸送 運行時刻等について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2018年2月20日), オリジナルの2019年1月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190131034017/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2018/180220-1.pdf 2019年1月31日閲覧。 
  52. ^ “日高線 鵡川駅~様似駅間 バス代行輸送 運行時刻等の変更について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2018年3月13日), オリジナルの2019年1月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190131034500/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2018/180313-2.pdf 2019年1月31日閲覧。 
  53. ^ “日高線 鵡川駅~様似駅間 バス代行輸送 運行時刻等の変更について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2018年7月25日), オリジナルの2019年1月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190131034834/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20180725_KO_hidakasen.pdf 2019年1月31日閲覧。 
  54. ^ “日高線 富川・日高門別間 沙流川橋りょうの被災状況等について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2018年12月12日), オリジナルの2018年12月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181214023358/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181212_KO_Hidaka%20Rusa.pdf 2018年12月14日閲覧。 
  55. ^ “日高線 勇払・浜厚真間 厚真川橋りょうの復旧について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2018年10月3日), オリジナルの2019年1月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190131035557/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181003_KO_Hidakasen%20Hukkyu.pdf 2019年1月31日閲覧。 
  56. ^ “「キハ40-353号(優駿浪漫カラー)VR」を公開します!” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2021年3月25日), オリジナルの2021年3月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210325070409/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210325_KO_40%20VR.pdf 2021年3月28日閲覧。 
  57. ^ a b c d e 春の臨時列車のお知らせ(2006年)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2006年1月13日), オリジナルの2006年12月24日時点によるアーカイブ。 2020年1月12日閲覧。
  58. ^ a b さよなら日高ポニー号運転” (日本語) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2001年5月28日), オリジナルの2002年6月13日時点によるアーカイブ。 2020年1月12日閲覧。

JR貨物[編集]

  1. ^ “駅名改称のご案内 ~6線区8ヶ所の駅名を改称します~” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本貨物鉄道, (2011年3月11日), オリジナルの2011年5月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110515162457/http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/201103-01.pdf 2011年5月15日閲覧。 

北海道運輸局[編集]

