モンジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モンジュー
Montjeu 19991128C1.jpg
1999年11月28日 東京競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1996年4月4日
死没 2012年3月29日(16歳没)
Sadler's Wells
Floripedes
母の父 Top Ville
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Sir J.Goldsmith
馬主 Michael Tabor
調教師 John Edward Hammond(フランス
競走成績
生涯成績 16戦11勝
獲得賞金 約2,263,832ポンド(合計)
  フランス : 10,820,000フラン
  イギリス : 523,000ポンド
  アイルランド : 503,555アイルランドポンド
  日本 : 20,000,000円
テンプレートを表示

モンジューMontjeu1996年4月4日 - 2012年3月29日)は、アイルランドで生産され、フランス調教された競走馬種牡馬。おもな勝ち鞍は1999年ジョッケクルブ賞(フランスダービー)アイリッシュダービー凱旋門賞2000年タタソールズゴールドカップサンクルー大賞キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス

現役時代[編集]

2歳・3歳時代[編集]

1996年4月4日生まれ。

2歳のときフランスでデビューしたモンジューは2歳を2戦2勝、3歳初戦のグレフュール賞を制し、一躍クラシック候補に躍り出る。そのジョッケクルブ賞の前哨戦リュパン賞では2着と敗れるも、迎えた本番では4馬身差をつける圧勝でフランス3歳の頂点となる。続くアイリッシュダービーも5馬身差の圧勝、その後休養に入り、秋に行われるヨーロッパ最大のレース凱旋門賞へと駒を進める事を決定する。

迎えた秋、緒戦のニエル賞をアタマ差で制し(2着ビエナマド)、凱旋門賞へと向かう。この年の凱旋門賞には他にエルコンドルパサーデイラミも出走していたが、当日レースの舞台となるロンシャン競馬場はペネトロメーター5.1というレース史上類を見ないほど大量に水分を含んだ状態の不良馬場だったため、道悪を苦としないエルコンドルパサーとモンジューの一騎討ちというのが戦前の評判であった[注 1]。ゴール前の直線では、逃げるエルコンドルパサーと追い込んだモンジューの2頭の勝負となるが、残り50mで逆転したモンジューが1/2馬身の差をつけて優勝した。

次に陣営が選んだのはジャパンカップで、名実ともに欧州最強馬ということや、凱旋門賞でエルコンドルパサーに勝利していたこともあり、日本でも非常に注目された単勝1番人気に支持される。しかし、スペシャルウィークに瞬発力勝負で完全に振り切られると、インディジェナスハイライズにも交わされ4着に敗れ、初めて連対を外した[注 2]。陣営はレース前日の取材で「体調が戻るまであと3日はかかる」「早く連れてくればよかった」と答えており[1]、レース後のコメントにも、敗因は馬場ではなく輸送の疲れが抜けなかったことや調整不足を挙げた。こうして3歳シーズンを終え、この年のカルティエ賞最優秀3歳牡馬を獲得した。

古馬時代[編集]

