オリオール (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリオール
欧字表記 Aureole
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1950年
死没 1974年
Hyperion
Angelola
母の父 Donatello
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 The National Stud
馬主 エリザベス2世
競走成績
生涯成績 14戦7勝
テンプレートを表示

オリオール (Aureole) とは、イギリス産の競走馬種牡馬である。競走馬名は、聖人の顔や全身を取り巻く金色の光を意味する。

経歴[編集]

オリオールは1952年8月に競走馬としてデビューした。初戦を勝ち、当時のイギリスにおける2歳チャンピオン決定戦であったミドルパークステークスに出走したが、スタートで後手を踏み最下位に敗れた。

1953年クラシック三冠競走では2000ギニー5着、ダービーステークス2着、セントレジャーステークス3着、さらにキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスでも2着と勝ちきれず、7戦して2勝という成績に終わった。

1954年に入り、オリオールは競走馬として本格化を迎えた。初戦のコロネーションステークスでは前年のアイルランドダービー優勝馬シャミエの2着に敗れたもののその後コロネーションカップ、馬主のエリザベス2世の両親の名を冠したキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを含む重賞4連勝を達成した。キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスではスタート前に騎手を振り落とすなどして暴れ、スタートでも10馬身ほど出遅れたが第4コーナーで先頭に立つとそのまま先頭でゴールするというレースを見せ、観客の喝采を浴びたとされる。

オリオールはキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの優勝を最後に競走馬を引退し、サンドリンガム牧場で種牡馬となった。初年度産駒からセントクレスピン、2年目の産駒からセントパティを出すなど種牡馬成績は当初から良好で、1960年1961年にはイギリスのリーディングサイアーとなった。

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

オリオール血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ハイペリオン系
[§ 2]

Hyperion
1930 栗毛 イギリス
父の父
Gainsborough
1915 鹿毛 イギリス
Bayardo Bay Ronald
Galicia
Rosedrop St. Frusquin
Rosaline
父の母
Selene
1919 鹿毛 イギリス
Chaucer St. Simon
Canterbury Pilgrim
Serenissima Minoru
Gondolette

Angelola
1945 鹿毛 イギリス
Donatello
1934 栗毛 フランス
Blenheim Blandford
Malva
Delleana Clarissimus
Duccia di Buoninsegna
母の母
Feola
1933 青鹿毛 イギリス
Friar Marcus Cicero
Prim Nun
Aloe Son-in-law
Alope
母系(F-No.) (FN:2-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Cyllene 5×5、St.Simon 4・5(父系内)、Galopin 5・5(父系内) [§ 4]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [1]
  4. ^ [1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Aureole(GB)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月7日閲覧。
  2. ^ 小林皓正(編) 『サラブレッド血統マップ'93』 コスモヒルズ、1993年、18-19頁。

参考文献[編集]

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

外部リンク[編集]