  1. ^ a b c d e f g “鉄道事業の一部廃止の日を繰上げる届出について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国土交通省北海道運輸局, (2021年1月5日), オリジナルの2021年1月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210105055746/https://wwwtb.mlit.go.jp/hokkaido/press/presspdf/202101/20210105.pdf 2021年1月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d “北海道旅客鉄道株式会社の鉄道事業の一部を廃止する届出及び本届出に係る公衆の利便の確保に関する意見の聴取について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国土交通省北海道運輸局, (2020年10月27日), オリジナルの2020年10月27日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201027063717/https://wwwtb.mlit.go.jp/hokkaido/press/presspdf/202010/20201027.pdf 2020年10月27日閲覧。 
  3. ^ a b c “鉄道事業の一部廃止届に係る廃止の日の繰上げの是非の通知について” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省北海道運輸局, (2020年12月28日), オリジナルの2020年12月28日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201228062738/https://wwwtb.mlit.go.jp/hokkaido/press/presspdf/202012/20201228.pdf 2020年12月28日閲覧。 

北海道総合政策部[編集]

  1. ^ “日高線(鵡川~様似間)に関する知事コメント” (日本語) (プレスリリース), 北海道総合政策部交通政策局交通企画課, (2016年12月21日), オリジナルの2016年12月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20161222223728/http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/hodo/komento/h28/281221gkomento.htm 2020年10月27日閲覧。 

新聞記事[編集]

  1. ^ a b c d e f g 鵡川-様似廃線、4月1日に決定 JR、運輸局に届け出」『北海道新聞』、2020年1月6日。2020年1月7日閲覧。オリジナルの2020-01-06時点におけるアーカイブ。
  2. ^ a b 高波被害から復旧かなわず JR日高線の8割廃止で合意」『朝日新聞』、2020年10月24日。2020年12月9日閲覧。オリジナルの2020-11-19時点におけるアーカイブ。
  3. ^ a b c JR日高線 鵡川―様似間1日廃止 代行バス最終便」『北海道新聞』、2021年4月1日。2021年4月1日閲覧。
  4. ^ 木材運搬専用軽便鉄道実景」『北海道 林業実景』三井物産株式会社小樽支店(発行)・三越呉服店写真部謹製(函館市中央図書館デジタル資料館)。2015年9月17日閲覧。オリジナルの2015年9月17日時点におけるアーカイブ。
  5. ^ 三井物産株式会社軽便鉄道御召列車ノ図」『北海道 林業実景』三井物産株式会社小樽支店(発行)・三越呉服店写真部謹製(函館市中央図書館デジタル資料館)。2015年9月17日閲覧。オリジナルの2015年9月17日時点におけるアーカイブ。
  6. ^ 軽便鉄道免許状下付」『官報印刷局国立国会図書館デジタルコレクション)、1913年5月23日。2013年12月3日閲覧。オリジナルの2013-12-03時点におけるアーカイブ。
  7. ^ 軽便鉄道運輸開始」『官報』印刷局(国立国会図書館デジタルコレクション)、1913年10月6日。2014年3月5日閲覧。オリジナルの2014-03-05時点におけるアーカイブ。
  8. ^ 地方鉄道駅名改称」『官報』内閣印刷局(国立国会図書館デジタルコレクション)、1925年11月19日。2014年3月5日閲覧。オリジナルの2014-03-05時点におけるアーカイブ。
  9. ^ 逓信省告示第2732号「記念スタンプ」」『官報』内閣印刷局(国立国会図書館デジタルコレクション)、1935年10月22日。2015年9月16日閲覧。オリジナルの2015-09-16時点におけるアーカイブ。
  10. ^ a b 「あすを築く 北海道開発ルポ19 バラバラの護岸行政 基礎調査もまだ手付かず」『北海道新聞』、1960年10月5日。
  11. ^ 「日高線など不通」『毎日新聞』、1955年7月5日。
  12. ^ 「浦河で百九十戸浸水」『北海道新聞』、1958年8月1日。
  13. ^ 「日高線も復旧見通し立たず」『北海道新聞』、1958年8月20日。
  14. ^ a b 「雪害で貨物輸送大打撃 減収ざっと二億? 旅客優先のとばっちり」『北海道新聞』1970年2月4日
  15. ^ a b 「雨に弱い道内国鉄 日高線なお不通 きょう中に復旧 復旧に自衛隊も出動」『北海道新聞』1973年9月4日
  16. ^ 「土砂崩れ、急行脱線 日高線 乗客七人が重軽傷」『毎日新聞』、1973年9月2日。
  17. ^ “日高線、運行を再開”. 北海道新聞 夕刊. (北海道新聞社). (1973年9月7日).
  18. ^ 「日高の豪雨被害さらに拡大 田畑の冠水757ヘクタール 日高本線富川―様似 開通見通し立たず」『北海道新聞』、1981年7月7日。