年が明けて2000年古馬になり、5月のタタソールズゴールドカップから始動。同レースは直線で進路がふさがる不利があったが、前が空くと騎手が手綱を持ったまま勝利。さらにサンクルー大賞は5馬身で圧勝すると、キングジョージでも持ったままでファンタスティックライトらを退けて勝利した。次走はアイリッシュチャンピオンステークスに出走予定であったがこれを回避し[注 3]、凱旋門賞連覇をかけてフォワ賞に出走し、これに勝利。しかし、凱旋門賞ではシンダーエジプトバンドヴォルヴォレッタといった3歳勢の前に屈し、勝ち馬から7馬身差の4着と大敗した。その後も精彩を欠き、チャンピオンステークスBCターフともにカラニシに敗れ、そのまま引退となった。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 1着(2着)馬
1998.09.18 シャンティイ マニゲット賞 芝1600m 1着 C.アスムッセン (Camikaril)
1998.10.18 ロンシャン アイソノミー賞 芝1800m 1着 C.アスムッセン (Spadoun)
1999.04.25 ロンシャン グレフュール賞 GII 芝2100m 1着 C.アスムッセン (Sendawar)
1999.05.16 ロンシャン リュパン賞 GI 芝2100m 2着 C.アスムッセン Gracioso
1999.06.06 シャンティイ ジョッケクルブ賞 GI 芝2400m 1着 C.アスムッセン (Nowhere to Exit)
1999.06.27 カラ 愛ダービー GI 芝12f 1着 C.アスムッセン (Daliapour)
1999.09.12 ロンシャン ニエル賞 GII 芝2400m 1着 M.キネーン (Bienamado)
1999.10.03 ロンシャン 凱旋門賞 GI 芝2400m 1着 M.キネーン (El Condor Pasa)
1999.11.28 東京 ジャパンC GI 芝2400m 4着 M.キネーン スペシャルウィーク
2000.05.28 カラ タタソールズGC GI 芝10f110y 1着 M.キネーン (Greek Dance)
2000.07.02 サンクルー サンクルー大賞 GI 芝2400m 1着 C.アスムッセン (Dancing Miss)
2000.07.29 アスコット KGVI&QEDS GI 芝12f 1着 M.キネーン (Fantastic Light)
2000.09.10 ロンシャン フォワ賞 GII 芝2400m 1着 M.キネーン (Crillon)
2000.10.01 ロンシャン 凱旋門賞 GI 芝2400m 4着 M.キネーン Sinndar
2000.10.14 ニューマーケット チャンピオンS GI 芝10f 2着 M.キネーン Kalanisi
2000.11.04 チャーチルダウンズ BCターフ GI 芝12f 7着 M.キネーン Kalanisi

種牡馬実績[編集]

種牡馬入りした際には、同年に引退したジャイアンツコーズウェイと比べると約3分の1の種付け料に抑えられていた。しかし初年度産駒からダービーステークスを制したモティヴェイター[注 4]、父と2代続けて凱旋門賞、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスを制したハリケーンランなどを輩出。初年度産駒がデビューしてわずか2年目にして2005年のフランスリーディングサイアーの座を手中にし、イギリスアイルランドの種牡馬ランキングでも父を上回る2位につけた。

ハリケーンランやモティヴェイターなど後継種牡馬も多く残している。モティヴェイター産駒のトレヴ2013年ディアヌ賞ヴェルメイユ賞、凱旋門賞を制し、2014年には凱旋門賞連覇を成し遂げた。 2012年3月29日朝に敗血症による合併症で、16歳でこの世を去った[2]

主な産駒[編集]

母の父として[編集]

パリッシュホールがデューハーストステークスを優勝。

血統表[編集]

モンジュー血統(サドラーズウェルズ系ノーザンダンサー系) / アウトブリード (血統表の出典)

Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Fairy Bridge
1975 鹿毛
Bold Reason Hail to Reason
Lalun
Special Forli
Thong

Floripedes
1985 鹿毛
Top Ville
1976 鹿毛
High Top Derring-Do
Camanae
Sega Ville Charlottesville
La Sega
Toute Cy
1979 鹿毛
Tennyson Val de Loir
Tidra
Adele Toumignon *ゼダーン
Alvorada F-No.1-u
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 優勝候補の一角だったデイラミの陣営は直前まで出走を躊躇していた。
  2. ^ 出走した3歳馬の中では最も着順が高かった。
  3. ^ このレースは代わりに同じ馬主のジャイアンツコーズウェイが出走し、勝利している。
  4. ^ 2着のウォークインザパークもモンジュー産駒でワンツー決着となった。
  5. ^ 2007年と2008年のジャパンカップに出走している。

出典[編集]

  1. ^ 『優駿』(日本中央競馬会)2000年1月号
  2. ^ World-class stallion Montjeu dies aged 16

外部リンク[編集]