E.P.テイラーステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
E.P.テイラーステークス
E. P. Taylor Stakes
競馬場 ウッドバイン競馬場
創設 1856年
距離 芝10ハロン
格付け G1
賞金 賞金総額100万ドル
出走条件 サラブレッド3歳上牝馬
負担重量 馬齢
テンプレートを表示

E.P.テイラーステークス: E. P. Taylor Stakes)は、カナダウッドバイン競馬場で例年10月頃に開催されている競馬競走である。出走条件は3歳以上の牝馬。現在の施行距離は10ハロン(約2,000メートル)。

歴史と概要[編集]

1956年グリーンウッド競馬場(旧ウッドバイン競馬場)で創設された競走で、当初の名称はネッティーハンデキャップステークス(Nettie Handicap Stakes)であった。1962年に現在のウッドバイン競馬場での開催へと移行し、以後は同競馬場の主要レースのひとつとなる。1981年、カナダ競馬に多大な功績を残したエドワード・プランケット・テイラーを記念してE.P.テイラーステークスに改名された。カナディアンインターナショナルステークスと同日開催する。

1973年アメリカグレード制を導入した際、同競走はG2に類されたが、カナダ競馬がアメリカのグレード競走選定委員会から脱退した後の1999年にG1に昇格した。

毎年10月に行われる同競走を、およそ1ヵ月後に開催されるブリーダーズカップ、特にブリーダーズカップ・フィリー&メアターフへのプレップレースとして使う陣営も多い。

施行距離の変遷[編集]

  • 1956年 - ダート8.5ハロン(約1,700メートル)で施行開始。
  • 1964年 - ダート9ハロン(約1,800メートル)に距離変更。
  • 1968年 - 芝10ハロン(約2,000メートル)に距離・馬場変更。

連覇[編集]

  • 1957年1958年 - Kitty Girlが連覇。
  • 1968年-1970年 - Gardiner Farm生産馬、およびLou Cavalaris Jr.調教師が3連覇。(Ice Water、Plegada、Mary of Scotland)

近年の勝ち馬[編集]

  • 2019年 Starship Jubilee
  • 2018年 Sheikha Reika
  • 2017年 Blond Me
  • 2016年 Al's Gal
  • 2015年 Curvy
  • 2014年 Just The Judge[1]
  • 2013年 Tannery
  • 2012年 Siyouma
  • 2011年 Miss Keller
  • 2010年 Reggane
  • 2009年 Lahaleeb
  • 2008年 Folk Opera
  • 2007年 Mrs. Lindsay
  • 2006年 Arravale
  • 2005年 Honey Ryder
  • 2004年 Commercante
  • 2003年 Volga
  • 2002年 Fraulein
  • 2001年 Choc Ice
  • 2000年 Fly For Avie

出典[編集]

  1. ^ 2014年レース結果 - レーシングポスト、2014年10月21日閲覧

外部リンク[編集]