  19. ^ 「日高本線が開通 豪雨禍 国道、道道メド立たず」『北海道新聞』、1981年7月10日。
  20. ^ 「通常運転を再開 日高本線浦河―様似間」『北海道新聞』、1981年7月11日。
  21. ^ a b 「代行バスが発車 静内様似 始業式の高校生ホッと」『北海道新聞』1981年8月17日
  22. ^ 「日高本線 来月一日に再開 2カ月ぶり静内―様似間」『北海道新聞』、1981年9月26日。
  23. ^ 「百三日ぶり全線開通 日高本線 16日に」『北海道新聞』、1981年11月14日。
  24. ^ a b 「12日ぶり開通 豪雨禍の日高本線鉄橋」『北海道新聞』、1982年9月12日。
  25. ^ “日高本線一部ワンマン運転へ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1989年6月2日) 
  26. ^ a b 「大雨で不通のJR日高線、11日ぶり復旧」『毎日新聞』、1995年8月21日。
  27. ^ 「日高線に新型キハ160 JR北海道 来月1日から投入」『交通新聞』交通新聞社、1997年5月2日、3面。
  28. ^ “JR日高線、車両を順次入れ替え 来月さよなら行事 記念乗車券発売も”. 北海道新聞. (1998年9月20日) 
  29. ^ 「[雑記帳]JR日高線鵡川-静内間の優駿のふるさとの風景を…」『毎日新聞』、1999年7月23日。
  30. ^ 「豪雨対策に甘さも 新冠町 避難勧告出さず 基準なし「予期せぬ大災害」」『北海道新聞』、2003年8月11日。
  31. ^ 「運休日高線 代行バスなぜ出ない 釧網線は即日対応 JRにいら立つ住民」『北海道新聞』、2003年8月15日。
  32. ^ 「鵡川―静内に代行バス 明日運行 不明5人の捜索続く」『北海道新聞』、2003年8月15日。
  33. ^ a b 「台風被害 新冠川橋桁架設 JR日高線 6日全面復旧」『北海道新聞』、2003年10月1日。
  34. ^ “高波で護岸壁破損しJR日高線一部運休”. 北海道新聞. (2004年7月3日) 
  35. ^ “JR鵡川―静内間 今朝始発から復旧”. 北海道新聞. (2004年7月7日) 
  36. ^ 「嵐の傷深く 道内通過低気圧」『北海道新聞』、2006年10月10日。
  37. ^ a b 日高線代行バス、続く我慢 苫小牧―静内、記者が同乗」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(道央))、2016年9月14日。2016年9月16日閲覧。オリジナルの2016年9月16日時点におけるアーカイブ。
  38. ^ a b c 日高線 橋桁流失 苫小牧―鵡川代行バス運行」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(道央))、2016年9月2日。2016年9月13日閲覧。オリジナルの2016年9月4日時点におけるアーカイブ。
  39. ^ a b 苫小牧―鵡川 16日運転再開 JR日高線」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(社会))、2016年9月16日。2016年9月16日閲覧。オリジナルの2016年9月16日時点におけるアーカイブ。
  40. ^ a b JR日高線16日ぶり再開「列車通学ありがたい」」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(社会))、2016年9月16日。2016年9月16日閲覧。オリジナルの2016年9月17日時点におけるアーカイブ。
  41. ^ a b 日高本線苫小牧-鵡川間は11月19日に再開…橋桁ずれの橋りょう復旧に目途 北海道胆振東部地震”. レスポンス. イード (2018年11月15日). 2018年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月17日閲覧。
  42. ^ a b c 日高線、来年3月廃止へ 7町、JRと来月合意方針」『北海道新聞』、2020年8月13日。2020年8月13日閲覧。オリジナルの2020-08-13時点におけるアーカイブ。
  43. ^ a b c JR日高線廃線で最終合意 管内7町長とJR 来年4月1日からバス運行」『北海道新聞』、2020年10月6日。2020年10月6日閲覧。オリジナルの2020-10-06時点におけるアーカイブ。
  44. ^ a b c d 日高線廃止合意文書に調印 7町とJR」『北海道新聞』、2020年10月23日。2020年10月23日閲覧。オリジナルの2020-10-23時点におけるアーカイブ。
  45. ^ a b c d 鵡川―様似廃線を国交相に届け出 JR北海道」『北海道新聞』、2020年10月28日。2020年10月28日閲覧。オリジナルの2020-10-28時点におけるアーカイブ。
  46. ^ JR日高線、再開めど立たず 鵡川―様似間 工法検討に1カ月」『北海道新聞北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(道内))、2015年1月14日。2015年1月14日閲覧。オリジナルの2015年1月14日時点におけるアーカイブ。
