セントクレスピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セントクレスピン
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1956年
死没 1981年
Aureole
Neocracy
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Prince Aly Khan
馬主 Prince Aly Khan
調教師 アレック・ヘッドフランス
競走成績
生涯成績 6戦4勝
テンプレートを表示

セントクレスピン (Saint Crespin) はフランス競走馬および種牡馬1959年凱旋門賞を制した。半兄ダービーステークスキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスなどを制したTulyarがいる。エクリプスステークス、凱旋門賞時の騎乗騎手はジョージ・ムーア。凱旋門賞は、Midnight Sunとの1着同着だったが、のちにMidnight Sunが進路妨害により2着降着となったことにより、単独の優勝となった。

1960年アイルランドで種牡馬入りするとイギリスオークスアイリッシュオークスを制したAltesse Royale(日本に種牡馬として輸入され活躍したマグニテュードの母)を筆頭に牝馬中心に多数活躍馬を輩出。1971年日本に輸入されると豊富なスタミナを伝え、天皇賞馬を2頭も輩出し、一躍人気種牡馬となった。

しかし、老齢のため種牡馬を引退した1981年に屠殺され食肉となった。凱旋門賞優勝馬であり、日本でも成功を収めた馬であったが悲惨な末路となった。

年度別競走成績[編集]

※当時グレード制なし

  • 1958年(1戦1勝)
    • インペリアルプロデュースステークス
  • 1959年(5戦3勝)
    • エクリプスステークス、凱旋門賞、ギシュ賞

種牡馬成績[編集]

日本国外調教馬[編集]

日本調教馬[編集]

エピソード[編集]

この馬を輸入した時、一つの大騒動が起きた。来日したセントクレスピンはインポテンツという、種牡馬として致命的な状態に陥っている事が判明したのである。もちろん、このままでは種付けができず、種牡馬失格になる。

インポテンツの原因が判らず、獣医が治療を試みても効果が無く、関係者一同が頭を抱える中、たまたま北海道に来ていた中央競馬矢野幸夫調教師が凱旋門賞馬であるセントクレスピンを興味半分に見物に来た。ちなみに、この矢野師はカイロプラクティックの技術を取得し、競走馬にこれを使用した事で知られ、調教師引退後は馬の整体師に転職した人物である。

矢野がセントクレスピンに触れてゆくと、その指先が背骨の並びに僅かなズレを発見した。そのズレを木槌で叩いて整復すると、セントクレスピンのインポテンツは嘘の様に治り、交配が可能になったという。もしも、この矢野師による治療がなければ、エリモジョージやアイノクレスピンなどは誕生していなかったかもしれないと言われる。

血統表[編集]

セントクレスピン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 オリオール系
[§ 2]

Aureole
1950 栗毛
父の父
Hyperion
1930 栗毛
Gainsborough Bayardo
Rosedrop
Selene Chaucer
Serenissima
父の母
Angelola
1946 鹿毛
Donatello Blenheim
Delleana
Feola Friar Marcus
Aloe

Neocracy
1944 栗毛
Nearco
1935 黒鹿毛
Pharos Phararis
Scapa Flow
Nogara Havresac
Catnip
母の母
Harina
1933 鹿毛
Blandford Swynford
Blanche
Athasi Farasi
Athgreany
母系(F-No.) (FN:22-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Blandford 5×3、Chaucer 4×5、Canterbury Pilgrim 5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [1]
  4. ^ [1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 血統情報:5代血統表|セントクレスピン(GB)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月13日閲覧。
  2. ^ 小林皓正(編) 『サラブレッド血統マップ'93』 コスモヒルズ、1993年、26-27頁。

外部リンク[編集]