  47. ^ 日高線維持に16億円 JR、地元に分担要求」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(社会))、2016年8月9日。2016年8月9日閲覧。オリジナルの2016年8月9日時点におけるアーカイブ。
  48. ^ 日高線維持費の積算根拠明示を 知事、JRに」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(政治))、2016年8月10日。2016年8月10日閲覧。オリジナルの2016年8月10日時点におけるアーカイブ。
  49. ^ a b 日高線の地元負担、年13・4億円 JRが維持費求める」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(社会))、2016年9月9日。2016年9月9日閲覧。オリジナルの2016年9月9日時点におけるアーカイブ。
  50. ^ a b c JR北海道の要求に「ノー」 日高線沿線自治体7町長の意見一致」『苫小牧民報』苫小牧民報社(WEBみんぽう(主要))、2016年10月25日。2016年10月30日閲覧。オリジナルの2016年10月30日時点におけるアーカイブ。
  51. ^ “2016年 連続台風、過去最大の被害”. 朝日新聞デジタル. (2017年9月22日). http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20170922011680001.html 2021年4月1日閲覧。 
  52. ^ a b c JR日高線、鵡川―様似間、21日廃止提案へ」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(経済))、2016年12月15日。2016年12月16日閲覧。オリジナルの2016年12月16日時点におけるアーカイブ。
  53. ^ a b c 野原寛史「JR北海道:日高線廃止提案へ 不通区間のうち95キロ」『毎日新聞(北海道朝刊)』毎日新聞社(毎日新聞)、2016年12月15日。2016年12月17日閲覧。オリジナルの2016年12月17日時点におけるアーカイブ。
  54. ^ a b c d JR日高線 鵡川-様似間不通から2年」『苫小牧民報』Yahoo! JAPANYahoo!ニュース(北海道・東北))、2017年1月7日。2017年1月8日閲覧。オリジナルの2017年1月8日時点におけるアーカイブ。
  55. ^ 日高線、地元負担を拒否 沿線7町が正式表明」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(社会))、2016年11月8日。2016年11月8日閲覧。オリジナルの2016年11月8日時点におけるアーカイブ。
  56. ^ 日高線「将来像」は関係自治体に直接回答 JR社長」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(社会))、2016年11月10日。2016年11月12日閲覧。オリジナルの2016年11月12日時点におけるアーカイブ。
  57. ^ a b 加藤祐輔「JR日高線の被災現場公開 流出拡大見えぬ復旧 荒れる海、応急処置も困難」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(道央))、2016年12月13日。2016年12月14日閲覧。オリジナルの2016年12月14日時点におけるアーカイブ。
  58. ^ 日高線、被災現場公開 JRが近く廃止・転換提案」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(経済))、2016年12月13日。2016年12月14日閲覧。オリジナルの2016年12月14日時点におけるアーカイブ。
  59. ^ a b JR問題取材班「日高、胆振 JR廃線を危惧」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(道央))、2016年11月19日。2016年11月19日閲覧。オリジナルの2016年11月18日時点におけるアーカイブ。
  60. ^ 不通続くJR日高線 新ひだか住民団体が発足 バス転換へ地域から声を」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(社会))、2016年11月15日。2016年11月15日閲覧。オリジナルの2016年11月15日時点におけるアーカイブ。
  61. ^ a b 日高線の一部廃線容認へ 沿線7町、バス転換前提に」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(社会))、2016年10月22日。2016年10月22日閲覧。オリジナルの2016年10月21日時点におけるアーカイブ。
  62. ^ 日高線先行復旧、JRに要望 日高町 設備費捻出に慎重な声」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(道央))、2016年6月18日。2016年8月5日閲覧。オリジナルの2016年8月5日時点におけるアーカイブ。
  63. ^ a b 北海道日高町が地元負担検討 JR日高線存続 鵡川―門別再開条件に」『北海道新聞』Yahoo! JAPAN(Yahoo!ニュース(北海道・東北))、2016年11月25日。2016年11月25日閲覧。オリジナルの2016年11月25日時点におけるアーカイブ。
  64. ^ 深沢博「室蘭線と日高線、東胆振の首長初懇談」『朝日新聞朝日新聞社朝日新聞デジタル)、2016年12月15日。2016年12月16日閲覧。オリジナルの2016年12月17日時点におけるアーカイブ。
  65. ^ JR問題取材班「鵡川―様似 JRが廃止伝達 沿線8町長 怒りと失望」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(道央))、2016年12月23日。2016年12月29日閲覧。オリジナルの2016年12月29日時点におけるアーカイブ。
  66. ^ 日高線・鵡川―様似の廃止伝達 JR北海道社長、沿線8町に」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(経済))、2016年12月22日。2016年12月22日閲覧。オリジナルの2016年12月22日時点におけるアーカイブ。
  67. ^ JR最長の116キロ、日高線一部廃止を伝達」『読売新聞読売新聞社YOMIURI ONLINE(経済))、2016年12月22日。2016年12月23日閲覧。オリジナルの2016年12月25日時点におけるアーカイブ。
  68. ^ 福島英博「日高線一部廃止を提案…バス転換、鵡川-様似間」『毎日新聞』毎日新聞社(毎日新聞)、2016年12月21日。2016年12月23日閲覧。オリジナルの2016年12月25日時点におけるアーカイブ。
  69. ^ 日高線DMV導入検討 沿線7町長 被災区間の復旧断念」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(政治))、2017年2月19日。2017年2月22日閲覧。オリジナルの2017年2月25日時点におけるアーカイブ。
  70. ^ 日高線鵡川-様似 DMVとBRT断念 沿線7首長」『北海道新聞』北海道新聞社、2018年7月31日。2018年9月7日閲覧。
  71. ^ 日高門別-様似、廃止容認 JR日高線 地元7町長合意」『北海道新聞』北海道新聞社、2018年11月18日。2018年12月14日閲覧。オリジナルの2018-12-14時点におけるアーカイブ。
  72. ^ 日高線協議再び不透明に 鵡川-様似間7町会議 浦河町長は全線復旧主張」『北海道新聞』、2018年12月26日。2019年1月31日閲覧。オリジナルの2019-01-31時点におけるアーカイブ。
  73. ^ JR、護岸復旧の意向 日高線7町、鵡川-様似の廃止合意条件」『北海道新聞』、2019年1月29日。2019年1月31日閲覧。オリジナルの2019-01-31時点におけるアーカイブ。
  74. ^ 日高線7町 JR、各町と個別協議へ 集約新年度以降に /北海道」『毎日新聞』、2019年2月27日。2019年2月28日閲覧。オリジナルの2019-02-28時点におけるアーカイブ。
  75. ^ a b 平取町長、バス転換容認 日高線鵡川-様似間 議会全員協議会で表明」『北海道新聞』、2019年9月20日。2019年9月21日閲覧。オリジナルの2019-09-21時点におけるアーカイブ。
  76. ^ 日高線存廃10月にも判断 鵡川-様似間 7町長臨時会議で5町バス転換主張」『北海道新聞』、2019年9月25日。2019年9月25日閲覧。オリジナルの2019-09-25時点におけるアーカイブ。
  77. ^ a b 沿線7町、バス転換へ協議入り JR北・日高線、廃止の方向」『jiji.com』、2019年11月12日。2019年11月12日閲覧。オリジナルの2019-11-13時点におけるアーカイブ。
  78. ^ a b JR日高線、8割廃止へ 5年不通でも「事態変わらず」」『朝日新聞』、2019年11月13日。2021年2月9日閲覧。オリジナルの2021-02-09時点におけるアーカイブ。
  79. ^ 日高線鵡川-様似間 代替バス具体案急ぐ 管内7町、期限は3月末」『北海道新聞』、2019年11月21日。2019年12月25日閲覧。オリジナルの2019-12-25時点におけるアーカイブ。
  80. ^ 日高線バス転換、決着見えず 7町長「1対6」の構図 JR支援金25億円巡り紛糾」『北海道新聞』、2020年8月6日。2020年8月13日閲覧。オリジナルの2020-08-13時点におけるアーカイブ。
  81. ^ a b JR、7町に25億円の支援案提示 日高線廃止に向け」『北海道新聞』、2020年6月5日。2020年6月5日閲覧。オリジナルの2020-06-05時点におけるアーカイブ。
  82. ^ 日高管内7町長臨時会議 転換バス試験運行要望へ」『北海道新聞』、2020年7月17日。2020年7月20日閲覧。オリジナルの2020-07-20時点におけるアーカイブ。
  83. ^ 日高線廃止、課題は通学 転換バスルート議論大詰め 28日に最終合意へ」『北海道新聞』、2020年9月17日。2020年9月17日閲覧。オリジナルの2020-09-17時点におけるアーカイブ。
  84. ^ a b 日高線廃止へ調整継続 JRと7町 護岸復旧やバス運行」『北海道新聞』、2020年9月29日。2020年9月30日閲覧。オリジナルの2020-09-29時点におけるアーカイブ。
  85. ^ a b “日高線の鵡川-様似間廃止で大筋合意 沿線7町とJR”. 朝日新聞. (2020年9月29日). オリジナルの2021年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210209090316/https://www.asahi.com/articles/ASN9X73HQN9XIIPE017.html 2021年2月9日閲覧。 
  86. ^ 日高線廃止合意 バス転換支援を表明 知事」『北海道新聞』、2020年10月23日。2020年10月23日閲覧。オリジナルの2020-10-23時点におけるアーカイブ。
  87. ^ 各町長「苦渋の選択」 日高線廃止合意 根室線沿線に警戒感」『北海道新聞』、2020年10月7日。2020年10月7日閲覧。オリジナルの2020-10-07時点におけるアーカイブ。
  88. ^ a b 日高線廃止日繰り上げを 意見聴取会 JRが国に要請」『北海道新聞』、2020年12月8日。2020年12月9日閲覧。オリジナルの2020-12-09時点におけるアーカイブ。
  89. ^ 日高線転換バスの概要発表 日高町村会やJRが合同会見」『北海道新聞』、2021年2月18日。2021年2月18日閲覧。オリジナルの2021-02-18時点におけるアーカイブ。
  90. ^ a b 10停留所新設、利便性に期待 日高線転換バス 通学、通院、買い物配慮」『北海道新聞』、2021年2月21日。2021年2月22日閲覧。オリジナルの2021-02-21時点におけるアーカイブ。
  91. ^ a b 「日高線さよなら 鵡川-様似間あす廃止/沿線住民 跡地活用 町づくり探る」『読売新聞』朝刊2021年3月31日(北海道面)
  92. ^ 「JR日高線苫小牧―鵡川間 存続へ連携確認 東胆振1市4町首長らが懇談会」苫小牧民報』電子版(2021年1月26日配信)2021年3月31日閲覧
  93. ^ JR日高線・静内―様似間、きょう運行再開」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(道内))、2015年1月27日。2015年4月2日閲覧。オリジナルの2015年1月29日時点におけるアーカイブ。
  94. ^ JR日高線の運休区間 少なくとも3カ所で路盤流失 大雨被害」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(道央))、2016年7月30日。2016年7月31日閲覧。オリジナルの2016年7月31日時点におけるアーカイブ。
  95. ^ 日高線また路盤崩落 清畠―厚賀間で複数箇所 復旧に影響も」『北海道新聞』北海道新聞社(どうしんウェブ/電子版(社会))、2016年8月24日。2016年8月24日閲覧。オリジナルの2016年8月26日時点におけるアーカイブ。
  96. ^ 日高線の橋に地震でひび 復旧に5億円、存廃決定まで着手せず」『北海道新聞』北海道新聞社、2018年12月13日。2018年12月14日閲覧。オリジナルの2018-12-14時点におけるアーカイブ。
  97. ^ 日高線沿線7町にしこり 鵡川-様似廃止へ 「現実的対応」「復旧」譲らず多数決 バス路線構築で曲折も」『北海道新聞』、2019年11月13日。2019年11月13日閲覧。オリジナルの2019-11-13時点におけるアーカイブ。
  98. ^ “こだま”. 北海道新聞. (1999年7月23日) 
  99. ^ 「銀河鉄道の夜」地上モデルは 王子軽便鉄道沿線!?」『苫小牧民報』苫小牧民報社(WEBみんぽう(主要))、2016年11月28日。2016年11月30日閲覧。オリジナルの2016年11月30日時点におけるアーカイブ。
  100. ^ “元「ふきのとう」山木さん JR日高線にテーマ曲 ライブで披露”. 北海道新聞. (1999年3月12日) 
  101. ^ “まど 運転手は君だ”. 北海道新聞. (1999年10月26日) 

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 石野哲(編集長)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTBパブリッシング、1998年9月19日。ISBN 978-4-533-02980-6
  • 矢野直美(著)『北海道列車の旅 全線ガイド』北海道新聞社、2001年8月。ISBN 978-4-89453-161-1
  • 田中和夫(監修)『写真で見る北海道の鉄道』上巻 国鉄・JR線、北海道新聞社(編集)、2002年7月15日、146-153頁・194-199頁・311-319頁。ISBN 978-4-89453-220-5
  • 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳―全線・全駅・全廃線―』1号・北海道、新潮社〈新潮「旅」ムック〉、2008年5月17日。ISBN 978-4-10-790019-7
  • 今尾恵介・原武史(監修)『日本鉄道旅行歴史地図帳 全線全駅全優等列車』1号・北海道、日本鉄道旅行地図帳編集部(編集)、新潮社〈新潮「旅」ムック〉、2010年5月18日、51頁。ISBN 978-4-10-790035-7
  • 成田潔英(著)「王子製紙の鉄道事業」『王子製紙社史』第4巻、王子製紙、1959年10月、 182-227頁。
  • 「全国線路変更区間一覧」『鉄道廃線跡を歩くVIII』宮脇俊三(編著)、日本交通公社、2001年、222頁。ISBN 978-4-53303-907-2

雑誌[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]